春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

セルクルから中身を抜く方法。加熱したタオルを使うと良いでしょう

f:id:haruirosoleil:20180909102811j:plain
 お菓子作りの道具に「セルクル」と呼ばれる型があります。形状は底のないリングで、型と言うよりも枠に近いものです。主にタルトやクッキーなどで使われています。

 初めてセルクルでレアチーズケーキを作った時、「この型からどうやって取り出すのだろう?」と疑問に思いました。以前使っていた型は底が抜けるタイプでしたので、それほど苦ではなく取り出せたからです。

 そこでネットでセルクルからの取り外し方を調べてみました。しかしあまり需要がないのか、その方法はいまいち分かりませんでした。そこで色々と試行錯誤をして、セルクルからチーズケーキを上手く取り出す方法を見つけたのでご紹介します。

 

f:id:haruirosoleil:20181003213947j:plain
 最初に気を付けてほしいことがあります。この記事で書いている方法は、レアチーズケーキのようなゼラチンで固めるお菓子に使うものです。焼き菓子ではおそらく使えないので注意が必要です。

 それではセルクルから取り出す方法を説明しましょう。用意する道具は、

・セルクルの内径より少し小さい板

です。できればセルクルとの隙間が、あまり開かないものが理想です。

f:id:haruirosoleil:20180909102811j:plain
 ここからが実際の作業になります。まずタオルを水で適度に濡らし、手で持てないくらいの熱さになるまで電子レンジで加熱します。このタオルをセルクルに巻いて、周りを温めます。タオルを触ってみて熱くなければ、加温終了です。

f:id:haruirosoleil:20180909102803j:plain
 次に取っ手のないコップを、縁が下になるようにテーブルに置きます。そして用意した板を上に乗せます。

f:id:haruirosoleil:20180909102808j:plain
 この上にセルクルを置いて、型を両手で支えます。そしてゆっくりと下方向に型を動かしていけば、セルクルから中身を取り外すことができます。

f:id:haruirosoleil:20180909102835j:plain
 セルクルを温めることでゼラチンが柔らかくなり、取り外しがしやすくなります。もちろん加温なしでも、中身を抜くことは可能です。しかしその場合、少し力が必要になるのと、型と接していた面にざらつきが出てしまいます。美しく作るためにも、できるだけ温めて取る方法をおすすめします。

 セルクルは今まで使ったことのない道具でしたので、取り外すコツをつかむまでに時間がかかりました。セルクルに合う板が見つかれば、あとは加熱したタオルで簡単に抜くことができます。この記事が皆様のお菓子作りの役に立てればと思います。

 

私が使っているセルクルは、赤川器物製作所(AG)が販売している直径15cmのものです。このメーカーが出している12cm用セルクル敷板が、15cmセルクルにピッタリとはまったので、私はこれを利用しています。もし見つからない場合には、何か代用できそうな板を探しましょう。