ペットボトルでフルサイズの大根を半水耕栽培。収穫物は根長25cmと予想していますが、どう育つでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20220327161835j:plain
 昨年にミニ大根をペットボトルで育てました(参考記事:ミニ大根をペットボトルで栽培しています。高さが欲しいのでペットボトルを逆さまにして使いましょう)。形が少し歪だったとは言え、根長15cmの立派なミニ大根となりました。この栽培が上手くできたので、次は同じペットボトル容器でフルサイズの大根(根長40cm)を育てたらどうなるのか知りたくなりました。

 栽培容器であるペットボトルの高さは約30cmです。そのため長さ40cmには育たないと思いますが、おそらく25cmくらいの「大きなミニ大根」にはなるのではないかと予想しています。懸念事項としては、栽培容器に入る培地量が限られているため、水不足になりやすそうな点です。もし水やり(液肥補充)の回数が多すぎると感じたら、栽培を終了して収穫しようと考えています。

 以前の栽培経験から、大根は本葉数枚の時が1番倒れやすいです。ただ、倒れていても茎が太くなる頃には自立する気もします。そこで今回は株が倒れてもサポートせず、そのまま育てていこうと思います。それではペットボトルと培地を用意して、種蒔きを行いましょう。

 

 

 

大根の種

f:id:haruirosoleil:20220327161447j:plain
 大根の種は直径4mmほどで、いびつな球形をしています。今回栽培する品種は「若宮二号」です。この品種の特徴としては、

・根長38〜40㎝
・極晩抽性(トウ立ちが遅い)
・生食や煮物、浅漬けに適している

になります。どうやら様々な用途に使える万能な大根のようです。

 

栽培容器

f:id:haruirosoleil:20220327160637j:plain
 栽培容器には高さが必要なため、ペットボトルの上下を逆さまにして使用します。ペットボトルのサイズは、概ね幅11cm 奥行9cm 高さ30cmです。

f:id:haruirosoleil:20210812202613p:plain
 構造は上のイラストとなります。2Lペットボトルの底の部分を切り、口の部分に土留めの不織布を入れます。そして培地であるバーミキュライトを入れて、液肥で十分に湿潤させます。最後に、直射日光による培地温度の上昇を防ぐために、外側にアルミ蒸着保温シートを巻いて完成です。今回はこの容器を3つ作成しました。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2022年3月27日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20220327160706j:plainf:id:haruirosoleil:20220327160709j:plain
 培地の中央に種を3個置き、厚さ1cmとなるように覆土を行いました。

f:id:haruirosoleil:20220327161056j:plain
 この栽培容器は高さがあるため、培地上部の水はけが良すぎます。そのためラップを掛けて乾燥の予防をします。また発根して培地が盛り上がってくるまでは室内に置いておきます。

 

2022年3月30日 屋外に出す

f:id:haruirosoleil:20220411204336j:plain
 表面の培地が割れてきました。この下では種が芽を出す準備をしているはずです。ラップを取り去り、本日から屋外に出します。

 

2022年4月3日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20220403161348j:plainf:id:haruirosoleil:20220403161350j:plain
 双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録を取っていきます。発芽率は100%であり、非常に良好な結果でした。

f:id:haruirosoleil:20220403161353j:plain
 双葉の間からは早くも小さな本葉が見えています。大根は成長が早いので、観察するのも楽しいです。

 

2022年4月10日 本葉が出る(発芽から7日目)

f:id:haruirosoleil:20220411083151j:plainf:id:haruirosoleil:20220411083156j:plain
 双葉が大きくなり、隣のペットボトルの株に触れそうとなっています。

f:id:haruirosoleil:20220411083159j:plain
 株の中心部からは本葉が出てきました。もう少し大きくなったら間引きをしようと思います。

 

2022年4月12日 間引き(発芽から9日目)

f:id:haruirosoleil:20220413101021j:plainf:id:haruirosoleil:20220413101023j:plain
 本葉が大きくなり、また枚数も増えてきたので、少し窮屈な感じとなっています。間引きをしてスペースを開けることにしましょう。

f:id:haruirosoleil:20220413101025j:plain
 最も成長の良い株を選び、それ以外をハサミで切り取っていきます。

f:id:haruirosoleil:20220413101029j:plainf:id:haruirosoleil:20220413101032j:plain
 これで間引きの終了です。株が倒れていますが、気にせずに育てていきます。

f:id:haruirosoleil:20220413101039j:plain
 ちなみに間引きをした株は味噌汁の具として使いました。無駄なく食べられるのは良いことですね。

 

2022年4月23日 根の肥大化開始(発芽から20日目)


 現在の葉の枚数は5~6枚となっています。今のところ運が良いのか、アブラムシやアオムシ、ハダニなどの被害は全くないです。


 株元を見ると、表皮(初生皮層)に亀裂が入っています。これは根の肥大化が始まる合図です。次の週末にはどのくらい太くなっているのか楽しみです。

 

2022年5月1日 根径1.5cm(発芽から28日目)


 ペットボトルを上下逆さまに使っているため、普通に置くとすぐに倒れてしまいます。そこで適当な鉢に入れて自立するようしました。この方法ならば倒れにくいですし、葉が広がってきても簡単に株間を広げられて具合が良いです。


 現在の根径は1.5cmとなっています。これからどこまで成長するでしょうか?

 

2022年5月8日 根茎2.5cm(発芽から35日目)


 日に日に根は太り、根茎が2.5cmになりました。この他の変化としては、地上に出ている根の部分が明らかに増えています。

 

2022年5月14日 根茎4cm(発芽から41日目) 


 発芽から40日が経過しました。この3株の中で、左側の株の性質が少し異なっています。葉の色が深緑ではなく黄緑であり、また枚数も多いです。ただ味は変わらないと思いますので、このまま育てていきます。


 葉に空いた穴を多数発見してしまいました。数日前にはなかったものです。もしやと思い葉の裏を見ると、体調1cmほどのイモムシが数匹いました。このまま放置していると穴だらけにされてしまうので、退治薬である「STゼンターリ顆粒水和剤」を散布しておきました。これでしばらくの間は大丈夫でしょう。


 根の肥大化は進み、1番育っているものは直径4cmとなりました。このペースで進めば、1~2週間後に収穫ができそうです。