IoTで水耕栽培 第3回目。センサーモジュールを繋げて温湿度を測定しましょう

f:id:haruirosoleil:20200126130357j:plain
 前回は開発ボード上にあるLEDを光らせました。しかし、ただピカピカさせるだけでは水耕栽培に使えそうもありません。そこで今回はセンサーモジュールを使って、空気の温湿度を測れるようにします。やはり野菜の栽培では温度が重要なので、これが分かると良いですね。それではIoTで水耕栽培の3回目のスタートです。 

 

 

 

 

用意するもの
  • ESP32-WROOM-32 開発ボード(DOIT社 V1互換機)
  • 温湿度センサーモジュール DHT22(AM2302)

 

準備
  • 開発ボードのGND, 3.3v, 15ピンをセンサーモジュールと繋ぐ

 

スケッチ

#include <DHT.h>

const int PIN_DHT = 15;
DHT dht(PIN_DHT,DHT22);


void setup() {
    dht.begin(); //dhtライブラリの初期化
    Serial.begin(115200);
}

void loop() {
    float temperature = dht.readTemperature(); //温度の取得
    float humidity = dht.readHumidity(); //湿度の取得

    //温湿度を出力
    Serial.print("温度:");
    Serial.print(temperature);
    Serial.print("℃");
    Serial.print(", ");
    Serial.print("湿度:");
    Serial.print(humidity);
    Serial.println("%");

    //待機
    delay(3000);
}

 

解説

f:id:haruirosoleil:20200126130357j:plain
 今回使用したのは温湿度センサーである『DHT22』を載せたモジュールです。DHT22を単体で使う時にはプルアップ抵抗を入れる必要があります。しかしこのモジュールには抵抗器すでに組み込まれているので、開発ボードと繋ぐだけで温度と湿度を測れます。

 DHT22のスペックを簡単にまとめると、

 

温度センサー部
・測定範囲:-40~+80℃
・精度:±0.5℃
・繰り返し精度:±0.2℃
・レスポンス:10秒以内(1/e (63%))

 

湿度センサー部
・測定範囲:0~99.9%RH
・精度:±2% RH(@25℃)
・繰り返し精度:±0.3% RH
・レスポンス:5秒以内(1/e (63%)、@25℃、風速1m/s)

 

です。サンプリング間隔は2秒ですので、それ以上の長さでデータを取り込みましょう。

f:id:haruirosoleil:20200126124032p:plain
※クリックで拡大

 実際に室内を測った結果がこちらになります。下二桁まで表示されていますが、実際の分解能は下一桁までです。

f:id:haruirosoleil:20200126124035p:plain
※クリックで拡大

 赤い枠で囲った部分は温度と湿度が急激に上がっています。これはセンサー部分を手で包み込んでいた時で、特に湿度が急上昇しているのが分かりますね。

 このモジュールを栽培している野菜の近くに置けば、簡単に温湿度を測ることができます。しかし1つ問題があります。それはデータを「見る」ことはできても、『保存できていない』のです。電源を入れるたびにリセットされ、過去にどんな気温・湿度だったか知るすべがありません。

 解決策としては、無線通信で測定データを送って、どこかに保存すればOKです。次回はその前準備として、開発ボードをインターネットに繋いでみましょう。

 


DSD TECH DHT22 温湿度センサーモジュール AM2302チップ付き
《Amazonでの検索結果はこちら

温湿度センサーと抵抗器を単体で購入し、それぞれを繋ぐことでも測れます。しかしここは手軽に、また配線の本数を減らすために、これらが1つの基盤に載った「モジュール」を使いました。配線を繋ぐだけですぐにデータを取れるのでとても楽です。

 


HiLetgo ESP32 ESP-32S NodeMCU開発ボード2.4GHz WiFi + Bluetoothデュアルモード

《Amazonでの検索結果はこちら

今回、温湿度センサーを繋げたのが「ESP32-WROOM-32 開発ボード」です。無線通信機能は次回以降で紹介したいと思います。形が微妙に似ているボードもあるので、間違えないように購入しましょう。