バケツ式水耕栽培装置でミブナを大株に育てます。寒さに強いので、冬の食卓で活躍してくれるでしょう


 2020年の秋にミブナをセルトレイ栽培しました(参考記事:ベランダで「ミブナ」をトレイ水耕栽培中です。水菜との違いを確かめましょう)。その際、余った株を何気なしに庭に植えてみました。するとぐんぐん大きくなり、春になると一抱えほどの巨大なミブナに成長したのです。

 大株になった要因としては、長い栽培期間と、庭が故に根の伸びるスペースが広かった事が考えられます。そこで今回は8Lのバケツを利用した大型の水耕栽培装置で長期間ミブナを育て、大株にしてみようと思います。栽培期間は数ヶ月を予定しており、十分に大きくなったら外葉から徐々に収穫をしていきます。

 ミブナは寒さにとても強く、霜が降りても雪が降っても枯れることはないです。そのため採れる野菜の少なくなる冬に活躍してくれそうです。株が大きくなればなるほど収穫量が増えるので、今からとても楽しみにしています。それでは栽培を始めましょう。

 

 

 

栽培装置


 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てました。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

アオムシ・イモムシ対策薬

f:id:haruirosoleil:20181014202615j:plain
 葉物野菜の天敵は葉を食害するアオムシ・イモムシです。もし葉を食べられているようでしたら、退治薬である「STゼンターリ顆粒水和剤」を散布します。希釈倍率は1000倍とし、葉に定着しやすいように展着剤(商品名:ダイン)を加えます。

 

2022年8月24日 種蒔き


 8月末とは言え、まだ日差しが強い日が多いです。そのため栽培装置に直接種を蒔かず、移動させやすいポリポットで育苗させます。
 3号ポリポットに培地であるバーミキュライトを入れ、液肥で湿潤させました。ここにミブナの種を5個置き、3mmの厚さとなるように覆土を行いました。なお、培地上面に取り付けているドーナツ状の物は、アルミ蒸着保温シートです。土と比べてバーミキュライトは乾燥が早いので、水分の蒸発防止として乗せています。
 このポリポットは半日陰の場所に置いて、発芽するのを待ちます。

 

2022年8月27日 発芽(発芽から0日目)


 双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。種を5個蒔いて全てが発芽しました。ミブナの様なアブラナ科は発芽率が良くて、安心して見守ることができますね。

 

2022年9月3日 1回目の間引き(発芽から7日目)


 ミブナの成長は早く、すでに株同士の双葉が触れ合ってきています。このまま育てると栄養が分散してしまうので、間引きを行いたいと思います。


 育ちの悪い株を中心に、ハサミで切り取っていきます。


 2株を残して、1回目の間引きの終了です。次の間引きは本葉が成長した頃に行います。

 

2022年9月11日 2回目の間引き(発芽から15日目)


 現在5枚目の本葉が出てきている最中です。双方の葉が絡まっているので、2回目の間引きを行いましょう。


  葉の生育が良かった方を残しました。今後十分に育ったら、栽培装置に植え付ける予定です。


トーホク 壬生菜

《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら