片栗粉で作る「ミルクわらび餅」のレシピを紹介します。練乳を入れてコクを出すのがポイントです


 以前、水の代わりに牛乳を使った「ミルクわらび餅」を作りました。しかし食べてみると水っぽく、あまり美味しい物ではなかったです。そこで味に深みを出すために、練乳を入れることにしました。すると牛乳だけでは出ないコクが生まれ、美味しいわらび餅となりました。

 使う材料は片栗粉・グラニュー糖・練乳・牛乳の4つだけです。これらを火にかけて冷やせば完成します。とても簡単ですね。それではミルクわらび餅のレシピを紹介します。

 

 

 

材料
  • 片栗粉 50g
  • グラニュー糖 50g
  • 練乳 20g
  • 牛乳 400g

 

作り方
  1. 鍋に全ての材料を入れる
  2. かき混ぜながら中火で加熱する
  3. とろみが付いてきたら弱火にする
  4. ひと塊になったら、2分ほど練る
  5. 水で濡らした型に入れる
  6. 上面を均す
  7. 氷水で冷却する
  8. 型から取り出す
  9. 食べやすい大きさに切る
  10. 完成

 

作り方の実際とコツ


 グラニュー糖・片栗粉・練乳をフライパンに入れます。今回使っているフライパンは直径20cm(容量:1.1L)です。もう一回り大きいサイズの物の方が作りやすいかもしれないです。


 牛乳を入れて加熱していくと、徐々にトロミが出てきます。


 さらに加熱を続けると小さな塊ができてきて、


ひと塊になります。この状態になったら2分ほど練って完全に火を通します。


 この生地を型に入れます。型は事前に水で濡らしておき、型抜けを良くしておきます。


 熱いうちに表面を均します。この時はシリコンヘラを使いましたが、水で濡らしながら作業をすると生地がヘラにへばり付かないのでおすすめです。


 均し終えたら、冷水で冷やし固めます。


 十分に固まったら型から取り出して切り分けます。ここでも包丁を水で濡らしながら切ると具合が良かったです。


 最後に器に盛り付けて完成です。ほんのりとした甘みと牛乳の風味が心地良く、ペロリと食べてしまいました。そのまま食べても美味しいですが、私は牛乳ときな粉をかけるのが好きです。

 ミルクわらび餅は使う材料が少なく、簡単に作ることができます。甘さや濃さはグラニュー糖と練乳で調整できますので、好みの味にして頂ければと思います。ぜひとも食べて頂きたいお菓子です。