聖護院カブを水耕栽培しています。茎が大きくなるので、バケツ式装置を使って育てます


 聖護院大根の種を買うためにホームセンターに行ったところ(参考記事:聖護院大根を水耕で育てます。丸大根ならば上手く栽培できるかもしれないです)、見た目がほぼ同じ野菜の種を発見しました。それは「聖護院カブ」です。どちらも可食部が太く大きくなる品種であり、種蒔き時期や育て方、そして名前がかなり似ています。

 双方の外見に差はあまりないですが、肥大化する部位は全く異なります。大根は『根』が太くなりますが、カブは『茎』が太くなるのです。以前に小カブを水耕で育てたことがあり、上手く収穫まで行けました。この経験から、かなり大型になる聖護院カブも育てられる気がしてきました。

 そこで今回の栽培では、聖護院カブを水耕栽培してみます。茎の直径が15〜20cmにもなる品種のため、バケツを利用したビックサイズの装置を使って育てます。はたして1kg超えのカブが採れるかどうか…それでは種蒔きを始めましょう。

 

 

 

栽培装置


 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てました。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

アオムシ・イモムシ対策薬

f:id:haruirosoleil:20181014202615j:plain
 葉物野菜の天敵は葉を食害するアオムシ・イモムシです。もし葉を食べられているようでしたら、退治薬である「STゼンターリ顆粒水和剤」を散布します。希釈倍率は1000倍とし、葉に定着しやすいように展着剤(商品名:ダイン)を加えます。

 

聖護院カブの種


 聖護院カブは大きくなるカブですが、種は直径1mmほどしかありません。以前育てた小カブの種とサイズは全く変わらないです。

 

2022年9月4日 種蒔き


 栽培装置の中央に大根の種を5個置き、厚さ5mmほどとなるように覆土を行いました。この装置は日の良く当たる屋外に置き、発芽するのを待ちます。

 

2022年9月7日 発芽(発芽から0日目)


 双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。5個の種を蒔いて、全ての種から芽が出てきました。非常に良好な結果です。

 

2022年9月11日 1回目の間引き(発芽から4日目)


 発芽から4日が経過し、双葉が大きくなってきました。また中心部からは小さな本葉が出ています。間引きするには少しサイズが小さいですが、次の終末まで待つと大きくなり過ぎそうです。そこで本日、1回目の間引きをしてしまいます。


 成長が遅い株をハサミで切り取っていきます。


 5株→2株にして、1回目の間引きは終わりです。もう少し成長するのを待ちましょう。

 

2022年9月21日 2回目の間引き(発芽から14日目)


 予想以上に成長が早いです。前回の報告時と比べると10倍は大きくなっていそうです。


 カブの葉は暑さに弱いのか、直射日光が当たるとすぐにシナっとしてしまいます。しかし夕方になると元の状態に戻ります。


 それでは2回目の間引きをしましょう。同じ様な成長度合いですので、どちらを残すのか悩みました。



 これにて間引きは終了です。アオムシやイモムシの食害に注意しつつ、大きく育つのを見守っていきます。


サカタのタネ 実咲野菜5472 聖護院大丸かぶ カブ 00925472

《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら