春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

自作の水耕栽培装置で「ミニチンゲンサイ」を栽培。上手く育つか心配です

f:id:haruirosoleil:20181206203352j:plain
 先日、一斗缶を利用した水耕栽培装置を自作しました。装置の大きさは幅35cm・奥行24cm・高さ24cmとなっており、この中で野菜を育てます。高さが24cmしかないので、培地を使うことを考えると、育てられる野菜は15〜20cmの大きさのものに限られてしまいます。そこでこのサイズで収穫できる野菜を探してみました。

 今まで育てたことのある野菜は、どれも20cmを超えるものですのでダメでしょう。意外と大きさの制限が厳しく、育てられる野菜がない…と思いながら数日が経過しました。ふと100円ショップに寄ったところ、種コーナーにちょうど良い野菜を発見しました。それが「ミニチンゲンサイ」、商品名「はやどりチンゲンサイ」です。このチンゲンサイは名前の通り高さが10cm、約1ヶ月で収穫できますので、私にとって理想の野菜です。

 今回の記事では、自作した水耕栽培装置でミニチンゲンサイを育ててみます。完全な室内栽培は初めてなので、収穫までちゃんと行けるのか少し不安です。それでは装置を組み立てて、種を蒔いてみましょう。

 

 

 

 

 

ミニチンゲンサイの種

f:id:haruirosoleil:20181206203655j:plain
 種は直径2mm程度で、球形をしています。ミニサイズと言っても、種は普通のチンゲンサイと同じ大きさでした。 

 

水耕栽培装置&液体肥料

f:id:haruirosoleil:20181206203406j:plain
 水耕栽培装置は、この記事《一斗缶で水耕栽培装置を自作。穴開け工具費込みでも3000円台でできました》のものを使用しました。
 植物育成用ライトは最も明るい状態で使用し、光を当てる時間は1日あたり12時間としました。もちろん日光には当てず、完全室内栽培をします。液体肥料は微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2018年12月2日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20181206203957j:plain
 種は培地であるバーミキュライトに蒔きました。特に埋めることはせずに、培地の上に置いただけです。これらのカップは発芽するまで、部屋の隅に置いておきます。
 季節は冬となり、夜の冷え込みがだんだんと厳しくなってきています。きちんと発芽してくれるでしょうか?

 

2018年12月4日 もう少しで発芽

f:id:haruirosoleil:20181206204104j:plain
 私の心配をよそに、2日目にしてミニチンゲンサイの種は発芽しそうになっています。発芽率も良好で、蒔いた種のほとんどから根が出てきています。

f:id:haruirosoleil:20181202084407j:plain
 明日には双葉が開くと思いますので、このタイミングで水耕栽培装置に入れて育てていきます。

 

2018年12月5日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20181206204254j:plain
 双葉が開きましたので、本日を発芽0日目とします。茎が少し長いことが気になりますが、とりあえずこのまま育てていきましょう。

 

2018年12月9日 1回目の間引き(発芽から4日目)

f:id:haruirosoleil:20181209113537j:plainf:id:haruirosoleil:20181209113550j:plain
 ミニチンゲンサイは双葉が完全に開き、前回の報告の時よりもかなり育ちました。さらによく観察すると、双葉の間から早くも本葉が出てきています。

f:id:haruirosoleil:20181209113611j:plain
 今は1カップあたり5~6株がある状態です。そこで1回目の間引きをして、3株にしようと思います。株を間引く際には、ハサミで根元を切り取ります。指でつまんで引っこ抜く方法もありますが、こうすると隣の株も一緒に抜けてしまう恐れがあります。ですので私はいつも切り取る方法で間引きを行っています。

f:id:haruirosoleil:20181209113556j:plain
 これにて作業は終了です。トレーを再び水耕栽培装置の中に入れて、ピンク色の光を当てます。こんな色の光なのに育つのが不思議ですね。