キャベツの水耕栽培に再挑戦。これまでの経験を使って今度こそ立派な玉を収穫したいです

 f:id:haruirosoleil:20210808195046j:plain
 以前に水耕と半水耕でキャベツを育てました。しかしながらどれも結球が途中で止まってしまい、市販のサイズにはならなかったのです。そこで次こそ立派なキャベツを採るべく、今年も栽培にチャレンジすることにしました。

 過去の栽培で問題となった点としては、

  1. 自重に耐えられずに株が傾く(水耕の場合)
  2. 夏場の水やり回数が多い(半水耕の場合)
  3. 大量のアブラムシやアオムシが発生する(水耕・半水耕)

です。1番目と2番目は栽培装置を工夫することで解決します。3番目のアブラムシは人力でどうにかできる問題ではないため、適切に農薬を使うことで発生を抑えます。

 本日、スーパーに行ったところ、立派なキャベツが1玉98円で売っていました。育てるための資材代と手間賃を考えると、絶対に買った方が安いでしょう。それでも自分で育てたキャベツを食べたいのです。それでは準備を始めましょう。

 

 

 

  

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年7月18日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210722213948j:plain
 まずはキャベツの苗を作っていきます。2つのポリポットにバーミキュライトを入れて、液肥で湿潤をさせました。種はそれぞれに5個を蒔いて、厚さ5mmほどとなるように覆土を行いました。これらのポットは南向きのベランダに置いて、発芽するのを待ちます。

 

2021年7月23日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210807201121j:plain
 双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。暑さのせいで徒長しないか心配ですが、今のところは大丈夫そうです。

 

2021年7月31日 2枚目の本葉(発芽から8日目)

f:id:haruirosoleil:20210807200912j:plainf:id:haruirosoleil:20210807200915j:plain
 現在、2枚目の本葉が出てきているところです。思っていたよりも徒長はしなかったので安心しています。
 正常に発芽した種の割合は60%と、少し低い値になりました。やはり暑さが原因でしょうか?まずはこの6株を大切に育てていきます。

 

2021年8月8日 間引き (発芽から16日目)

f:id:haruirosoleil:20210808195014j:plainf:id:haruirosoleil:20210808195017j:plain
 暑い中でも何とか頑張っているキャベツです。株がグラグラしていたので、根元にバーミキュライトを足しておきました。

f:id:haruirosoleil:20210808195026j:plainf:id:haruirosoleil:20210808195029j:plain
 真夏の強力な日光を浴びたせいか、葉の一部が枯れてしまっています。日差しを和らげる方法を考える必要がありそうです。

f:id:haruirosoleil:20210808195039j:plain
 葉が触れ合ってきましたので、間引きをしましょう。1番成長している株を選んで、残りは切ってしまいます。

f:id:haruirosoleil:20210808195046j:plainf:id:haruirosoleil:20210808195049j:plain
 これで間引きの完了です。発芽から30日目で定植できるサイズになりますので、あと2週間は水枯れなどに注意をして栽培をしていきます。

 

2021年8月15日 定植(発芽から22日目)

f:id:haruirosoleil:20210822150106j:plainf:id:haruirosoleil:20210822150136j:plain
 苗は順調に成長し、本葉が5〜6枚となってきました。予定より早いですか、定植できそうなサイズとなっています。

f:id:haruirosoleil:20210822150337j:plain
 ポットから培地を抜いてみました。底に根は少ないですが、側面にはたくさんあります。次の週末になると育ち過ぎになりそうなので、本日栽培装置に植え替えてしまいましょう。

f:id:haruirosoleil:20210822150130j:plain
 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にしました。ザルの中心部に苗を置き、周りをバーミキュライトで埋めます。

f:id:haruirosoleil:20210822150120j:plainf:id:haruirosoleil:20210822150257j:plain
 そして手順通りに装置を組み立てれば、定植の完了です。ザルを乗せている液肥槽(バケツ)には5Lの水が入るので、余程のことがない限りは水枯れをしないでしょう。

f:id:haruirosoleil:20210822150211j:plain
 ちなみに定植の際には、アブラムシやイモムシ対策として「オルトラン粒剤」を使っています。少なくもとも今からの数週間は彼らの姿を見なくなるはずです。

 

2021年8月21日 コナガの襲来(発芽から28日目)

f:id:haruirosoleil:20210822150218j:plainf:id:haruirosoleil:20210822150222j:plain
 定食した2つの苗のうち、今回からはこちらの成長を追っていきます。先週よりも一回りは大きくなりました。

f:id:haruirosoleil:20210822150225j:plain
 また根がザルの隙間から出てきています。順調に成長しているようです。

f:id:haruirosoleil:20210822150229j:plain
 植え付け時にイモムシ対策の薬を撒いたのですが、なぜかコナガが発生しています。直径5mmほどの穴をたくさん開けられてしまいました。

f:id:haruirosoleil:20210822150232j:plain
 葉の裏面を見ると、小さなコナガの幼虫がちらほらといます。こられの幼虫は見つけ次第、捕殺していきました。とりあえずは毎日様子を見て、葉に新しい穴があったら幼虫を探し出そうと思います。

 

2021年8月29日 成長中(発芽から36日目)

f:id:haruirosoleil:20210907213115j:plainf:id:haruirosoleil:20210907213117j:plain
 薬が効いてきたのか、コナガの被害はパタリとなくなりました。それにしてもこの1週間で、かなり成長しました。すでに葉の先端が栽培容器の外側に出ています。

 

2021年9月5日 鳥に食べられる(発芽から43日目)

f:id:haruirosoleil:20210907213145j:plain
f:id:haruirosoleil:20210907213148j:plain
 葉は順調に巨大化しています。

f:id:haruirosoleil:20210907213150j:plain
 ベランダにヒヨドリか何かがやってきたのか、葉の一部を突かれてしまいました。このまま放置していると、全部食べられる可能性があります。

f:id:haruirosoleil:20210907213152j:plain
 そこで応急処置として、不織布をふんわりと掛けておきました。時間がある時に、防鳥ネットを買ってこようと思います。