ネモフィラの水耕栽培に再挑戦。セルトレイ→ポリポット→栽培装置の順で大きくしていきましょう

f:id:haruirosoleil:20211205200738j:plain
 2019年の春、ネモフィラの水耕栽培を試みました。この時には太陽の代わりにピンク色のLED光を使って苗作りを行ったのですが、光量が足りなかったせいか徒長してしまい、最終的には栽培に失敗してしまいました《【失敗】「ネモフィラ」を水耕栽培で育てています。現在、徒長気味ですが大丈夫でしょうか?》。この失敗から2年がたちました。現在では水耕栽培に関する色々な知識や経験が身に付きましたので、再びネモフィラの水耕栽培にチャレンジをしたいと思います。

 予定としては種をセルトレイに蒔き、成長したらポリポットに植え替えし、最終的に水耕栽培装置に定植して大きく育てます。個人的に1番難しいと感じているのは発芽と越冬です。発芽は種を多めに蒔いて確率を上げ、厳寒期には不織布などを用いて防寒をしようと考えています。

 花を楽しむネモフィラをあえて水耕栽培する意味を問われると困ってしまいますが、理由を挙げるならば「研究心」です。水耕栽培で野菜が立派に育つならば、花も立派に育つはずです。果たして本当にその通りになるのか、それではネモフィラの栽培を始めましょう。

 

 

 

 

ネモフィラの種

f:id:haruirosoleil:20211230123106j:plain
 ネモフィラの種は長さ2mm 幅1mmの楕円形をしています。表面には多数の皺があり、まるで干しブドウのようです。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年11月7日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20211205202304j:plain
 ネモフィラは栽培装置に直接蒔かずに、まずはセルトレイで発芽させます。72区画のセルトレイを3×4区画となるように切り分け、各区画にバーミキュライトを充填して液肥で湿潤させます。それぞれの区画に種を10個程度蒔き、厚さ2mmとなるように覆土を行いました。このセルトレイを南向きの暖かい屋外に出して発芽するのを待ちます。

 

2021年11月13日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20211205202311j:plain
 ネモフィラの発芽は2週間ほどかかると種袋に書いてあったのですが、1週間で双葉が開きました。気温条件が良かったのかもしれないです。本日を「発芽から0日目」として記録を付けていきます。

 

2021年11月14日 1回目の間引き(発芽から1日目)

f:id:haruirosoleil:20211205202410j:plainf:id:haruirosoleil:20211205202415j:plain
 思っていたよりも発芽率が良かったため、すでに双葉同士が触れ合っている状態となっています。このままでは窮屈なので、1回目の間引きをしてスペースを開けましょう。

f:id:haruirosoleil:20211205202418j:plain
 小さいハサミを使って成長が遅れている株を切り取っていきます。

f:id:haruirosoleil:20211205202420j:plain
 1区画に4〜5株となるように間引きました。引き続き太陽のよく当たる場所に置いて、本葉が出てくるのを待ちます。

 

2021年11月20日 成長中(発芽から7日目)

f:id:haruirosoleil:20211205202804j:plainf:id:haruirosoleil:20211205202817j:plain
 発芽から1週間が経過しました。双葉が大きくなり、中央部分からは小さな本葉が見えてきています。

 

2021年11月27日 2回目の間引き(発芽から14日目)

f:id:haruirosoleil:20211205202738j:plainf:id:haruirosoleil:20211205202740j:plain
 ネモフィラの成長は意外にも早く、発芽から2週間で立派な本葉が出てきました。双葉とは異なり、本葉は深い切れ込みが多数ある葉です。それでは本葉が重なり合っていますので、2回目の間引きをします。

f:id:haruirosoleil:20211205202801j:plain
 1区画に1株として間引きは終了です。今後は本葉が4枚になるまでセルトレイで育てます。

 

2021年12月4日 ポットへ植え替え(発芽から21日目)

f:id:haruirosoleil:20211205200736j:plainf:id:haruirosoleil:20211205200738j:plain
 現在の本葉数は4枚となっています。これ以上の大きさになるとセルトレイでは手狭になるので、本日ポリポットに植え替えたいと思います。

f:id:haruirosoleil:20211205200741j:plain
 小型のフォークを使って、できるだけ根を切らないようにセルから抜き取ります。

f:id:haruirosoleil:20211205200743j:plain
 セルから抜けました。写真では分かりにくいですが、半透明の根が底部を中心に多数伸びています。

f:id:haruirosoleil:20211205200746j:plain
 12株の中から成長の良いものを3株選抜し、これらをポリポットに植え付けます。このように茎がポットの中心となるように置きます。

f:id:haruirosoleil:20211205200755j:plain
 そして回りをバーミキュライトで埋めて、液肥で湿潤させました。

f:id:haruirosoleil:20211205200749j:plain
 さらに今回はひと手間を掛けます。バーミキュライトが剥き出しのままですと、水分の蒸発が早かったり、風でバーミキュライトが飛ばされてしまいます。そこで厚さ0.5mmほどのアルミ蒸着保温シートをドーナツ型に切り、これを取り付けます。

f:id:haruirosoleil:20211205200802j:plain
 ちなみにこちらは固定針金です。アルミ蒸着保温シートの上からにバーミキュライト層に突き刺して、浮き上がりや脱落を防止します。

f:id:haruirosoleil:20211205200805j:plain
 これで植え替え作業は終わりです。暖かくなるまではポットで栽培し、その後に栽培装置へ移植しようと思います。

 

2021年12月30日 寒さに強いネモフィラ(発芽から47日目)

f:id:haruirosoleil:20211230123205j:plainf:id:haruirosoleil:20211230123208j:plain
 早朝に気温が0℃以下になり、霜が降りる日が出てきています。しかし枯れる葉もなく、元気に成長中です。調べると、ネモフィラは寒さに強い植物のようです。当初は不織布を掛けて防寒をしようと思っていましたが、何もせずに放置気味で育てていきます。