春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

ボールの底の形状について。凸凹がない方が使いやすいです

f:id:haruirosoleil:20180204184640j:plain

 ボールは材料を混ぜたり捏ねたり、一時的に保管したりするのに使う調理道具です。素材にはプラスチックやガラス、金属が使われることが多いです。実は家で使っているボールには2系統あります。1つ目は主にお菓子作りに使っている私専用のもので、2つ目は家族が夕食作りで使っている家族用のものです。素材はステンレスで同じですが、底の形状が少し異なっています。

 双方を使ってみた印象は、底の形の違いで調理の作業性がかなり違うな ということです。この経験から、ボールを買う時には底が「フラット」のものを選ぶべきと考えるようになりました。

 

f:id:haruirosoleil:20171218205921j:plain

f:id:haruirosoleil:20171218205934j:plain

 上の写真が私が愛用しているボールで、下が家族用のものです。家族用のは安さに惹かれてニトリで買った記憶があります。私のボールの底は平たいですが、ニトリのものは底に円形状の凸凹があるのが分かると思います。

 底に段差があると困ったことが起きます。例えばこのボールでメレンゲやクッキー生地を作ったことを考えてみましょう。ボールの中身を違う容器に移す時にはゴムベラを使い、無駄なくきれい取り出したいです。しかし底に凹みがあると、その部分に生地が引っかかって上手に移せません。きれいにするためには何回も底をさらう必要があります。またクッキー生地を捏ねる時には、この谷間に生地が詰まってしまうことがあり、できあがりの量が若干少なってしまいます。

 私が最も重視している「洗いやすさ」でも、凸凹があるボールはちょっと不便です。底が平らですと、張り付いた生地もあまり力を入れずに取ることができます。しかし凹みがあり、その部分に生地が溜まってしまうと、何回もスポンジを動かして洗わなければなりません。

 このボールを買う時には、底の段差なんて気にもしませんでした。もちろんボールとしての機能は十分に果たしています。しかし少しだけ使い勝手が良くなかったです。まれにボール本体に容量の線がプレスされているものもありますが、これも実は何か詰まるのではないかと思っています。

 ボールひとつをとっても、気持ち良く料理をするには細かいところを気にする必要があります。安さだけではなく、時には使いやすさを考えて道具を選んでみるのも一つの方法かもしれません。

 

ボールは金属製のものが割れない上、油汚れが落ちやすいので一番使いやすいです。購入する時には対応しているザルも一緒に買うと、ぴったりと重ねて収納できますのでおすすめです。