ドラゴンフルーツを鉢栽培しています。南国のトロピカルフルーツをいつ食べられるでしょうか?


 これまでは毎年野菜を育てていたので、今年は果実を育てたいと思っていました。5月下旬、ホームセンターに足を運ぶと、沖縄フェアと称してバナナやパパイヤなど数種類の南国フルーツ苗が売っており、その中に「ドラゴンフルーツ」がありました。

 ドラゴンフルーツとはサボテンの一種で、中南米で多く栽培されています。果実の皮は赤いものが多く、果肉の色は赤・白・黄となります。日本で流通している輸入品は未完熟で収穫されるため味が薄いですが、完熟したものは非常に甘くなるそうです。もしドラゴンフルーツを自分で育てていれば、実を採るタイミングを自由にでき、きっと美味しいものが食べられそうです。早速、苗を購入して栽培することにしました。

 買ってきた苗は小さいので、年内に実がなるかは疑問です。そのため今年は成長期間とし、株が充実した来年や再来年に期待したいと思います。それでは甘い実が採れることを期待しながら、栽培記録を開始しましょう。

 

 

 

 

2022年5月28日 支柱立て(0日目)


 こちらが購入したドラゴンフルーツの苗(赤肉種・白肉種)です。ポリポットの色が果肉の色になっているので、とても分かりやすいですね。
 品種名が気になりましたが、ラベルに書いてありませんでした。ドラゴンフルーツは種類によって自家受粉ができないものがあるそうです。そのため今回は2品種を購入し、他家受粉の場合でも対応できるようにしました。


 赤白共に、1段目の先端部付近から2段目の茎が出ています。


 ドラゴンフルーツはサボテンらしく、棘が生えています。棘は固くもなく柔らかくもない感じです。ただ素手で掴んだりすると刺さって痛いです。


 2段目の茎が倒れ気味となっていたため、割り箸を使って簡易的な支柱を立てました。これらのドラゴンフルーツは十分に気温が上がるまで、ポットのままで成長を見守っていきます。

 

2022年6月8日 脇芽かき(11日目)


 栽培11日目となりました。まだあまり変化はないように見えますが、確実に成長しています。


 どちらの品種も、先端部分がやや赤くなり盛り上がってきています。どうやらドラゴンフルーツの成長点は色が変わるようです。


 白肉種の1段目、棘が生えている場所から丸い脇芽が出てきました。この芽を成長させると栄養が分散してしまうため摘み取ります。今後も出てきた脇芽は全て取り除いておきます。

 

2022年6月17日 植替え(20日目)


 最近は動くと汗ばむ日が多く、最高気温は30℃に届きそうになっています。南国原産のドラゴンフルーツはこのくらいが適温なのか、成長速度が徐々に上がっています。特に白肉種の方が伸びが良いです。


 こちらは赤肉種の先端部です。何かホコリのようなものが付いているのが分かります。肉眼では見にくいので拡大します。


 その結果分かったのが、ホコリではなくカイガラムシの大群でした。形から考えると、おそらく「ナスコナカイガラムシ」でしょう。わらじ型が成虫で、矢じり型が幼虫になります。


 カイガラムシの困ったところは、単為生殖によりどんどん増えてしまうことです。この時点で気付いて良かったです。筆を使って払い落としておきました。


 気温も十分に上がっていますので、植替えを行います。用意したものは、培養土・10号スリット鉢・塩ビ管(VU管 直径5cm 長さ1m)です。


 塩ビ管は支柱として使います。この方法は海外でドラゴンフルーツを育てている方の栽培動画を見て取り入れました。最初は木の杭を支柱にしようかと思っていたのですが、軽くて腐らない塩ビ管の方が良いと思い選びました。なお、地上に出ている支柱の高さは75cmになります。


 それでは植え付けを行いましょう。赤白共に、あまり根は回っていませんでした。


 根を崩さないように支柱の両側に植えて、倒れないように紐で軽く縛ります。左側が赤肉種、右側が白肉種です。



 これで植替えの完了です。数日間は半日陰の場所で養生し、その後に日向へ出す予定です。今年の夏で支柱の一番上まで届くでしょうか?