「地這いキュウリ」の水耕栽培に挑戦します。しかし地這いだと面積を取るので支柱に這わせます

f:id:haruirosoleil:20210425070746j:plain
 毎春、水耕栽培をする時は「大物系」にチャレンジすることに決めています。大物系とは水菜や小松菜と言った葉物野菜ではなく、実がなる野菜の事です。過去に育てた大物系は、落花生(成功)シカクマメ(成功)メロン(失敗)です。今年は何を栽培するか考えていたところ、100円ショップにキュウリの種が売っていました。ウェブで調べるとキュウリの水耕栽培は例が多いようで、もし何らかのトラブルがあっても原因を特定できそうです。そこで今回はキュウリを水耕栽培で育てることに決めました。

 購入したキュウリは「地這い」と呼ばれる品種で、文字通り、地べたにツルを伸ばすものです。ただベランダでこの方法を行うと面積が必要なため、地這い種でありながら支柱に絡ませて育てようと思います。土耕栽培の場合、支柱は土に挿せばOKです。しかし水耕栽培では支柱を立てられないので、少し工夫が必要そうです。これに関しては、栽培をしながら解決策を模索したいと思います。それではキュウリの種蒔きを始めましょう。

 

 

 

 

キュウリの種

f:id:haruirosoleil:20210425070754j:plain
 キュウリの種は長さ1cmほどの扁平型をしています。品種は「ときわ地這」で、メーカーサイトによる特徴は以下のようになります。

高温乾燥に強く、つくりやすい地ばいキュウリの代表的品種です。子・孫づるに着果するので地面にはわせてつくります。果実は鮮緑色、皮がやわらかく、白イボのおいしいきゅうりです。果実の長さが22cmくらいになったら収穫します。

サカタのタネ キュウリ 「ときわ地這」
https://www.sakataseed.co.jp/product/search/code00920472.html

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年4月24日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210425070820j:plain
 種は栽培装置に蒔かず、一旦育苗してから植え付けます。まずポリポットにバーミキュライトを入れ、液肥で湿潤させます。そして深さ1cmの穴を3つ開けた後、種を入れて覆土を行いました。同じ物を3つ作り、屋外の暖かいところに置いて発芽するのを待ちます。

 

2021年4月30日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210502125917j:plainf:id:haruirosoleil:20210502125919j:plain
 双葉が開きましたので、本日を「発芽0日目」として記録をしていきます。合計9個の種を蒔いて、全てから芽が出ました。発芽率は100%と、期待以上の結果で嬉しいです。

 

2021年5月7日 本葉が出てくる(発芽から7日目)

f:id:haruirosoleil:20210507104045j:plainf:id:haruirosoleil:20210507104048j:plain
 発芽から1週間が経過しました。どの株も枯れずに残っています。大きくなった双葉の間からは本葉が見えてきました。

 

2021年5月9日 間引き(発芽から9日目)

f:id:haruirosoleil:20210509183548j:plain
f:id:haruirosoleil:20210509183553j:plain
 2日前に出てきた本葉も大きくなり、あと数日もすればかなり窮屈な状態となるでしょう。それではこのタイミングで間引きを行います。

f:id:haruirosoleil:20210509183556j:plain
 茎の細い株などを切り、1番成長度合いの良いものを残します。

f:id:haruirosoleil:20210509183558j:plain
f:id:haruirosoleil:20210509183601j:plain
 これで間引きの完了です。本葉が2.5~3枚になったら、栽培装置に定植したいと思います。