土耕栽培のキャベツ苗を水耕栽培装置に移植。上手く育ってくれるかドキドキです

f:id:haruirosoleil:20190825204424j:plain
 今年の秋には「キャベツ」を水耕栽培しようと前々から計画をしていました。キャベツの株は巨大になりますが、これを5Lサイズの栽培装置で育てられるか試してみたかったのです。

 私が野菜の種を仕入れる先は100円ショップが多いです。先日、最寄り駅の店舗に行ったところ秋野菜の種が入荷されていました。もちろんキャベツも種あります。念のため買う前に種袋に書いてある栽培方法を見たところ、何と収穫は翌年の春と書いてあるではありませんか。てっきり今種蒔きをすれば11月くらいに採れると思っていました。

 一旦家に帰り改めて調べると、キャベツは夏蒔きだと秋収穫、秋蒔きだと翌春収穫なことが分かりました。さらに悪いことに、今の時期は季節の変わり目で種蒔きには適していないのです。完全に出遅れました。がっかりとしたその時、頭の中に良い案が思い浮かびました。ホームセンターで売っている『苗』を水耕栽培したらどうか?ということです。

 売っている苗を使えば種蒔き〜苗作りまでの1ヶ月ほどを短縮できますので、秋には収穫できるでしょう。また以前メロンを育てた際に同じような方法を使いました(参考記事:【病気で撤収】水耕栽培で「ニューメロン」作りにチャレンジ!甘くなるように祈りながら育てています)。この経験から考えるに、土耕栽培をしている苗を水耕栽培にしても大丈夫な気がします。

 この記事では、ホームセンターで売っている土耕栽培のキャベツの苗を水耕栽培装置に移植して育てます。少し不安ですが、この移植が成功すれば様々な野菜に応用できるでしょう。それではホームセンターに苗を買いに行ってきます。

 

 

 

 

キャベツの苗

f:id:haruirosoleil:20190825204424j:plain
 今回使用するキャベツの苗は、ホームセンターで1株80円くらいで購入しました。品種は『しずはま1号』です。この品種をネットで検索すると、

特性

  1. 高温肥大性の優れた葉深系に春系を一部組み入れた初夏~夏まき用の秋どり種。春まきもできる。
  2. 萎黄病抵抗性をもち、黒腐病にも強く、耐暑性もあって育苗、栽培は容易。
  3. 肥大性、耐圃性に優れ収量が多い。家庭菜園用にも好適。
  4. 甲高扁円球で球揃いよく、定植後60~65日で1.2~1.3kg、70日余りで1.5kgに肥大する。
  5. 葉色は明るい緑色、葉の波打ちは少ないが、葉質は柔らかく、食味が大変よい上質種。

 

出典:有限会社石井育種場(しずはま1号)

とのことです。
 苗には本葉が6〜8枚があり、この状態からスタートできると、収穫までの期間が短くて育てるのが楽ですね。

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20190825204454j:plain
 今回利用する栽培装置は、容量が5Lの容器の蓋に直径5cmの穴を開けただけのシンプルなものです。スポンジを使ってこの穴に苗を固定します。
 装置の四隅から伸びているのは、防虫ネットを掛けるための支柱です。キャベツは横に大きく広がるのでいつまで使えるかは分かりませんが、限界までネットの中で育てたいと思います。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。この液肥の素は、名前の通り粉状です。水に溶かしても溶けない成分がありますが、これで大丈夫です。溶け残りごと栽培装置の中に入れましょう。 

 

2019年8月25日 移植(移植から0日目)

f:id:haruirosoleil:20190825204529j:plain
 水耕栽培装置に苗をセットするにあたり、まず根の周りの土を取り除きます。

f:id:haruirosoleil:20190825204533j:plain
 バケツに水を張り、その中で土をほぐしていきます。揉むと根が切れてしまうので、指で突くようにして優しく崩すと具合が良かったです。

f:id:haruirosoleil:20190825204536j:plain
 土は完全には取れませんので、ある程度落ちたのを確認して水から引き上げます。

f:id:haruirosoleil:20190825204539j:plain
 そうしたら株元を食器洗い用スポンジで挟み、栽培装置の穴に差し込みます。

f:id:haruirosoleil:20190825204543j:plain
 栽培装置には縁ギリギリまで液肥を入れて、できるだけ根が浸るようにしました。
 今回は2株を同時に育てていきます。もし片方に何かあっても、もう片方は収穫できるようにバックアップ体制を整えます。

f:id:haruirosoleil:20190825204544j:plain
 最後に害虫が入らないよう不織布を被せて移植の完了です。この状態で明るい日陰に2〜3日置いて養生し、その後日光の下に出す予定です。

 

2019年8月31日 定着(移植から6日目)

f:id:haruirosoleil:20190831153243j:plain
f:id:haruirosoleil:20190831153241j:plain
 現在2つのキャベツを育てていますが、写真の都合上こちらの株をメインで記録していきたいと思います。
 苗を移植をしてから3日間を日陰での養生期間とし、その後は日なたに移動させました。太陽に当たっても極端に葉がしおれることもありませんでしたので、土耕から水耕への移行は上手くいったようです。

f:id:haruirosoleil:20190831153247j:plain
 先週と比べると茎が成長し、新しい葉も数枚出てきました。

f:id:haruirosoleil:20190831153249j:plain
 液肥層はこの様になっています。移植後に伸びたであろう白い根が何本も漂っています。もう少し根の量が多くなれば、成長も早くなりそうですね。

 

2019年9月1日 ぐったり気味(移植から7日目)

f:id:haruirosoleil:20190901203527j:plain
 上手く定着したと思いきや、ちょっとぐったり気味になってきました。今日は薄曇りの天気ですが、それでも水の吸収が間に合っていないようです。やはり根のダメージはまだ残っているのでしょう。頑張って新しい根を伸ばしてほしいです。

 

2019年9月7日 病気にかかる(移植から13日目)

f:id:haruirosoleil:20190907200121j:plainf:id:haruirosoleil:20190907200124j:plain
 先週と比べると、葉が数枚増えた気がします。成長は問題なく進んでいると思いきや、実は病気を患ってしまったかもしれません。

f:id:haruirosoleil:20190907200127j:plain
 葉を持ち上げて株元を見ると、一部分がこのように茶色になっているのです。これは洗い残しの土ではなさそうです。拡大してみましょう。

f:id:haruirosoleil:20190907200130j:plain
 どうも茎の表皮が腐っているようです。茶色い液がスポンジに移っているのが見て取れます。指で触って匂いを嗅いでみましたが、特に腐敗臭はしませんでした。この症状をネットで調べると「根朽(こんきゅう)病」に近いものがあります。

キャベツ根朽病

 生育全期間にわたって発生するが、幼苗期から生育前期に発生すると被害が大きい。苗では茎葉に黒色小斑点を生じ、水浸状になり速やかに軟化、枯死する。本圃に定植後では、地際部の茎に黒褐色小斑点を生じ、次第に拡大して灰緑色を呈し、細くくびれる。地下部の茎と根も侵されるので、日中葉が萎凋し、茎の細くなった部分から折れて倒伏・枯死する。葉・茎・葉柄では、初め紫褐色の小斑点を生じ、やがて拡大して円形、灰緑色の大型病斑を形成する。病斑は乾燥して潰瘍状を呈し、黒色小斑点を多数生じる。

出典:タキイ株式会社 キャベツ根朽病

f:id:haruirosoleil:20190907200133j:plain
 根朽病の治療薬を調べると、手元にある「ダコニール1000」が使えそうです。この薬を1000倍となるように水道水で希釈しました。

f:id:haruirosoleil:20190907200135j:plain
 そしてキャベツに散布していきます。農薬なのでもちろん手袋は必須です。

f:id:haruirosoleil:20190907200137j:plain
 ここで一つ失敗したのに気付きました。それは薬の付きを良くする「ダイン(展着剤)」を入れ忘れてしまったことです。キャベツの葉は新葉になるほど撥水性が良いので、コロコロと転がって地面に落ちてしまいます。今回は多めにスプレーしてどうにかなりましたが、次回からはしっかりと添加したいと思います。
 また、もしかしたら液肥に病原菌がいるかもしれないので、念のため全交換を行いました。今できることはこのくらいです。完治するのを祈りましょう。

 

2019年9月14日 症状の改善(移植から20日目)

f:id:haruirosoleil:20190914094257j:plainf:id:haruirosoleil:20190914094300j:plain
 一週間が経過し、キャベツは見るからに大きくなりました。育った葉が装置からはみ出そうなので、もうそろそろ防虫ネットの中での栽培は難しくなりそうです。

f:id:haruirosoleil:20190914094414j:plain
 中心部からは次々に新しい葉が出てきています。

f:id:haruirosoleil:20190914094316j:plain
 前回の姿と大きく違うのは「茎の太さ」です。特に先端部分が太くなっています。この位置でキャベツができるのでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20190914094326j:plain
 ところで根朽病っぽい患部は、今こんな感じとなっています。先週この部分は、どす黒い緑色で、ドロドロとしていました。今は薬を撒いたおかげで、乾き気味の明るい茶色となっています。症状は改善傾向にあるようです。

f:id:haruirosoleil:20190914094421j:plain
 液肥層の根は、地上の大きさの割に少ないです。
 一時は病気のために撤収も考えられましたが、どうにか良くなって一安心です。やはり薬の力は偉大です。まだまだ栽培は続きますので、今後も注意深く見守っていきたいと思います。