「ひとくち茄子」の水耕栽培に挑戦します。3月中旬の種蒔きのため、自作のLED育苗器で苗作りを行いましょう

f:id:haruirosoleil:20220319182240j:plain
 2020年夏にナスの水耕栽培を試みました《参考記事:【栽培断念】「長ナス」の水耕栽培に挑戦しています。5月下旬蒔きだといつ頃の収穫でしょうか?》。しかし栽培装置の破損と株の不調により、1個の実も採れずに栽培が終了となってしまいました。そして2年後の現在、様々な知識と経験が付きましたので、再度ナスの栽培に挑戦しようと思います。

 種蒔きは、まだ肌寒い日もある3月の中旬に行います。ナスの成長には比較的高温が必要になりますので、電気毛布で加温をしたり、自作のLED育苗器やビニールハウスなど駆使して苗作りを行う予定です。今回栽培するナスの品種は一口サイズのもので、着果数が多いと聞いています。食べきれないほどの実ができたら良いなと、今から楽しみにしています。それではナスの栽培を始めましょう。

 

 

 

ナスの種

f:id:haruirosoleil:20220320212755j:plain
 ナスの種は直径3mmほどで、煎餅のような平たい形をしています。品種は「山形系梵天丸茄子」です。実は小型の丸形であり、皮が薄いため浅漬けに適しているそうです。

 

LED育苗器

f:id:haruirosoleil:20220326141024j:plain
 育苗器のライト部は、この記事《野菜の室内栽培で使うライトを改良。非防水型のLEDテープと大きなアルミ板を使って問題を解決します》を参考にして組み立てました。

f:id:haruirosoleil:20220326141017j:plain
 組み立てたライト部は、できるだけ光を反射させるために、内側にアルミ蒸着保温シートを取り付けた発泡スチロール箱(幅39cm×奥行32cm×高さ26cm)に乗せました。これを育苗器として使用します。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2022年3月12日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20220319182200j:plainf:id:haruirosoleil:20220319182205j:plain
 72区画のセルトレーを3×3区画となるように切り出しました。そしてバーミキュライトを詰めて、液肥で湿潤させました。ここに1区画1個となるように種を置き、厚さ5mm程度となるように覆土を行いました。

f:id:haruirosoleil:20220319182208j:plainf:id:haruirosoleil:20220326072439j:plain
 ナスの発芽適温は20~25℃です。現在の最高気温は15℃なので、電気毛布を使って加温します。発泡スチロール箱に電気毛布入れ、その上にセルトレイを乗せます。さらに発泡スチロール箱にラップを掛けて外気が入りにくくします。この状態で電気毛布の電源を入れて、庫内の温度が20℃前後となるようにします。

 

2022年3月15日 発根&光照射

f:id:haruirosoleil:20220319182222j:plain
 加温の効果があったのか、種蒔きから3日で発根が確認できました。

f:id:haruirosoleil:20220319182224j:plain
 そのため本日からLED育苗器に入れて発芽するのを待ちます。光の照射時間は5:00~17:00の12時間、光源とセルトレイ上面の距離は約8cm、セルトレイの下には電気毛布を敷いておきます。外気温15℃の場合、点灯状態での庫内温度は20~25℃でした。もし夜間に温度が15℃を下回るようでしたら電気毛布にて20℃前後となるように加温します。

 

2022年3月19日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20220319181340j:plainf:id:haruirosoleil:20220319181342j:plain
 双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。今のところ、LED光源下でも茎が異常に伸びていたり、葉の色が薄いなどの株はありません。

 

2022年3月26日 発芽率100%(発芽から7日目)

f:id:haruirosoleil:20220326140136j:plainf:id:haruirosoleil:20220326140138j:plain
 発芽から7日が経過しました。全ての種から芽が出たため、発芽率は100%となっています。素晴らしい結果です。
 現在、双葉が大きくなり、その間からは1枚目の本葉が出てきています。育苗器の光量不足が心配でしたが、どの株も徒長することなく成長しています。この本葉が大きくなったらポリポットに植え替える予定です。

 

2022年4月2日 ポリポットへ移植(発芽から14日目)

f:id:haruirosoleil:20220403155852j:plainf:id:haruirosoleil:20220403155756j:plain
 LED光でも徒長などはせず、普通に成長しています。

f:id:haruirosoleil:20220403155759j:plain
 1枚目の本葉が成長し、今は2枚目が出てきている最中です。セルトレイの底の穴からは根も出ていますので、予定通りポリポットへ移植をしましょう。

f:id:haruirosoleil:20220403155805j:plain
 1番成長の良い株を抜いてみました。しかし思っていたよりも根の量が少なく、培地が崩れてしまいます。

f:id:haruirosoleil:20220403155808j:plain
 それでも何とかポリポットに入れて、周りをバーミキュライトで埋めました。

f:id:haruirosoleil:20220403155811j:plain
 成長の良い4株を移植して、作業の完了です。培地上面にある物は、ドーナツ状に切ったアルミ蒸着保温シートです。これは水分の蒸発を抑えるために取り付けています。

f:id:haruirosoleil:20220403155817j:plain
 セルトレイから株を抜く時に根が切れたのか、全ての株で葉がぐったりと垂れ下がってしまいました。

f:id:haruirosoleil:20220403155820j:plain
 そのため根が回復するまでは、室内の明るい窓際に置いて養生をします。

f:id:haruirosoleil:20220210210358j:plain
 回復後はベランダに設置した簡易ビニール温室に入れて、温度を確保しつつ育てていきます。

 

【番外編】2022年4月9日 セルトレイ苗の移植時期(発芽から21日目)

f:id:haruirosoleil:20220409180200j:plain
f:id:haruirosoleil:20220409180203j:plain
 前回、苗の根が少ないとの報告をしました。そこで残りの株をもう7日間追加で育苗した結果、ほど良く根が伸びて、セルトレイから抜いても培地が崩れない程度となりました。このくらいで移植した方が良さそうです。

 

2022年4月10日 成長中(発芽から22日目)

f:id:haruirosoleil:20220411082646j:plainf:id:haruirosoleil:20220411082648j:plain
 温室の効果か、葉が見違えるほど大きくなっています。今は3号ポット(直径9cm)で育てていますが、根が回ってきたら5号ポット(直径15cm)に鉢増ししたいと思います。

 

2022年4月23日 鉢増し(発芽から35日目)


 どの株も順調に成長し、ひと目でナスと分かる姿になってきました。


 出たての葉は紫色が強いですが、成長するにつれて葉脈以外の部分が緑色となってきます。


 株をポリポットから抜いてみると、培地全体に根が回っていました。このタイミングで鉢増しを行いましょう。


 4株の中から成長の良い2株を選び、これらを5号ポットに植え替えます。


 作業のついでですので、栄養が分散されないように脇芽を切り取っておきました。



 これにて鉢増し作業は終わりです。栽培装置への定植は1番花が咲いた頃にする予定です。

 

2022年4月30日 栽培装置に定植(発芽から42日目)


 鉢増しから一週間でかなり成長をしました。株の高さは2倍程になったようです。葉の色は濃く、茎もがっしりと太いです。


 そして先端には蕾ができていました。この蕾が咲いた頃に定植をしようと思っていたところ、最近の天気は不安定で雨が連日降りそうです。そのため鉢増しからあまり日数がたっていませんが、晴れていて作業がしやすい本日に定植することにしました。


 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てました。改良点としては液肥槽に直接アクセスできるように、塩ビ管を通したことです。


 塩ビ管の先端は斜めに切り落とし、液肥が出入りしやすいようにしています。液肥を交換する際には、この塩ビ管に灯油ポンプを挿して古い液肥を吸い出します。そして新しい液肥を塩ビ管を通して入れます。


 育てている2株のうち、高さのある方を選び植え付けます。ポットから培地を抜くと、やはり根の量は少なかったです。



 株を栽培装置の中心に置き、周りをバーミキュライトで埋めました。最後に、水分の蒸発を抑えるためのアルミ蒸着保温シートを培地上面に取り付けて定植の完了です。この栽培装置は日当たりの良い場所に置いて、一番花が咲くのを待ちます。

 

2022年5月6日 仕立てミス(発芽から48日目)


 栽培装置への定植は上手くいったようで、新芽が伸びてきました。もう少し大きくなったら支柱で支えないと風で倒れそうですね。


 主枝を見ると脇芽が出ているのが分かります。このまま伸ばしていると栄養が取られてしまうため、ハサミで切り取りましょう。


 作業が終わって休憩している時に、とある事実に気付いてしまいました。それは切り取る脇芽を間違えていたのです。ナスは3本立てで育てようと思っていたのですが、何故かピーマンの仕立てと勘違いして、1番花下の脇芽までを取ってしまいました…切ってしまった芽は戻らないので、次に出てくる脇芽2本を育てていきます。

 

2022年5月19日 1番花の開花(発芽から61日目)



 この一週間でかなり背丈が伸びました。先端部には脇芽が出てきていますので、これを伸ばして3本立てにしていきます。


 発芽から2ヶ月目にして1番花が咲きました。このナスは一口サイズの実をつけるので花も小さいかと思いきや、意外にも大きかったです。上手く実になるでしょうか?