春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

カブの一種「もののすけ」を水耕栽培。物珍しさに惹かれたので育ててみます

f:id:haruirosoleil:20180909092448j:plain
 カブと言えば普通、スーパーに売っている拳くらいの白い野菜を想像します。確かにホームセンターの種コーナーを見てもやはり白い色が中心で、少数ではありますが赤カブも売られています。しかしそんな中で普通のカブとは違う種を発見してしまいました。そこれが『もものすけ』と呼ばれる品種です。

 もものすけはカブの一種で、サラダなどにしても食べられるそうです。このカブの特徴的な点は、その色と皮です。色は赤カブのように真紅ではなく、爽やかなピンク色をしています。また皮は桃のように手で剥けるらしいのです。こんなカブは見たことがありませんでした。

 あまりにも変なカブですので、この種を買ってみることにしました。種袋を手に取ると、残念なことに種は少ししか入っていないようです。次に値札を見たのですが、これにはかなり驚きました。なんと1袋で400円もしているのです。私は今までにこれほど高価な種を購入したことはありません。しばらく悩んだ末、結局は物珍しさに勝てずに買ってしまいました。はたして本当に桃のようなカブができるのでしょうか?それでは、もものすけを水耕栽培で育ててみましょう。

 

 

もものすけの種

f:id:haruirosoleil:20180909092457j:plain
 もものすけはカブですので、アブラナ科の植物になります。そのため直径が1mm程度の球形をしています。同じアブラナ科である大根の種を買った時には、育てきれないほどの種が入っていました。しかし、もものすけは指先程度の容量しかありません。きっとそれほど貴重な品種なのでしょう。
 収穫は実の直径が5〜12cmになったらできるとのことです。今回の栽培ではできるだけ太らせてから採りたいと思います。

 

水耕栽培装置&液体肥料

今回使用する水耕栽培装置はこの記事《底面給水式の水耕栽培装置を改良。水面が低下しても液肥が供給されるようにしました》のものを使用しました。
 この装置のカップの直径は約6cmとなっています。このままですと、あまり大きいカブにすることはできません。そこで今回はバーミキュライトをカップの上の方まで入れて、カップの縁より上で太らせることにしました。上手できるかは不明ですが、実験も兼ねてやってみます。
 ちなみに液体肥料は微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈して使用します。

 

2018年9月8日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20180909092459j:plain
 バーミキュライトの培地に種を1カップあたり3〜4個蒔きました。発芽するまでは室内に置いて管理をします。アブラナ科の発芽は早いので、数日後には芽が見えると思います。

 

2018年9月10日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20180910204858j:plain
 双葉が開きましたので、本日を発芽から0日目とします。普通のアブラナ科の茎は白いのですが、もものすけは既に少しだけ赤い色をしています。

 

2018年9月13日 双葉が大きくなる(発芽から3日目)

f:id:haruirosoleil:20180914205151j:plain
 発芽してすぐの苗はひ弱な感じでした。しかし今では双葉が大きくなり、しっかりとした姿になってきています。

f:id:haruirosoleil:20180916203608j:plain
 双葉の間から本葉が見えてきています。もうあと数日で開きそうですね。

2018年9月16日 本葉が開く(発芽から6日目)

f:id:haruirosoleil:20180916203707j:plain
 前回見えていた本葉が開いてきました。それぞれの株の本葉が触れ合ってきたので、もう少し育ったら間引きをしようと思います。