春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

メレンゲを作る時のボールの大きさ。卵白1個分ですと容量0.9Lが丁度良いです

f:id:haruirosoleil:20180318201123j:plain

 お菓子作りでは卵白を泡立てた「メレンゲ」を使うことが良くあります。ババロアもそうですし、ガトーショコラもメレンゲを使って口当たりの良さを出しています。

 メレンゲを作る時には、ボールに卵白を入れて、泡立て器または電動ハンドミキサーで泡立てます。私は大きさの違うボールを2個持っており、泡立てる卵白の量で使い分けています。そこで卵白何個分まではこの大きさのボールで大丈夫、それ以上ならこのサイズのボールにする、ということをメモ代わりに残したいと思います。

 まず私の持っているボールのサイズは、

・容量0.9L(直径18cm)
・容量2.5L(直径25cm)

の2つです。また卵白は電動ハンドミキサーで最大3個分まで泡立てたことがありますので、その経験をもとにして書いていきます。

 まず卵白1個分を泡立てる時です。この量ですと1〜2人分のお菓子でしょうか。1個分の場合には、容量0.9Lのボールが丁度良い大きさです。飛び散ることもなく、作業性は良好です。大は小を兼ねるで、容量が2.5Lのものを使っても問題はありませんが、液面の高さが低くなるので、泡立てる作業が少しやりにくいかもしれないです。

 次は卵白2個分です。容量0.9Lのボールで泡立てると、ぎりぎりまでとは言いませんが、結構縁の近くまで来てしまいます。丁度記事トップの写真が、卵白2個分を容量0.9Lのボールで泡立てたものになっています。

 私はピーターに付着したメレンゲも無駄なく使いたいので、ピーターをボールの中で高速回転させて遠心力で吹き飛ばしています。縁の近くまでメレンゲがあるので、上手く操作しないとボールから飛び出して、体とテーブルが大変なことになってしまいます。ですので、容量0.9Lのボールで2個分の卵白を泡立てるのはあまりおすすめできないです。この場合には容量2.5Lのボールを使うと、飛び散りもないので安心してメレンゲを作ることができます。

 卵白3個分の場合は容量2.5Lのボールを使用しましょう。この大きさではないと泡立てているうちに溢れてしまいます。やったことはありませんが、このサイズならば卵白4個分のメレンゲを作っても大丈夫だと思います。

 
容量0.9Lのボール
容量2.5Lのボール
卵白1個分
卵白2個分
卵白3個分
×

 上記をまとめるとこのようになります。私が作るメレンゲを使ったお菓子は、卵白を1~2個分泡立てるレシピが多いです。ですので容量が0.9Lと2.5Lのボールでは、微妙にどっち付かずの状態になってしまっています。1.5Lのサイズがあると丁度良さそうです。

 メレンゲを作る時には、使う卵白の個数に対応する大きさのボールを使いましょう。卵白は「少し」かもしれませんが、泡立てると空気を含んで結構な体積になります。卵白1個分は0.9L、2個分は1.5L、3個分は2.5Lの容量がベストの大きさかと思います。