べか菜の半水耕栽培に挑戦します。間引きながら固くなる前に収穫をしましょう

f:id:haruirosoleil:20200509182741j:plain
 会社で仕事をしていたら、なぜか急に「べか菜」を食べたくなりました。べか菜とは小さい状態で収穫した山東菜のことであり、白菜と同じ使い方ができます。べか菜は珍しいのかスーパーで売っているのを見たことがないです。つまり食べるには、自分で育てなくてはなりません。

 以前にべか菜を水耕栽培しましたが、その時は収穫時期から少し外れてしまい、茎が若干固かったです。そのため今回は、早めの収穫を心掛けたいと思います。使う栽培装置は、100円ショップで手に入れた水切りカゴ&トレイです。ここに培地を入れて種を筋蒔きにし、間引きをしながら収穫を行っていきます。この方法ならば収穫量が多くなり、また常に柔らかい状態で食べられるはずです。それではべか菜の栽培を始めましょう。

 

 

 

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20210702212232j:plain
 栽培装置には100円ショップで購入した水切りカゴとトレイを使います。組み立て方は、まずトレイに遮光のための黒色ビニール袋を被せて、その上からカゴをセットします。次に不織布を敷いてからバーミキュライトを厚さ1.5cmくらいとなるように入れ、液肥で湿潤させます。これで栽培装置のできあがりです。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年7月2日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210702212213j:plain
 種は3条(手前・中間・奥)となるように蒔き、覆土は厚さ2〜3mmとなるようにしました。この栽培装置を屋外に置いて発根するのを待ちます。

 

2021年7月4日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210704175016j:plain
 双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。アブラナ科の種は芽が出るのが早く、また発芽率も良いので、安心して種蒔きができますね。

 

2021年7月5日 良好な発芽(発芽から1日目)

f:id:haruirosoleil:20210711085356j:plainf:id:haruirosoleil:20210711085359j:plain
 おそらく蒔いた種のほぼ全てが発芽したと思います。良い具合に3列となってくれました。もう少し大きくなったら間引きをしましょう。

 

2021年7月10日 間引き&収穫(発芽から6日目)

f:id:haruirosoleil:20210711085054j:plainf:id:haruirosoleil:20210711085056j:plain
 5日が経過すると双葉が大きくなり、また本葉が出てきている株も見受けられます。このままでは密集しすぎているため、間引きを行って適度に隙間を開けます。

f:id:haruirosoleil:20210711085059j:plain
 ハサミを使って株同士が触れ合わない程度に間引いていきます。ちなみにハサミが入れやすいように3条蒔きにしたのですが、その恩恵はあまりなかったです。

f:id:haruirosoleil:20210711085106j:plain
 株数は半分くらいになりました。これで本葉が大きくなっても大丈夫です。

f:id:haruirosoleil:20210711085103j:plain
 間引いた株は後日、味噌汁に入れて食べようと思います。まずは最初の収穫の成功です。

 

2021年7月17日 2回目の間引き&収穫(発芽から13日目)

f:id:haruirosoleil:20210718175713j:plainf:id:haruirosoleil:20210718175716j:plain
 前回から1週間が経過しました。本葉が成長し、培地がほぼ見えない状態になっています。このタイミングで間引きを兼ねた収穫をしましょう。

f:id:haruirosoleil:20210718182526j:plainf:id:haruirosoleil:20210718175718j:plain
 今回は味噌汁の具2人前が採れました。

f:id:haruirosoleil:20210718175721j:plain
 間引き後は何だか汚らしい感じとなっています。しかしこの状態でも、次の週末になればもっさりと茂っているはずです。