ベランダで「ミブナ」をトレイ水耕栽培中です。水菜との違いを確かめましょう

f:id:haruirosoleil:20200913201657j:plain
 水菜を育てている時に、良く似た名前の「ミブナ」と呼ばれる葉物野菜を知りました。調べると水菜との外見上の違いは、葉の切れ込みがあるかないか程度のようです。味は独特の香りと辛みがあり、旬は冬〜春に掛けてです。

 ちょうど今、空いている栽培装置がありますので、このミブナを育ててみようと思います。種袋の育て方を読むと、株は最大数kgになるそうです。しかし今回はA4用紙サイズの栽培装置を使いますから、ある程度の大きさで収穫したいと思います。それでは栽培のスタートです。

 

 

 

 

ミブナ

f:id:haruirosoleil:20200913201613j:plain
 ミブナは漢字で『壬生菜』と書きます。京都市の壬生地区で古くから栽培されていた野菜で、ミズナ(水菜)とは区別されることが多いです。晩生種のため大株となりますが、今回は栽培装置が葉で一杯になったら収穫します。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

栽培場所

f:id:haruirosoleil:20200802202939j:plain
 9月になったとは言え、まだ日光が強い日があります。このような時は遮光率22%の寒冷紗を設置し、その内側に栽培装置を置きます。涼しくなってきたら寒冷紗は外す予定です。また栽培は南側のベランダに置いた4段の棚で行い、栽培装置を1日ごとに1段動かして日当たりを均一化させます。

 

アオムシ・イモムシ対策薬

f:id:haruirosoleil:20181014202615j:plain
 葉物野菜の天敵は葉を食害するアオムシ・イモムシです。そのためこれらの退治薬である「STゼンターリ顆粒水和剤」を定期的に散布していきます。希釈倍率は1000倍とし、葉に定着しやしいように展着剤(商品名:ダイン)を加えます。

 

2020年9月12日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20200913201751j:plain
 栽培装置はこの記事《カブのトレイ栽培に挑戦中。水耕栽培を応用して土の代わりにバーミキュライトを使ってみます》を参考にして作りました。右奥のセルには培地を入れずに、液肥の水位確認用として使います。
 蒔いた種の数は1セルあたり3〜5個、覆土は約3mmとしました。水切りトレイに液肥はまだ入れず、ある程度育ってから溜める予定です。種蒔きが終わった栽培装置は、屋外に置いて発芽するのを待ちます。

 

2020年9月14日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20201003195204j:plain
 芽が出たので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。
 ミブナの双葉は水菜と全く見分けが付きません。本葉が出てくるのを待ちましょう。

 

2020年9月17日 1回目の間引き(発芽から3日目)

f:id:haruirosoleil:20201003195600j:plain
 発芽から3日が経過しました。発芽率が良く密集している状況なので、本日1回目の間引きを行います。

f:id:haruirosoleil:20201003195603j:plain
 間引くのは発芽に失敗している種や、明らかに成長の遅い株です。これらの根元をハサミで切っていきます。

f:id:haruirosoleil:20201003195604j:plain
 1セルにつき2~3株を残しました。ミブナの成長は早いと思うので、2回目の間引きは数日後となりそうです。

 

2020年9月21日 2回目の間引き(発芽から7日目)

f:id:haruirosoleil:20201003200155j:plainf:id:haruirosoleil:20201003200159j:plain
 双葉の面積が2倍くらいとなり、中心部からは長細い本葉が出てきました。水菜とは異なり、葉に切れ込みは入っていません。このタイミングで2回目の間引きをしましょう。

f:id:haruirosoleil:20201003200201j:plain
 1番成長の良い株を選び、残りは全て取り除きました。

f:id:haruirosoleil:20201003200209j:plain
 2回目の間引きが終わりましたので、これからは水切りトレイに液肥を溜めて育てていきます。水切りトレイの周りを覆っているのは黒い不織布で、藻の増殖を防ぐための遮光材として取り付けています。

f:id:haruirosoleil:20201003200205j:plain
 発芽当初とは異なり、だんだんと茎が伸びてきています。地面から双葉の付け根までの長さは約3cmです。水やりは控え気味にしていたことから、気温が高いせいで徒長気味になったかもしれないです。とりあえずは、このまま育てていきましょう。

 

2020年9月27日 成長中(発芽から13日目)

f:id:haruirosoleil:20200928051655j:plainf:id:haruirosoleil:20200928051656j:plain
 小さかった本葉も大きくなり、だんだんとトレイの中が緑色となってきました。定期的にアオムシ対策薬を散布しているおかげか、虫食いはありません。今のところ、順調すぎる成長です。

 

2020年10月11日 問題のない成長(発芽から27日目)

f:id:haruirosoleil:20201011150915j:plainf:id:haruirosoleil:20201011150919j:plain
 前回から2週間が経過しました。特に何かトラブルが起きるわけでもなく、ただ液肥を与えているだけで大きくなりました。全体的に縦方向に伸びているのが分かりますね。

f:id:haruirosoleil:20201011150922j:plain
 葉の長さは手の幅と同じくらいになっています。

f:id:haruirosoleil:20201011150924j:plain
 株元の分岐はまだ多くなく、今は6本ほどが出ている状態です。しかしこのペースで成長すれば、あと1~2週間で収穫ができそうです。
 


住友化学園芸 殺虫剤 STゼンターリ顆粒水和剤 20g
《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら

ゼンターリ顆粒水和剤はアオムシ対策におすすめの薬です。微生物から抽出した成分でできているので、化学農薬のように使用回数の制限がないことが特徴です。以前、何十匹というアオムシが付いた赤カブに使いましたが、1回で大半がいなくなりました。素晴らしい効果です。


住友化学園芸 展着剤 ダイン 100ml
《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら

展着剤とは植物への付着性や浸達性などを高め、薬の効果をより安定させる薬剤です。成分を簡単に説明すると、洗剤(界面活性剤)です。薬が雨で流れにくくなるので、私はできるだけ添加するようにしています。


トーホク 壬生菜

《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら