ワイルドストロベリー(KOIのミラクルストロベリー)を半水耕栽培。来年の収穫のために、今年は株の充実に力を入れます

f:id:haruirosoleil:20210530175454j:plain
 種袋に書いてある名前が、あまりにも気になって買ってしまいました。その名も「KOIのミラクルストロベリー」です。パッケージのデザインから、KOI  = 恋 だとは思いますが、なぜローマ字表記なのか?そしてミラクルストロベリーとは一体…ちなみに日本語の下に英語表記も書いてあり、それは「super strawberry in love」です。直訳すると、『恋する素晴らしい苺』になるのでしょうか。ミラクル(miracle)の単語は何処へ…

 特に品種名が書いていなかったので、写真を元に私なりに調べた結果、おそらくワイルドストロベリーではないかと思います。ワイルドストロベリーは幸運を引き寄せる植物として知られているので、名前の由来はここから来ているのかもしれないです。

 細かいところは取り敢えず棚上げとし、今回はこのKOIのミラクルストロベリー、もといワイルドストロベリーを育てます。最初は水耕栽培を考えましたが、栽培期間が長くなりそうなため、土の代わりにバーミキュライトを使う半水耕栽培とします。本格的な収穫は種蒔きの翌年から始まるので、今年は育成期間と割り切って株の充実に努めます。それでは栽培を始めましょう。

 

 

 

 

ワイルドストロベリーの種

f:id:haruirosoleil:20210523145235j:plain
 種は直径1mmの涙型をしています。非常に細かいため、吹けば飛んでいってしまいそうです。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年5月23日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210605195322j:plain
 ポリポットにバーミキュライトを入れて、液肥で十分に湿潤させました。同じものを合計4個作り、それぞれに種を7個くらい蒔きました。なお、ワイルドストロベリーの種は好光性のため、覆土は行いません。

f:id:haruirosoleil:20210530175511j:plain
 上の写真は種蒔き後のポリポットです。バーミキュライトと同化しており、種がどこにあるのか全く分かりません。
 このポリポットを適当な大きさのトレイに入れ、乾燥防止のために水道水で腰水をした上で、明るい室内に置いて発芽するのを待ちます。話によると、種の発芽までに1ヶ月かかることもあるらしいです。双葉が出てくるのを気長に待ちます。

  

2021年5月30日 発根

f:id:haruirosoleil:20210530175157j:plainf:id:haruirosoleil:20210530175200j:plain
 思っていたよりも動きは早く、種蒔きから7日目で発根してきました。本日からは半日陰の屋外に出して、葉の展開に備えます。

 

2021年6月1日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210605195119j:plain
 無事に発芽したので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。種のサイズと同様に、でてきた双葉もすごく小さいです。発芽率は7割ほどと、許容範囲内でした。

 

2021年6月5日 本葉が出始める(発芽から4日目)

f:id:haruirosoleil:20210605155707j:plainf:id:haruirosoleil:20210605155710j:plain
 楕円形の双葉の間から、ギザギザしている本葉が見えてきました。

 

2021年6月11日 黒斑点が発生(発芽から10日目)

f:id:haruirosoleil:20210615213225j:plain
 ワイルドストロベリーの成長は実にゆっくりです。やっと緑の部分が目立つようになってきました。

f:id:haruirosoleil:20210615213129j:plainf:id:haruirosoleil:20210615213131j:plain
 困ったことに何かの病気を患ったのか、葉に黒い小さな斑点が発生し、さらに色が抜けてきた株が出てきてしまいました。

f:id:haruirosoleil:20210615213134j:plain
 放置していると他の株にも伝染する可能性があるため、ハサミで切って取り除きます。ついでにこのタイミングで1回目の間引きも行います。

f:id:haruirosoleil:20210615213112j:plain
 病気の株と成長が遅い株を間引きし、1ポットあたり3株程度となるようにしました。次の間引きは、それぞれの葉が重なってきた頃に行う予定です。