先端が折れた「カラーピーマン」の水耕栽培に挑戦中。後から伸びてくる枝に実がなることを期待です

f:id:haruirosoleil:20220411082857j:plain
 大型のホームセンターに行くと、家の近くの店舗ではないような珍しい野菜の苗が売っています。すごく長いナスや変な形のトマトなどの中で、面白そうなピーマンを見つけました。それが写真の「カラーピーマン」です。ポットに取り付けてあるラベルを読むと、

  • 果肉厚はパプリカのように厚く、実なり数はピーマン並みに多収穫
  • 果重100~120g、果長20~23cm
  • 完熟果の最高糖度は8~9度

となっています。とても興味がわいたので、このカラーピーマンを購入して水耕栽培することにしました。

 がしかし、車で帰宅している途中でトラブルにあってしまいました。それは急ブレーキにより苗が倒れ、運悪く先端の成長点がポッキリと折れてしまったのです。当初は新しい苗を買おうと思っていたのですが、良い機会ですので先端部がなくなった苗がどのように成長していくか記録したいと思います。もし上手く回復するようでしたら、そのまま収穫できたらな思います。

 今回の記事では、転倒により先端が折れてしまったカラーピーマンの水耕栽培にチャレンジします。個人的には初期の成長が遅くなるだけで、後から伸びてきた枝に実がちゃんと成ると予想しています。それでは早速、苗を一回り大きなポリポットに植え替えましょう。

 

 

 

 

2022年4月11日 植替え(植替えから0日目)

f:id:haruirosoleil:20220411082859j:plainf:id:haruirosoleil:20220411082902j:plain
 こちらが購入してきた苗です。いくつかの中から1番良さそうな株を選んだのですが、結果としては残念な状態となってしまいました。

f:id:haruirosoleil:20220411082905j:plain
 勢いよく倒れた衝撃で双葉の片方が根本から折れ、もう片方は半分の場所で千切れました。

f:id:haruirosoleil:20220411082907j:plain
 そして先端はもげて、完全になくなっています。不幸中の幸いとしては、大きな本葉にダメージがなかったことでしょうか。

f:id:haruirosoleil:20220411083011j:plain
 転倒した時に土も溢れてしまいましたが、根が切れている雰囲気はありません。とりあえずは一安心です。この株は土で栽培されているので、土を落として培地(バーミキュライト)に植替えます。

f:id:haruirosoleil:20220411083013j:plain
 バケツに水を張り、その中で根を洗っていきます。指で軽く突きながら、根とからまっている土を崩します。

f:id:haruirosoleil:20220411083017j:plainf:id:haruirosoleil:20220411083019j:plain
 土はきれいに取り除けないため、ある程度のところで止めて次の工程に進みます。

f:id:haruirosoleil:20220411083022j:plain
 この株を直径15cmのポリポットに入れて、周りをバーミキュライトで埋めます。そして液肥(微粉ハイポネックス:希釈率1000倍)で十分に湿潤させました。

f:id:haruirosoleil:20220411083025j:plain
f:id:haruirosoleil:20220411083028j:plain
 最後に、ドーナツ状に切ったアルミ蒸着保温シートを取り付けて作業の完了です。保温シートで培地上面を覆うことで水分が蒸発しにくくなり、液肥を与える回数を減らすことができます。 

f:id:haruirosoleil:20220210210358j:plain
 植替えた株は半日陰で数日間養生をした後に、ベランダに設置している簡易ビニールハウスの中に入れて育てます。

f:id:haruirosoleil:20220412155613j:plain
 今後の動きですが、成長するはずの先端部がなくなっているため、おそらく脇芽を伸ばしてくると思います。本葉の付け根には小さな芽がありますので、これが成長して新しい先端となりそうです。

 

2022年4月16日 脇芽の成長(植替えから5日目)

f:id:haruirosoleil:20220416204719j:plain
f:id:haruirosoleil:20220416213531j:plain
 現在、4箇所から脇芽が出てきています。折れた先端部付近の2箇所と、中段にある本葉の付け根の2箇所です。順調に回復しているようです。

 

2022年4月23日  脇芽が大きくなる(植替えから12日目)


 脇芽は大きくなり、やっと葉らしい姿となってきました。もう少し成長したら、4本の脇芽から2本を選抜して栽培をしていこうと思います。

 

2022年4月30日 整枝(植替えから19日目)


 最近は日中の気温が25℃近くになる日があります。この高温のおかげかカラーピーマンの成長が非常に早くなっており、特に脇芽の葉が見違えるほど大きくなっています。


 脇芽の中で特に成長の良いものは、先端付近から出てきた2本です。そこで今後はこの2本を育てていくことにしました。


 栄養を集中させるために、他の場所から出ている脇芽はハサミで切り落とします。


 作業後の株が上の写真になります。脇芽の先端部を見ると、小さい蕾ができていました。主枝が折れた事故からはほぼ復活したようです。

 

2022年5月6日 栽培装置へ定植(植替えから25日目)



 時々アブラムが付くことがありますが、その度に筆を使って払い落としています。今のところは人の手で対処できる量ですので、農薬は使っていません。


 残した2本の枝は成長し、主枝と同じくらいの太さになっています。ここまで回復すれば栽培装置に定植しても良い頃合いです。念のため、根張りを確認しましょう。


 根は側面と底面に十分回っており、合格点です。それでは栽培装置に植え付けます。

f:id:haruirosoleil:20220411084311j:plain
 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てました。改良点としては液肥槽に直接アクセスできるように、塩ビ管を通したことです。

f:id:haruirosoleil:20220411084313j:plain
 塩ビ管の先端は斜めに切り落とし、液肥が出入りしやすいようにしています。

f:id:haruirosoleil:20220411084319j:plain
 液肥を交換する際には、塩ビ管に灯油ポンプを挿して古い液肥を吸い出します。そして新しい液肥を塩ビ管を通して入れます。


 ポリポットから株を外し、茎が栽培装置の中心となるように置きます。そして周りをバーミキュライトを埋め、液肥で十分に湿潤させました。


 最後にドーナツ状に切ったアルミ蒸着保温シートを培地上面に置いて、定植作業の完了です。取り付けた保温シートは培地に直射日光が当たるのを防いで、水分の蒸発を抑えるためのものです。また四角いタイルはめくれ防止の重石となります。
 この栽培装置を日のよく当たる場所に置き、それぞれの先端にある蕾が大きくなるのを待ちます。

 

2022年5月14日 定植成功(植替えから33 日目)


 栽培装置に定植してから1週間が経過しました。問題なく根付き、ぐんぐんと枝葉を伸ばしています。


 最初の分岐に付いた1番花は、株の成長を優先するために本日切り取りました。次の2番花も取り除き、3番花からを着果させていきます。