パプリカの水耕栽培に挑戦しています。ホームセンターで購入した苗を水耕栽培装置に植え替えましょう

f:id:haruirosoleil:20220409180239j:plain
 今年の夏には、是非ともパプリカを水耕栽培してみたいと思っていました。薄切りにして葉物野菜と混ぜるだけで鮮やかなサラダになりますし、マリネにしても美味しいです。また少し邪な理由もあります。スーパーではパプリカが1個100円ほどで売られています。手間代を除けは、実を5個くらい収穫できれば元が取れるはずです。

 当初、パプリカは種から育てる予定でした。しかしホームセンターの種コーナーにはパプリカの種袋が1種類しかなく、それも実の色(赤・黄・オレンジ)がミックスされているものだったのです。今回はオレンジ色の品種を育てたいので、この色を引き当てる確率は33%とあまり高くないです。一方でネット通販では特定の色の種を買えますが、値段が1袋500円以上もします。育てるのは1株だけなので、コストパフォーマンスがあまり良くないです。そのため種からの栽培は諦めて、苗から育てることにしました。

 パプリカの苗は5月の大型連休あたりから出回ると思っていましたが、すでにホームセンターで売っていました。この苗を一回り大きいポリポットに植え替えて育苗し、十分に暖かくなった頃に水耕栽培装置へ定植する予定です。それでは早速、パプリカの苗を用意しましょう。

 

 

 

 

2022年4月9日 植替え(植替えから0日目)

f:id:haruirosoleil:20220409180214j:plain
f:id:haruirosoleil:20220409180239j:plain
 今回購入したパプリカの苗がこちらです。実の色はオレンジを選びました。品種を知りたかったのですが、札には記載がなかったです。

f:id:haruirosoleil:20220409180216j:plain
 ポットから抜いて根を確認します。底に薄っすらと広がるように根が伸びています。

f:id:haruirosoleil:20220409180219j:plain
 購入した苗は土で栽培されているので、水耕にするために土を取り除きます。バケツに水を張って、その中で優しく土を崩していきます。ただ土は完全には取り切れないため、ある程度のところで止めます。

f:id:haruirosoleil:20220409180222j:plain
f:id:haruirosoleil:20220409180225j:plain
 土を落とすと随分と軽くなりました。根の切れも最小限にできたと思います。

f:id:haruirosoleil:20220409180227j:plain
 この株を直径15cmのポリポットに入れて、周りをバーミキュライトで埋めます。そして液肥(微粉ハイポネックス:希釈率1000倍)で十分に湿潤させました。

f:id:haruirosoleil:20220409180249j:plainf:id:haruirosoleil:20220409180252j:plain
 これにて植替え作業の終了です。このポリポットは数日間明るい日陰に置いて、根が伸びてくるのを待ちます。

f:id:haruirosoleil:20220210210358j:plain
 その後はベランダに設置した簡易ビニール温室の中に入れて、1番花が開花する前まで育苗します。

 

2022年4月16日 成長中(植替えから7日目)

f:id:haruirosoleil:20220416210402j:plainf:id:haruirosoleil:20220416210405j:plain
 温室に入れているおかげか、順調に成長をしています。買ってきた時よりも葉が2〜3節分増えました。ちなみに、株元にある銀色のものはアルミ蒸着保温シートです。培地から水分が蒸発しにくくなるように取り付けています。

f:id:haruirosoleil:20220416210408j:plain
 新しく出てくる本葉は緑色がとてもきれいです。写真には収められませんでしたが、すでに小さな蕾が付いています。
 株自体は成長していますが、栽培装置に定植するにはまだ早いです。5月の大型連休付近に植え付けができればな、と思っています。

 

2022年4月30日 栽培装置に定植(植替えから21日目)


 葉の数も多くなり、高さも出てきました。前回見つけた蕾は膨らみ、もうすぐで咲きそうです。程よい大きさに成長しているため、栽培装置に定植をしましょう。


 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てました。改良点としては液肥槽に直接アクセスできるように、塩ビ管を通したことです。


 塩ビ管の先端は斜めに切り落とし、液肥が出入りしやすいようにしています。液肥を交換する際には、この塩ビ管に灯油ポンプを挿して古い液肥を吸い出します。そして新しい液肥を塩ビ管を通して入れます。


 それでは作業に移ります。茎が栽培装置の中心となるように置き、周りをバーミキュライトで埋めます。


 またこのタイミングで摘蕾を行います。株の充実を優先するために、1番花と2番花になる蕾をハサミで摘みました。3番花からを実らせていく予定です。
 ピーマンは蕾が付くと、そこから二手に分岐する性質があります。しかし今回は最初の分岐が三叉になっていたので、そのうちの1本を切り落として2本となるようにしました。


 これで定植の終了です。培地上面に取り付けてあるのは、アルミ蒸着保温シートです。直射日光を遮って、培地からの水分蒸発を抑える効果があります。最後に栽培装置を日当たりの良い場所に置いて、さらに株が成長するのを待ちます。

 

2022年5月6日 脇芽の摘み取り(植替えから27日目)


 先端部分の成長は順調です。葉も増えましたし、3番花の蕾もだんだんと大きくなってきています。


 主枝から脇芽が出てきていたので、最初の分岐より下の芽を全てカットしました。これで栄養が分散されず、成長点に集中するはずです。

 

2022年5月19日 蕾が膨らむ(植替えから40日目)


 パプリカは分岐を繰り返しながら、上へ上へと成長しています。茎も太くなり、立派な姿になっています。


 3番花となる蕾が膨らんできました。来週中には咲きそうな感じですね。