IoTで水耕栽培 第4回目。ESP32開発ボードをインターネットに接続します

f:id:haruirosoleil:20200201161021j:plain
 前回の記事で、温度と湿度が測れるようになりました。しかし測定データはその場で見るのみで、保存はされていません。データを保存するには、インターネットに接続した後に値を送信する必要があります。

 今回の記事では準備編として、まずはデータの送信はせずに、ESP32開発ボードとインターネット(無線ルーター)をただ繫ぐ方法を紹介します。あまり面白味がない工程ですが、これができないと折角集めた測定値が送れません。それでは始めましょう。

 

 

 

 

用意するもの
  • ESP32-WROOM-32 開発ボード(DOIT社 V1互換機)

 

スケッチ

 

#include <WiFi.h>


// 接続先のSSIDとパスワード
const char* ssid = "××××××××××××"; //無線ルーターのssidを入力
const char* password = "××××××××××"; //無線ルーターのパスワードを入力


void setup() {
  Serial.begin(115200);

  //wifiに接続
  connectWiFi();
}


void loop() {
  //今回はループなし
}


//WiFiに接続
void connectWiFi(){

  Serial.print("ssid:");
  Serial.print(ssid);
  Serial.print(" に接続します。");
  Serial.print(" "); //改行
  Serial.print(" "); //改行

  WiFi.begin(ssid, password);

  Serial.print("WiFiに接続中");
  while(WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    Serial.print(".");
    delay(500);
  }

  Serial.println(" "); //改行
  Serial.println("接続しました。");

  //IPアドレスの表示
  Serial.print("IPアドレス:");
  Serial.print(WiFi.localIP());

}

 

 

解説

f:id:haruirosoleil:20200201154253p:plain
※クリックで拡大

 スケッチを実行すると無線ルーター(インターネット)に繋がります。もし「・・・」がずっと続く場合は接続できていません。ルーターのSSIDやパスワード、スケッチなどを再確認してみましょう。

 先述した通り、これはただインターネットと繋いだだけで、データの送信は行っていません。次回はこのスケッチを応用して、Googleスプレッドシートにデータを渡してきます。

 


HiLetgo ESP32 ESP-32S NodeMCU開発ボード2.4GHz WiFi + Bluetoothデュアルモード

《Amazonでの検索結果はこちら

今回使用したのが「ESP32-WROOM-32 開発ボード」です。形が微妙に似ているボードもあるので、間違えないように購入しましょう。