食用ウチワサボテン(ノパル)の栽培に挑戦。手に入れた3枚のうち1枚を挿し木にして増やします


 先日、ネットニュースを読んでいると、食用サボテンが食糧危機を救う、といった記事がありました(記事:栄養豊富なサボテン 食料危機の救世主になるか 広がる用途|サクサク経済Q&A|NHK)。栄養価に優れ、栽培に必要な水も少なく、飼料にもできる…のが理由だそうです。私の人生の中でサボテンを食べたことがなかったため、どんな味がするのか興味が湧き、すぐに通信販売を使って手に入れました。

 購入した食用サボテンは「ウチワサボテン(ノパル)」と呼ばれる品種で、価格は葉が3枚1セットで1500円でした。このうちの2枚を食べた後に、ふと思い出しました。サボテンは挿し木で増やせたはずだと。もし上手く成長するのであれば、食糧難になっても生き残れるかもしれないです。そこで最後の1枚は食べずに、挿し穂として利用することにしました。

 今回の記事では、購入した食用サボテンである「ウチワサボテン」の挿し木に挑戦します。まずは切り口を乾かした後に、赤玉土に挿して発根するのを待ちます。十分に根が成長したら鉢に植え替えて、収穫できるサイズになるのを待ちたいと思います。それでは栽培の準備を始めましょう。

 

 

 

2022年8月24日 切り口を乾燥


 こちらが手に入れた食用ウチワサボテンです。3枚で1セットとして売られていました。薄べったい形をしており、名前の通りウチワのようです。


 品種改良がされているためか、トゲはほぼない状態です。ちなみに加熱したウチワサボテンの食感はオクラのような粘り気があり、味は少し酸味があります。


 この3枚の中で大きい2枚は食用とし、最も小さい1枚を挿し穂として利用します。


 サボテンの挿し木をする場合、切り口を十分に乾燥させることが重要だそうです。切り口を触ると乾燥は始まっていますが、まだ少しだけしっとりとしています。そのためもう数日間、風通しの良い場所に置いて乾かします。

 

2022年8月28日 赤玉土に挿す(0日目)


 追加で乾燥させること4日間。切り口はサラサラとなり、十分に乾きました。それでは挿し木を行いましょう。


 小粒赤玉土を5号ポリホットに入れ、水道水で湿潤させました。葉の1/5が埋まるように挿して作業の完了です。このポリホットは室内の明るい窓辺に置いて、発根するのを待ちます。

 

2022年9月3日 発根確認(6日目)


 何か変化がないかと軽く赤玉土を掘ったところ、嬉しいことに根が伸びていました。根はトゲのある場所(トゲ座)から出ているようです。結構伸びているので、数日前には発根していたと思います。


 本体を軽く上に引っ張ると抵抗があり、もしかしたら切り口からも根が出ているのかもしれないです。そのため本日からは半日陰の屋外に移動し、さらに様子を見ます。

 

2022年9月11日 土に植え替え(14日目)


 特に外観には変化が見られないウチワサボテンです。


 前回報告した根は側根のようなものが出できました。


 前回と同様に引っ張っても抵抗があるので、根が張っているはずです。そこでどうなっているのか確認したいと思います。根を切らないように注意しながら、赤玉土を出していきます。


 すると良い具合に根が伸びているのが分かりました。


 こちらの面は複数のトゲ座から根が出ています。太くてしっかりとした根が多く、また十分な長さです。


 一方で反対の面では、根が全く出ていません。


 そして切り口からの発根もありませんでした。予想では根の大部分は切り口から出てくると思っていました。さらに日数が経過すると出てくるのかもしれいないですね。


 複数箇所からの発根が確認できましたので、土に植え替えましょう。8号スリット鉢と培養土を使って挿し穂を植えます。


 挿し穂の半分ほどが埋まるようにし、植え替え作業の終了です。1週間ほどは半日陰の場所で養生し、その後日向に出したいと思います。

2022年9月17日 変化なし(20日目)


 枯れていないので、植え替えには成功しているのだとは思います。ただ、全く変化がありません。もう少し待ってみましょう。