イタリア野菜の「カーボロネロ(黒キャベツ)」を水耕栽培中。どんな味なのか今から楽しみです


 会社帰りにホームセンターに寄ると、園芸コーナーでイタリア野菜フェアをやっていました。置いてある苗を見ると、育てたことのあるスティッキオやケールの他に、縮れた葉を持つ苗がありました。その名前は「カーボロネロ」です。ラベルには詳細が書かれていなかったので、とりあえず購入してみることにしました。

 帰宅してこのカーボロネロについて調べると、非結球キャベツの一種で、どちらかと言うとケールに近いようです。葉の色が濃いために日本では『黒キャベツ』とも呼ばれています。収穫時期は秋〜春で、厳寒期には甘みが増して美味しくなるそうです。スーパーでも見たことがない野菜なので、どんな味なのか食べてみるのが楽しみです。

 今回はフェアで気になった野菜カーボロネロを水耕栽培します。購入した苗は土で育てられているので、その土を洗い流して水耕に移行させます。種からの栽培と異なり既にある程度のサイズになっていますので、初収穫までの時間は短いと思います。それでは栽培の開始です。

 

 

 

栽培装置


 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てました。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

アオムシ・イモムシ対策薬

f:id:haruirosoleil:20181014202615j:plain
 葉物野菜の天敵は葉を食害するアオムシ・イモムシです。もし葉を食べられているようでしたら、退治薬である「STゼンターリ顆粒水和剤」を散布します。希釈倍率は1000倍とし、葉に定着しやすいように展着剤(商品名:ダイン)を加えます。

 

2022年9月3日 根洗い&植え替え(0日目)


 こちらが手に入れたカーボロネロです。葉には縮れによる凹凸があり、色はダークグリーンとなっています。立ち姿はケールとかなり似ていますね。


 この株は土で育てられているので、根洗いをして土を落とします。バケツに水を張って、その中で優しく根を崩していきます。


 土を完全に取り除くことはできないので、ある程度のところで止めました。細かい根は切れてしまいますが、時間がたてば再生すると思います。


 続いて、5号ポリポットに培地(バーミキュライト)を入れ、根洗いをしたカーボロネロを植え付けます。植え付け後は液肥をたっぷりと与えました。


 これで植え替えの終了です。竹の割り箸を仮支柱として使っています。今後1週間ほどは直射日光が当たらない明るい日陰に置いて、根が伸びて来るのを待ちます。

 

2022年9月11日 植え替え成功(8日目)


 植え替えから1週間が経過しました。どの葉も枯れ落ちることなく、そして前回の報告時よりも少し大きくなっているのが分かります。上手く根付いたようです。今後は様子を見て日向へと出そうと思います。

 

2022年9月21日 順調に成長(18日目)


 特に何事もなく、順調に成長しています。このペースならば、9月末〜10月初旬に栽培装置への定植ができそうです。


 ちなみに割り箸の支柱ですが、常に湿っているためカビだらけとなってしまいました。見た目が良くないので、次回からはプラスチック製のものを使います。

 

2022年9月28日 栽培装置に定植(25日目)


 残暑も終わり、ようやく朝晩が涼しい気候になってきました。それに伴ってカーボロネロの成長も加速しています。新しい葉がどんどん出てきており、葉のサイズも上部になるほど大きいです。
 天気予報と私の予定、そして株の成長具合を考えると、今日が定植する良いタイミングです。それでは栽培装置を用意して植え付けましょう。


 ポリポットを取り出し、株元が栽培装置の中心となるようにセットしました。そして周りをバーミキュライトで埋めて、液肥で十分に湿潤させます。


 これで定植の完了です。今後は太陽の良く当たる場所に置いて、更に成長するのを待ちます。

 

2022年10月24日 初収穫(51日目)


 この1ヶ月間は特筆すべき点はなく、かなり順調に成長しました。キャベツとは異なり結球はせずに等間隔で葉が出てきています。


 葉の表面にはブルームがあるためか、軽い雨がかかっても綺麗な水玉となって滑り落ちていきます。


 葉は十分に大きくなっていますので、本日最初の収穫を行います。大きく育っているものを中心にハサミでカットしていきます。



 まずは1枚目の収穫完了です。葉全体に粗い凹凸があり、縁が内側にカールしているのが特徴です。普通のキャベツのような柔らかさは感じず、厚みを感じる触感です。


 この調子で収穫を続け、今回は8枚が採れました。邪道かもしれませんが、今回の分はざく切りにして鍋の具材として使ってみました。味に癖はなく、長い時間加熱しても歯ごたえがしっかりと残っていました。初めての食材なので、調理方法をもう少し研究していきたいと思います。



 収穫後の株がこちらの写真になります。かき取り収穫をしたので半分より上の葉は残っています。葉の枚数が回復したら、再び採りましょう。



黒キャベツ 種子 カーボロネロ 40粒 キャベツ

《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら