不思議な野菜?果物?「ペピーノ」を水耕栽培しています。実の味は(メロン+洋梨)/2+αとのことで、今から収穫が楽しみです

f:id:haruirosoleil:20220411082805j:plain
 春のホームセンターは好きです。色々な野菜の苗が並んでおり、見ているだけ飽きないです。例に漏れず今年も屋外の園芸コーナーを歩いていると、初めて見る苗が置いてありました。その名前は「ペピーノ」です。ラベルを読むと実を食べるものらしく、味はメロンと洋梨を足して割ったようなものとのことです。何となく想像できるような感じです。

 珍しい品種の苗は一期一会です。今を逃すと次はいつ入荷するのか分かりません。早速レジに持っていき、購入となりました。帰宅してからペピーノに付いて調べると、鉢植えでも十分に育てられるとのことです。私は水耕栽培を趣味としているので、この不思議野菜も水耕で育てたいと思います。

 今回の記事では、購入したペピーノの苗を水耕栽培装置に定植をして育てます。始めての野菜(果物?)なので上手く実らせられるか不安ですが、できるところまでは行きたいと思います。それでは栽培のスタートです。

 

 

 

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20220411084311j:plain
 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てました。改良点としては液肥槽に直接アクセスできるように、塩ビ管を通したことです。

f:id:haruirosoleil:20220411084313j:plain
 塩ビ管の先端は斜めに切り落とし、液肥が出入りしやすいようにしています。

f:id:haruirosoleil:20220411084319j:plain
 液肥を交換する際には、塩ビ管に灯油ポンプを挿して古い液肥を吸い出します。そして新しい液肥を塩ビ管を通して入れます。この改良により作業効率が上がると思います。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。栽培期間中は1~2週間に1度を目安に、液肥槽に入っている液体肥料の全交換を行います。

 

2022年4月11日 定植(定植から0日目)

f:id:haruirosoleil:20220411082808j:plainf:id:haruirosoleil:20220411082810j:plain
 こちらが今回育てるペピーノの苗です。品種は「ゴールドNo.1」となります。ペピーノに付いて軽く説明すると、

  • トマトの仲間(ナス科)のため、育て方はトマトと同じ
  • 原産地は南アメリカで、アンデス地方で栽培されている
  • 30℃以上の高温には弱く、真夏の直射日光が当たると葉焼けを起こすことがある
  • 挿し木で増やすことができる
  • 実が熟すと甘いメロンの風味を楽しめる

となります。

f:id:haruirosoleil:20220411082812j:plain
 ナスやトマトと同じ仲間ですが、葉を見る限りではそのように見えません。濃い緑色が特徴の葉です。

f:id:haruirosoleil:20220411082815j:plain
 購入した株にはすでに蕾が付いていました。実の収穫は意外と早くできるかもしれないですね。

f:id:haruirosoleil:20220411120856j:plain
 ポリポットから抜いて、根の状態を確認します。株がまだ十分に大きくないのか、根の量はあまり多くないです。

f:id:haruirosoleil:20220411120922j:plain
 それでは水耕栽培装置に植え替える準備をしましょう。苗は土で育てられているため、水の中で土を崩して取り除いていきます。できるだけ根を切らないように、指で優しく突くのがコツです。

f:id:haruirosoleil:20220411120924j:plainf:id:haruirosoleil:20220411120926j:plain
 根の量が少なかったので、比較的きれいに土が取れました。

f:id:haruirosoleil:20220411120929j:plain
f:id:haruirosoleil:20220411120932j:plain
 この株を栽培装置の中心に置き、周りをバーミキュライトで埋めます。そして液肥で十分に湿潤させました。

f:id:haruirosoleil:20220411120934j:plain
 最後にドーナツ状に切ったアルミ蒸着保温シートを培地上面に置いて、定植作業の完了です。取り付けた保温シートは培地に直射日光が当たるのを防いで、水分の蒸発を抑えるためのものです。また四角いタイルはめくれ防止の重石となります。
 定植を終えた株は数日間半日陰の場所に置き、根の回復を待ちます。その後は日向に出して成長するのを待ちます。

 

2022年4月16日 1番花の開花間近(定植から5日目)

f:id:haruirosoleil:20220416210504j:plainf:id:haruirosoleil:20220416210506j:plain
 定植してから5日が経過しました。根が定着したのか、少し大きくなったのが分かります。

f:id:haruirosoleil:20220416210508j:plain
 蕾は膨らみ、花びらが出てきました。今の姿から花を想像すると、ベースカラーは白で、赤紫色のラインが入りそうな感じですね。

 

2022年4月23日 開花(定植から12日目)


 ペピーノはゆっくりとですが、確実に葉の数を増やしています。


 脇芽も増えてきており、もう少し混み合ってきたら整枝が必要となりそうです。


 購入した当初から付いていた蕾が数日前から咲き始めました。花びらが単色のナスやトマトは異なり、白と紫の色合いがきれいです。はたして結実するでしょうか?

 

2022年4月30日 整枝(定植から19日目)


 買ってきた当初と比べると葉の数が多くなりました。順調に成長している証ですね。


 先日から咲いている花は、どれも結実せずに落ちてしまっています。気候がまだ適していないのかもしれません。


 ペピーノは脇芽が多く出る植物です。しかし放任していると実の付きが悪くなるため、整枝をして3本立てにします。主枝と伸びの良い脇芽を2本選び、残りはハサミで切り取っていきます。


 おおよそ葉の数が半分になりました。今後も脇芽は出てくると思うので、その都度取って残した枝の成長を促します。

 

2022年5月6日 結実(定植から25日目)


 この房は受粉しなさそう…と思っていましたが、上手くできたものが1個あるようです。花弁が落ちて、子房が少し膨らんでいます。実が収穫できるまでに1ヶ月ほどがかかりますので、期待して待っていましょう。

 

2022年5月14日 蕾の発見(定植から33日目)


 残した3本の枝は順調に成長しています。これらの枝からは再び脇芽が伸びてきましたので、前回と同じように切り取っておきます。


 枝の先端には新しい蕾が出始めています。来週には咲くでしょうか?


 実は直径1cmほどの大きさになりました。色は緑がかった白色です。ペピーノはどの様な味なのか気になります。早く食べたいですね。

 

2022年5月19日 アブラムシの発生(定植から38日目)


 ペピーノの丈は30cmほどとなっています。もうそろそろ支柱を立てる頃合いかもしれないです。


 実は直径2cmまで成長しました。まだまだ大きくなるはずです。


 最近、葉にアブラムシが付くようになりました。筆を使って払い落としているものの、徐々にその数が増えているように感じます。さらに増えるようでしたら、薬を使って退治をすることにします。


 100円ショップに行ったところ、園芸コーナーで「木酢液」を発見したので買ってしまいました。木酢液について調べると、やや疑問点は残りますが、植物の成長を促進させる効果があるそうです。そこで1000倍に希釈したものを、葉や茎にたっぷりと撒いておきました。今後は1週間に1度散布をして様子を見たいと思います。