バーミキュライトと液肥でラベンダーの苗作りに挑戦します。無事に夏を越すことができるでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20210702213558j:plain
 会社の花壇の一角にはラベンダーが6株ほど植えられています。植え付けたのは2年前で、今ではそれぞれが一抱えほどの大きさに成長しています。今年の春には数多くの花を咲かせて、良い香りを敷地内に漂わせていました。花壇の日当たりや土質は決して良い条件ではないのですが、予想外にも立派に成長中です。そこで残りの空いているスペースにもラベンダーを植えて、一面を紫の絨毯にしようと計画しました。

 ラベンダーの増やし方ですが、今育っている株の枝を切って、挿し木にするのが1番簡単でしょう。しかし、あえて今回は種から育ててみようと思います。種は花壇には直接蒔かずに、一旦ポリポット育苗します。そして暑さが落ち着いた秋に植え付けをする予定です。育苗には土と水の代わりに、バーミキュライトと液肥を使います。バーミキュライトは保水力が良い上に清潔なので、種蒔き時に良く使っている資材の1つです。

 さすがに会社の花壇に植え付けるところは紹介できないため、この記事では種蒔きから発芽、そして植え付け直前までを記録していきます。育てる期間が真夏と被ってしまうので、暑さで枯れないように注意したいと思います。それでは栽培を始めましょう。

 

 

 

 

ラベンダーの種 

f:id:haruirosoleil:20210702213603j:plain
 ラベンダーの種は長辺が2mmほどの楕円形をしています。品種は書いてありませんが、種袋の写真から考えると「イングリッシュラベンダー」系統でしょう。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年7月2日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210702213604j:plain
 ポリポットにバーミキュライトを入れて、液肥で湿潤させました。この上にラベンダーの種を5〜6個を置き、厚さ3mmとなるように覆土を行いました。
 ラベンダーの発芽には時間がかかるらしいので、乾燥防止のために室内に置いて管理をします。

 

2021年7月10日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210711090426j:plainf:id:haruirosoleil:20210711090429j:plain
 先日発根が確認できたため、室内から屋外に移動させました。そして芽が出て双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。
 発芽率は約80%と、想定していたよりも高い数値となりました。ただ、暑さのためか徒長している株がいくつかあります。他の株も同じように茎が伸びてしまうでしょうか?少し心配です。

 

2021年7月17日 増し培地(発芽から7日目)

f:id:haruirosoleil:20210723173150j:plainf:id:haruirosoleil:20210723173153j:plain
 昨日に猛烈な夕立があり、多くの雨粒がポットに当たりました。これにより徒長している株がバランスを崩して倒れてしまっています。 

f:id:haruirosoleil:20210723173202j:plain
 このまま育てても大丈夫そうですが、念の為に横になった茎の部分に培地を足して固定します。

f:id:haruirosoleil:20210723173216j:plain
 この増し培地の結果、見た目上は徒長もなくなり、かなり良い感じとなりました。
 成長が早い株では、もう本葉が出てきています。もう少し成長すればラベンダーらしい姿となりそうです。

 

2021年7月22日 1回目の間引き(発芽から12日目)

f:id:haruirosoleil:20210723172829j:plainf:id:haruirosoleil:20210723172840j:plain
 現在、2セット目の本葉が大きくなりつつあります。局所的に混み合っている場所がありますので、間引きをしてスペースを開けましょう。

f:id:haruirosoleil:20210723172851j:plain
 徒長している株や、葉が触れ合っている株を中心に切り取っていきます。

f:id:haruirosoleil:20210723173034j:plain
 1ポットあたり3〜4株を残して1回目の間引きの終了です。間引いた株からはラベンダーの香りがフワリと漂ってきます。液肥だけでも香り成分は作られることに驚きです。

 

2021年8月13日 2回目の間引き(発芽から34日目)

f:id:haruirosoleil:20210813183832j:plain
 小さかった芽も大きくなってきました。写真で見ても、緑色の面積が増えているのが分かりますね。

f:id:haruirosoleil:20210813183834j:plain
 前回間引きをしましたが、時期遅れで発芽した種がちらほら出てきました。これらを切り取ると共に、1ポットあたり2株となるように再度間引きます。

f:id:haruirosoleil:20210813183836j:plain
 間引きをした後に、バーミキュライトを足して株元のグラつき防止をしておきました。夏の終りまであと1ヶ月です。今のところ順調な苗作りです。
 

2021年8月29日 脇芽が出る(発芽から50日目)

f:id:haruirosoleil:20210829203831j:plainf:id:haruirosoleil:20210829203834j:plain
 強烈な日差しのためか、数株の葉が少し焼けてしまいました。それでも全体としては順調に成長しています。

f:id:haruirosoleil:20210829203836j:plain
 株元からは脇芽が出始めています。暑さもピークを過ぎましたので、これからさらに枝葉が伸びてくるでしょう。