春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

水耕栽培の実験

「ハイポネックス原液」で小松菜を水耕栽培。どのように育つのか観察してみます

水耕栽培で使う液体肥料に「微粉ハイポネックス」があります。この商品は名前の通り粉末であり、水で1000倍に希釈して植物に与えます。似たような名前で「ハイポネックス原液」という商品もあります。こちらは液体であり、鉢植などの土を使った栽培で使用す…

水耕栽培のモロヘイヤを『土に移植』しました。はたして環境の変化に対応できるのでしょうか?

モロヘイヤを水耕で育て始めてから、約2ヶ月がたちました。モロヘイヤの成長は早く、枝を半分以下になるように切っても2週間後には元の大きさまで戻っています。もし枝を切って収穫しなかったらそのまま伸び続け、背丈を超える高さになってしまうでしょう。 …

ハイドロボールを使った小松菜の水耕栽培。バーミキュライトと成長の比較をしてみます

公園の木や花を見ると、強風が吹いても株が倒れることはありません。それは根が土をガッチリとつかんでいるからです。しかし水耕栽培では土の代わりに水を使いますので、地上部を支えることはできません。そのため水耕栽培では、植物を固定するために《培地…

小松菜の種をスポンジに埋めて発芽を観察。残念ながら全て芽が出ませんでした

先日の記事《3種類のスポンジで小松菜の発芽実験。一番目の粗いスポンジが良さそうです》では、食器用スポンジの発芽状況が良くありませんでした。種から出た根がスポンジを掴めずに、転倒しそうな株が大多数だったのです。 これを改善する方法を考えたとこ…

3種類のスポンジで小松菜の発芽実験。一番目の粗いスポンジが良さそうです

水耕栽培のブログを見ていると、スポンジを使って種を発芽させている方がいます。発芽したらそのままある程度の大きさまで育てて、新たに水耕栽培装置に移植します。 そのやり方をよく読むと、注意書きに「メラミンスポンジは使用できません」とあります。理…

真夏に液肥の温度変化を調べました。我が家の場合、15時の40.1℃が最も高かったです

近頃は暑さが強烈で、何をするにも「暑い…暑い…」と口に出てしまいます。ふと、この天候の中で水耕栽培装置の液体肥料は何℃になっているのかと気になりました。真夏の太陽を浴びていますから、50℃くらいでしょうか?あまりにも熱くなってしまうと、野菜がダ…

水耕栽培で二十日大根を20日間で育てます。はたして上手くできるでしょうか?

数年前に水耕栽培で二十日大根を育てたことがあります。てっきり20日間で小さな大根ができるのかと思いきや、実際は収穫までに30~40日くらいかかりました。暖かい時に育てたのですが成長が思っていたよりも遅く、少し残念な気持ちになりました。 その時はA4…

液体肥料のpHを測定しました。今水耕栽培している野菜はどの液肥も弱酸性です

水耕栽培をしていて気になっていることがあります。それは「液体肥料のpHはどのくらいだろうか?」ということです。植物が育つ中で液肥が酸性になるのか、それともアルカリ性になるのか興味があります。そこでpHを簡易的に測定できる《pH試験紙》を使って、…

落花生の発芽方法を検討しました。バーミキュライトに埋めると発芽率が良いようです

私が野菜を育てる時はホームセンターで苗を買うことは少なく、どちらかと言うと種を買って一から育てる方が多いです。その理由は発芽の仕方や、発芽後の成長を観察するのが好きだからです。 夏に育てる野菜を探しにいくつかのホームセンターに行ったところ、…

発芽から7日間光を当て続けた水菜。光が当たる時間が長いほど早く育つようです

以前、家で使っていないLEDデスクライトを利用して、水菜の苗作り実験をしました。 結果、LEDの光を14時間当てて育てると、約2週間で植え替えができる立派な苗になることが分かりました。 haruirosoleil.hatenablog.com 実験で育てた水菜を見ていると、ふと…

LEDライトで水菜の苗作りに挑戦。意外とこの方法は良いかもしれません

趣味として水耕栽培をしていますが、今少し困っていることがあります。それは「種まき」のことです。春になり気温が高くなってくると、野菜の種を蒔く季節になります。発芽したての芽は弱々しく、根が未熟ですので乾燥に弱いですし、曇空が続いてしまうと光…