IoTで水耕栽培

IoTで水耕栽培 第7回目(最終回)。栽培装置にセンサーを入れて26時間のデータ取りを行います

前回の講座で、インターネットと繋がったデジタル温湿度計ができあがりました。次はこの装置を使って、リーフレタスを育てている場所(発泡スチロール内)の温度と湿度を26時間取ってみようと思います。 なお、今回が「IoTで水耕栽培」の最終回になります。…

IoTで水耕栽培 第6回目。温湿度センサーで取得したデータを無線で飛ばしましょう

これまでの講座で「LEDの点灯」「温湿度センサーの使い方」「無線通信でのデータ送信」を学びました。今回の記事では、これらの技を使って測定スケッチを書いていきます。完成まであと一歩ですので頑張っていきましょう!

IoTで水耕栽培 第5回目。Googleスプレッドシートに測定データを送信します

前回は無事にインターネットへ繋げたましたか?今回は「データの送信」と言う少し実践的なことをやっていきます。 インターネットを介してデータを保存する方法はいつくかあります。その中で割と簡単な『Googleスプレッドシート』を使った方法を紹介します。…

IoTで水耕栽培 第4回目。ESP32開発ボードをインターネットに接続します

前回の記事で、温度と湿度が測れるようになりました。しかし測定データはその場で見るのみで、保存はされていません。データを保存するには、インターネットに接続した後に値を送信する必要があります。 今回の記事では準備編として、まずはデータの送信はせ…

IoTで水耕栽培 第3回目。センサーモジュールを繋げて温湿度を測定しましょう

前回は開発ボード上にあるLEDを光らせました。しかし、ただピカピカさせるだけでは水耕栽培に使えそうもありません。そこで今回はセンサーモジュールを使って、空気の温湿度を測れるようにします。やはり野菜の栽培では温度が重要なので、これが分かると良い…

IoTで水耕栽培 第2回目。基板上のLEDを光らせましょう

購入したESP32-WROOM-32 開発ボード(DOIT社 V1互換機)の基板には小さなLEDが付いています。今回はこのLEDを1秒間隔で点灯させます。シンプルなスケッチ(コード)なので、初めての方でもすぐに理解できると思います。それでは始めましょう。

IoTで水耕栽培 第1回目。目指せ、水耕栽培とウェブの融合!

最近は家庭だけではなくコンビニや新幹線の中でもwifiの電波が飛んでおり、何時でもすぐにインターネットに繋げることができます。この様な環境になったおかげか、「IoT(Internet of Things)」=モノとつながるインターネット が普及し始めています。例え…