プラグトレイで水菜を水耕栽培しています。夏なので小株採りを目指します

f:id:haruirosoleil:20200804213257j:plain
 夏に水菜を育てる際、栽培期間を長くして大株にすると葉が固くなってしまいます。そのため同じ重さならば小株で多数を収穫した方が、美味しく食べられます。

 私が普段使っている水耕栽培装置は、6株を同時に育てることができます。しかし今回のような早採りでは、微々たる量にしかならないでしょう。一度にもっとたくさん育てられる装置の方が効率が良いです。そこで目につけたのが「トレイ栽培法」です。

 この方法は育苗で使うプラグトレイで種蒔き〜収穫までを行う育て方です。72穴のトレイでは株同士が約5cm間隔ですが、小株採りならば大丈夫でしょう。それでは栽培のスタートです。

 

 

 

 

水菜の品種

f:id:haruirosoleil:20200804213308j:plain
 育てる水菜の名称は「サラダみずな」で、品種は『早生千筋京水菜』になります。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

栽培場所

f:id:haruirosoleil:20200802202939j:plain
 夏は日光が強すぎて、葉が縮れたり枯れたりする葉焼けが起きる可能性があります。そこで遮光率22%の寒冷紗を設置し、その内側で栽培します。

 

アオムシ・イモムシ対策薬

f:id:haruirosoleil:20181014202615j:plain
 葉物野菜の天敵は葉を食害するアオムシ・イモムシです。そのためこれらの対策薬である「STゼンターリ顆粒水和剤」を定期的に散布していきます。希釈倍率は1000倍とし、葉に定着しやしいように展着剤(商品名:ダイン)を加えます。

 

2020年8月2日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20200804213402j:plain

f:id:haruirosoleil:20200804213406j:plain
 栽培装置はこの記事 《カブのトレイ栽培に挑戦中。水耕栽培を応用して土の代わりにバーミキュライトを使ってみます》を参考にして組み立てます。
 液肥で湿潤させた培地に種を1セルあたり4〜5個蒔き、覆土は3mmほどとしました。水切りトレイに液肥はまだ入れずに、室内の涼しい場所に置いて芽が出てくるのを待ちます。

 

2020年8月3日 もうすぐ発芽

f:id:haruirosoleil:20200808061901j:plain
 培地がこんもりと持ち上がり、黄色い葉が少し見えています。明日には発芽すると思いますので、栽培装置を屋外に出します。

 

2020年8月4日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20200808063431j:plain
 双葉が開きましたが、暑さのためか若干茎が伸びている株があります。とりあえずは本日を「発芽から0日目」として記録していきます。
 液肥はこのタイミングで水切りトレイに入れました。量はプラグトレイの底が触れる程度とし、減ったら適宜補充をしていきます。液肥の全交換は3〜4日に1回する予定です。

 

2020年8月6日 間引き(発芽から2日目)

f:id:haruirosoleil:20200808063828j:plain
 双葉が大きくなってきたので、1回目の間引きを行いましょう。

f:id:haruirosoleil:20200808063913j:plain
 発芽に失敗している株や、徒長している株を中心に切り取っていきます。

f:id:haruirosoleil:20200808063922j:plain
 これで作業は完了です。茎が長いので倒れないか心配です。

 

2020年8月9日 撤退→蒔き直し(発芽から5日目)

f:id:haruirosoleil:20200810062123j:plain
 本葉が出てきましたが、順調な成長とは言い難い状況です。

f:id:haruirosoleil:20200810062126j:plain
  茎が細いせいで自分の重さに耐えられず、傾く株が多く出てきました。

f:id:haruirosoleil:20200810062129j:plain
 中には株元の茎が干からび、完全に倒れたものもあります。
 全体的に茎が伸び気味で、これからの成長はあまり期待できそうにないです。原因はおそらく液肥を入れたタイミングが早かったためです。発芽時の暑さと多湿により、徒長したのでしょう。今回の水菜は諦めて、一度全て抜き取ります。

f:id:haruirosoleil:20200810062251j:plain
 そして再度種を蒔き、発芽するのを待ちます。次は液肥を入れるタイミングを遅らせて栽培をしてみます。

 

2020年8月13日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20200813185852j:plain
 本日、大半の種が発芽しました。多湿にならないようにしても、茎が伸び気味の株が出てきています。ここ数日の気温は35℃を超えているので、やはり水菜の夏蒔きは難しいようです。とりあえずはこのまま栽培を続けます。

2020年8月15日 間引き(発芽から2日目)

f:id:haruirosoleil:20200815205550j:plainf:id:haruirosoleil:20200815205552j:plain
 双葉の間から本葉が出てきました。それでは間引きを行いましょう。

f:id:haruirosoleil:20200815205555j:plain
 できるだけ背の低いものを残しました。
 天気予報を確認すると、最高気温が35℃を超えるのも来週までだそうです。それ以降は30℃前後となるので、もうしばらくの辛抱です。

 

2020年8月17日 伸びる茎(発芽から4日目)

f:id:haruirosoleil:20200822152641j:plain
 もうずっと暑いです。水菜の茎はさらに伸びています。

f:id:haruirosoleil:20200822152643j:plain
 とうとう倒れる株が出てきてしまいました。今のところこの1株だけなので、株元に培地を盛って垂直に戻しておきます。他の株も傾きつつあるので、この流れは止められそうもないです。

 

2020年8月22日 倒れる株(発芽から9日目)

f:id:haruirosoleil:20200822152723j:plain
 前回から5日が経過しました。本葉が成長し、水菜らしい姿になってきています。

f:id:haruirosoleil:20200822152729j:plain
 しかし先端部が重くなったせいで、8割くらいの株が倒れています。倒れても成長はするので、とりあえずは栽培を続けましょう。

 

2020年8月29日 脇芽が出てくる(発芽から16日目)

f:id:haruirosoleil:20200830133720j:plainf:id:haruirosoleil:20200830133723j:plain
 かなり葉が茂ってきました。種蒔きから2週間でこのサイズになるとは、思っていたよりも成長が早いです。

f:id:haruirosoleil:20200830133726j:plain
 脇芽も出てきたので、来週にはさらに水菜らしい姿となるでしょう。

 

2020年9月5日 もうすぐ収穫(発芽から23日目)

f:id:haruirosoleil:20200906182927j:plainf:id:haruirosoleil:20200906182930j:plain
 発芽当初のヒョロヒョロ水菜の姿はもうありません。立派なジャングルに育ちつつあります。

f:id:haruirosoleil:20200906182935j:plain
 葉も食べごたえがある大きさになりました。

f:id:haruirosoleil:20200906182931j:plain
 茎の分岐は増えていますが、もう少し多くしたいです。収穫は次の週末としましょう。

 

2020年9月12日 収穫(発芽から30日目)

f:id:haruirosoleil:20200912154222j:plainf:id:haruirosoleil:20200912154225j:plain
 非常にわしゃわしゃしており、収穫するには丁度良い茂り具合になりました。

f:id:haruirosoleil:20200912154228j:plain
 株元からの分岐も十分です。
 ふと大きな葉を見ると、緑色が少し抜けているところがありました。おそらくハダニでしょう。この水菜だけではなく、別のトレイで育てている小松菜にも同様の被害があります。もしかしたら移ってきたのかもしれません。

 f:id:haruirosoleil:20200912154233j:plain
 葉を裏返すとやはりいました、ハダニです。ハダニは写真のように赤くて小さな虫です。

f:id:haruirosoleil:20200912154235j:plain
 この写真をパソコンで見ていたら、ハダニの周りに粒々したものがありました。画像を拡大すると卵のようにも見えます。もし仮にこれが全て孵化したら、すごい勢いで増えますね…

f:id:haruirosoleil:20200912154239j:plain
 それはさておき、収穫に入りましょう。ハサミで株元を切っていきます。

f:id:haruirosoleil:20200912154246j:plain
 これで収穫の完了です。重さを測ると、24株で261gでした。この水菜はよく水洗いをして、サラダの具材として使いました。エグ味もなくて美味しかったです。

 

まとめ

f:id:haruirosoleil:20200912154243j:plain
 水菜のトレイ栽培は大成功でした。発芽した時は茎が間延びしてどうなるかと思いましたが、結果としては特に問題なく育ちました。次は気温の落ち着いた時に種蒔きをして、不安のない発芽を迎えたいです。

 この記事が水菜の水耕栽培のお役に立てれば幸いです。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 


住友化学園芸 殺虫剤 STゼンターリ顆粒水和剤 20g
《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら

ゼンターリ顆粒水和剤はアオムシ対策におすすめの薬です。微生物から抽出した成分でできているので、化学農薬のように使用回数の制限がないことが特徴です。以前、何十匹というアオムシが付いた赤カブに使いましたが、1回で大半がいなくなりました。素晴らしい効果です。


住友化学園芸 展着剤 ダイン 100ml
《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら

展着剤とは植物への付着性や浸達性などを高め、薬の効果をより安定させる薬剤です。成分を簡単に説明すると、洗剤(界面活性剤)です。薬が雨で流れにくくなるので、私はできるだけ添加するようにしています。