水道管の継ぎ手に「つっかえ棒」を通してキャベツを水耕栽培。落下を防げるか試してみます。

f:id:haruirosoleil:20191027182931j:plain
 今年の秋、買ってきたキャベツの苗を水耕栽培装置に移植して育てました。

参考記事:土耕栽培のキャベツ苗を水耕栽培装置に移植。上手く育ってくれるかドキドキです 

f:id:haruirosoleil:20191006070239j:plain
 水耕栽培は土耕栽培と異なり、根で地上部を支えることができません。そこで何かしらの方法で固定するのですが、この時には茎をスポンジで挟んで穴に入れる方法を使いました。

 キャベツは順調に大きくなり、どんどん葉が広がってきます。そして風が強かった日に事件が起きました。地上部の重さに耐えきれず、株が液肥槽に落ちてしまったのです。どうもスポンジの固定力では、キャベツの重量を支えきれないようです。

 そこで今回は「つっかえ棒」が付いた水道管の継ぎ手を利用して育ててみます。もちろんそんな都合の良いものは売っていないので、材料を買ってきて自作します。初めての試みなので上手く行くか分かりませんが、継ぎ手を加工して種蒔きをしてみましょう。 

 

 

 

 

キャベツの種

f:id:haruirosoleil:20191104180609j:plain
 育てる品種は『中早生二号』です。蒔き時が春・夏・秋と広く、球は1.5kg前後になる育てやすいキャベツとのことです。本来の種は茶色だと思うのですが、農薬処理をされているため青色となっています。
 キャベツを秋蒔きする場合、収穫は来年の春になります。ちょっと長い戦いになりそうなので、病気に注意しつつ育てようと思っています。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。この液肥の素は、名前の通り粉状です。水に溶かしても溶けない成分がありますが、問題ありません。溶け残りごと栽培装置の中に入れましょう。

 

栽培装置の作成

f:id:haruirosoleil:20191103183115j:plain
 今回は水道管の継ぎ手(TS-FS25)を使ってキャベツを育てます。
 継ぎ手の側面に直径4.5mmの穴を2つ開け、直径4mmのステンレス棒を通します。そして接着剤で固定します。この「つっかえ棒」が地上部を支えることになります。強度は十分にあり、指で押したくらいではびくともしません。

f:id:haruirosoleil:20191103183124j:plain
 次に給水布とスポンジを取り付けます。 そして継ぎ手の縁までバーミキュライトを入れ、液肥で湿潤させます。

f:id:haruirosoleil:20191103183135j:plain
 この継ぎ手に「圧力分散板」を取り付け、蓋に穴を開けた5L容器に差し込みます。これをもう1セット、合計2個を作りました。

f:id:haruirosoleil:20191103195010j:plain
 圧力分散板とは、穴の開いたプラスチックの板です。継ぎ手の縁は狭いため、上から過剰な力がかかると蓋が割れる可能性があります。この板を取り付けることで圧力を分散させ、破損や変形を防止しているのです。

f:id:haruirosoleil:20191104180654j:plain
 最後に直射日光を遮るためのアルミ保温シートと、防虫ネットをかけるための支柱を取り付けて完成です。外に出す際には支柱の上から不織布をかけて、裾をヒモで縛り虫の侵入を防ぎます。

 

2019年11月3日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20191103183156j:plain
 種はそれぞれの継ぎ手に4個置き、厚さ数mmとなるように覆土を行いました。液肥は給水布が浸るくらいの量を入れています。
 今の季節は昼と夜の寒暖差が大きいです。そのため昼は屋外に、夜は室内に取り込んで発芽するのを待ちます。

 

2019年11月8日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20191109164246j:plain
 無事に発芽しましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。
 合計8個の種を蒔いて、全てから芽がでました。素晴らしい結果です。

 

2019年11月16日 1回目の間引き(発芽から8日目)

f:id:haruirosoleil:20191116184245j:plainf:id:haruirosoleil:20191116184249j:plain
 白菜などの他のアブラナ科と比べると、キャベツの成長はゆっくりな気がします。今は小さな本葉が出てきたところです。

f:id:haruirosoleil:20191116184252j:plain
 双葉が触れ合ってきたので、このタイミングで1回目の間引きを行います。成長の遅いものを2つ選び、ハサミを使って株元から切り取ります。

f:id:haruirosoleil:20191116184255j:plain
 これで間引きの完了です。次の間引きは本葉が数枚出た頃を予定しています。

 

2019年11月24日 本葉の成長(発芽から16日目)

f:id:haruirosoleil:20191124125855j:plain
 間引きをして2本残した株は、今のところどちらも同じ成長度合いです。 

f:id:haruirosoleil:20191124125859j:plain
 小さいながらも、本葉はそれっぽい形となってきました。キャベツの葉は1枚1枚が大きいですが、この本葉もそのくらいになるのでしょうか?

 

2019年11月30日 エアレーション開始(発芽から22日目)

f:id:haruirosoleil:20191130194334j:plainf:id:haruirosoleil:20191130194336j:plain
 季節が冬に突入したようです。この前は最高気温が10℃に届かない日があり、軽装で外に出たことを後悔しました。こんな気温のせいかキャベツはあまり成長しておらず、見たところ中心にある新葉が数mm伸びただけです。

f:id:haruirosoleil:20191130194342j:plain
 地上部の変化は少ないですが、根はちゃんと伸びています。
 以前の経験から、キャベツの栽培時にはエアレーションが必要なことが分かりました。そこで根が見えた本日から、エアーポンプを使って液肥をブクブクさせていきます。

f:id:haruirosoleil:20191130194352j:plain
 エアレーションをする前に、栽培容器の加工をしましょう。縁に幅6mmほどの切り込みを入れて、送気チューブを入れても蓋がしっかりと閉まるようにしました。

f:id:haruirosoleil:20191130194356j:plain
 エアーストーンは上手く沈むように、適当な石の板を重りとして括り付けています。エアーポンプは水作の「水心 SSPP-2S」を用意しました。

f:id:haruirosoleil:20191130194410j:plain
 今まで使っていた液肥は全て捨て、新しい液肥を継ぎ手の底に触れるくらいまで入れました。ここにエアーストーンを投入し、ポンプの電源をONにします。空気が送られると、直径5mmくらいの泡が勢いよく出てきました。これならば空気の供給と液肥の撹拌が十分にできそうです。

f:id:haruirosoleil:20191130194345j:plain
 エアレーションの開始と同時に、2回目の間引きを行いました。

f:id:haruirosoleil:20191130194413j:plain
 現在、栽培装置はこのように並んでいます。中央と右が今回のキャベツです。ちなみに左は晩夏から水耕栽培をしているキャベツです。1つのエアーポンプで、3つの栽培装置に空気を送っています。
 これから12月 1月 2月と、さらに寒さが厳しくなります。もしかしたら雪が降る日もあるかもしれません。春になるまでは不織布を掛けて保温をし、株が傷まないようにしていきたいと思います。

 


水作 水心 SSPP-2S
 《楽天市場での検索結果はこちら

今回使っているエアーポンプはこの商品です。水深25cmでの吐出量が3000mL/分なので、3つの栽培装置を同時にエアレーションしてもまだ余裕があります。万が一、送気機構が壊れてもパーツが別に売られており、ユニットごと簡単に交換できる親切設計です。
 水心シリーズには3つのグレードがあり、それぞれのスペックは、

SSPP-2S
・最大吐出量3500mL/分
・水深25cmでの吐出量3000mL/分
・吐出量調整機能 あり 

SSPP-3S
・最大吐出量2500mL/分
・水深25cmでの吐出量1500mL/分
・吐出量調整機能 あり

SSPP-7S
・最大吐出量2000mL/分
・水深25cmでの吐出量1000mL/分
・吐出量調整機能 なし

となっています。自分の育てている栽培装置の数や大きさによって選びましょう。また実際に使う際には、

送気チューブ
逆流防止バルブ
エアーストーン
チューブコネクター

が必要になるので、用意するのを忘れずに。

 


サカタのタネ 実咲野菜2006 四季まきキャベツ 中早生二号 00922006
《楽天市場での検索結果はこちら