春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

見切り品の「クレソン」を水耕栽培。挿すだけなので手軽に育てられます

f:id:haruirosoleil:20181007211501j:plain
 「クレソン」はウォーターレタスとかオランダガラシとも呼ばれている葉物野菜で、田んぼや沼などの湿った場所に生えています。マスタードのようなピリッとした辛味があり、肉料理の付け合せやサラダとして食べられています。

 以前、庭でクレソンを育てたことがあります。その時は春に苗を植えて、大きくなるのを楽しみに待っていました。ところが初夏の頃には元気がなくなり、真夏になったら葉が溶けて、株自体が消失してしまったのです。クレソンは暑さに弱いと聞いていましたので半日陰に植えたのですが、それでも夏の暑さは厳しかったようです。

 クレソンは湿った環境を好む植物ですから、水耕栽培との相性が良さそうです。リベンジも兼ねて、いつか育ててみたいなと思いつつ月日がたってしまいました。

f:id:haruirosoleil:20181007211454j:plain
 そしてこの週末、スーパーに行ったところ、見切り品コーナーに40%OFF(税込み74円)で売られているクレソンを発見したのです。そのクレソンは全体的にしなびており、一部の葉は黄色に変色していました。しかし「栽培する」には問題なさそうです。それでは、この廃棄される寸前のクレソンを水耕栽培で増やして食べてみたいと思います。

 

 

 

クレソンの根

f:id:haruirosoleil:20181007211457j:plain
 実はクレソンは茎を水に挿しておくだけで発根し、成長してくれます。今回手に入れたクレソンはすでに根が出ていましたので、この状態のまま培地に埋めて育てようと思います。
 種から育てるとこの大きさになるまでに2〜3週間はかかりますから、栽培時間の大幅な短縮ができますね。

 

2018年10月7日 定植(定植から0日目)

f:id:haruirosoleil:20181007211501j:plain
 買ってきたクレソンをそれぞれのカップに1〜2本挿しました。深さは節が2個埋まる程度です。
 最初は葉も付けていたのですが、あまりにもしなびていたので切り取ってしまいました。

f:id:haruirosoleil:20181007211504j:plain
 もちろん全ての葉を取り除いたわけではなく、元気そうな葉は残しました。しかし中には、ただの茎だけになってしまったものもあります。はたして、この状態でもちゃんと芽は出てくれるのでしょうか?若干の不安が残ります。
 クレソンを定植した水耕栽培装置は、明るい日陰に置いておきました。数日間は様子を見て、何事もないようでしたら日向に移動させようと思います。 

 

2018年10月11日 シャキッとする(定植から4日目)

f:id:haruirosoleil:20181012205146j:plain
 クレソンを挿してから4日がたちました。前回の写真を見ると、どの株もシナシナで頭が垂れていました。しかし今では、シャキッと立ち上がっているのが分かるかと思います。

f:id:haruirosoleil:20181012205149j:plain
 いくつかの枝は枯れてしまっていますが、

f:id:haruirosoleil:20181012205152j:plain
生き残った枝からは新しい葉が出てきました。

f:id:haruirosoleil:20181012210113j:plain
 今回は節を2つ分挿しましたが、そこから芽が出てきている株もあります。クレソンの成長はかなり早いようですね。
 

2018年10月14日 脇芽が出る(定植から7日目)

f:id:haruirosoleil:20181014210635j:plain
 クレソンをバーミキュライトに挿して、一週間がたちました。特に枯れそうな株はないので、明るい日陰から日が当たる2階のベランダに移動させました。

f:id:haruirosoleil:20181014210638j:plain
 前回の報告した時よりも、先端部分の葉が大きくなっています。

f:id:haruirosoleil:20181014210641j:plain
 それぞれの節からは新しい脇芽が出てきました。これが育てば立派なクレソンになることでしょう。すぐに元は取れそうです。