聖護院大根を水耕で育てます。丸大根ならば上手く栽培できるかもしれないです


 以前に牛乳パックやペットボトルで大根の栽培を試みました(参考記事:①ミニ大根を牛乳パックで栽培中。限られたスペースでどこまで成長するのか確かめます ②ペットボトルでフルサイズの大根を半水耕栽培。収穫物は根長25cmと予想していますが、どう育つでしょうか?)。しかしやはり容器の高さが足りないためか、根の長いものは収穫できなかったのです。そこでふと思い付きました。根の浅い「丸大根」ならば上手く育てられるのではないかと。

 丸大根とはカブの様な形をしている大根のことです。この大根は横に広がるので、長大根と比べて下方向の土が少なくても大丈夫なはずです。早速種を買いにホームセンターに行き、丸大根の一種である『聖護院大根』を手に入れました。この品種の特徴は根が直径20cm 重さ4kgと、かなり大きく育つことです。そのためペットボトルではなく大型の栽培装置を使って育てることにしました。

 今回の栽培では、丸大根である聖護院大根の水耕栽培に挑戦します。秋蒔き冬採りの大根なので害虫の被害は少ないでしょう。それでも虫、特にアオムシが発生したら適切に薬を使って株を守っていきます。それでは種蒔きを始めましょう。

 

 

 

栽培装置


 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てました。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

アオムシ・イモムシ対策薬

f:id:haruirosoleil:20181014202615j:plain
 葉物野菜の天敵は葉を食害するアオムシ・イモムシです。もし葉を食べられているようでしたら、退治薬である「STゼンターリ顆粒水和剤」を散布します。希釈倍率は1000倍とし、葉に定着しやすいように展着剤(商品名:ダイン)を加えます。

 

聖護院大根の種


 聖護院大根は大きくなる丸くなる品種ですが、種は長大根と見た目は変わりません。やや歪な卵型で、茶色の外皮をしています。

 

2022年9月4日 種蒔き


 栽培装置の中央に大根の種を5個置き、厚さ5mmほどとなるように覆土を行いました。この装置は日の良く当たる屋外に置き、発芽するのを待ちます。

 

2022年9月7日 発芽(発芽から0日目)


 双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。大根の双葉は意外と大きいので、種蒔きの時には間隔を開け気味にすると具合が良いでしょう。

 

2022年9月11日 1回目の間引き(発芽から4日目)


 発芽から4日間が経過しました。茎が伸び、既に本葉が出てきています。


 成長スピードが思っていたよりも早いです。そのため1回目の間引きを行って、スペースを開けます。成長の遅い株を中心に、茎をハサミで切っていきます。


 5株を2株にして作業終了です。このまま本葉の枚数がもう少し増えるのを待ちます。

 

2022年9月21日 2回目の間引き(発芽から14日目)


 たった10日間でかなり大きくなりました。本葉は3枚ほどが出てきており、立派な株になりつつあります。


 本葉の形は長大根と同じように深い切れ込みが入っています。それではこの2株を1株に間引きましょう。


 若干ですが、茎の細い方をハサミで切ります。


 2回目の間引きも終わりました。あとは株元の肥大化が始まるのを待つばかりです。


だいこん 種子 冬どり 聖護院 略称:しし 丸大根 (9ml)

《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら