「アイスプラント」を水耕栽培。大きくなったら液肥に塩を入れて育てる予定です

f:id:haruirosoleil:20190831191750j:plain
 「アイスプラント」と呼ばれる野菜をご存知でしょうか?この野菜は非常に個性的な見た目をしています。なんと葉や茎に小さな粒々がたくさん付いているのです。これは余分な塩類を出すための袋で、透明でキラキラと輝いています。初めて食べた時は、プチプチした食感とほんのりとした塩味に驚きました。

 塩味の秘密は育て方にあります。普通の野菜は塩水を与えると枯れてしまいます。しかしアイスプラントは塩水をあげて成長させるのです。体に取り込まれた塩分はツブツブの袋に溜め込まれ、これが塩味の元になっています。ちなみに海水と同じくらいの塩分濃度(約3.5%)でも耐えられるので、塩害にあった土地を浄化する研究にも使用されているとのことです。

 アイスプラントの肉厚な葉を見ていると、何となく水耕栽培でも育てられそうな気がしてきました。そこで今秋にはアイスプラントの栽培に挑戦することに決めました。種はホームセンターに売っているのを見たことがあります。早速買ってきたので、栽培装置を用意して種蒔きをしましょう。  

 

 

 

 

アイスプラントの品種と種

f:id:haruirosoleil:20190831191819j:plain
 品種は「プチサラ」で、種はコーティングが施され直径2mmくらいとなっています。アイスプラントの種はかなり小さいので、この加工により蒔きやすくしているとのことです。
 発芽率を確認するために種袋の裏面を見ると、まさかの《50%以上》となっていました。今まで買った種の中で一番低いかもしれません。1袋に20個の種しか入っていないので、仮に半分しか芽が出なかったとしたら実質10個です。実際の発芽率はもっと良いことを期待しています。

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20190902210615j:plain
 使用する栽培装置は、この記事《水道管の継ぎ手を利用した水耕栽培装置。これで培地のコストが少なくなるはずです》を参考にして組み立てました。継ぎ手にはTS-FS25を使用しています。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。1.5kg入りのものもありますが、家庭菜園レベルでは500g入りが一番使いやすいです。 

 

2019年9月1日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20190902210632j:plain
 培地に種を3個ずつ置き、厚さ数mmとなるように覆土をしました。予定では最低1個は発芽してくれるはずです。
 液肥は継ぎ手の底に触れない程度の量(約2L)を入れました。何もトラブルがない限りは、この量で育てていきます。

f:id:haruirosoleil:20190902210643j:plain
 アイスプラントは温度が25℃を超えると発芽しにくくなります。今の外気温は30℃くらいありますので適温とは言えないです。そこで保冷剤を入れたクーラーボックスに栽培装置を入れ、20〜25℃となるように調整しました。この状態で芽が出てくるのを待ちます。 

 

2019年9月3日 1つ発芽しそう

f:id:haruirosoleil:20190904052023j:plain
 アイスプラントの種に変化がありました。この写真では全く分かりませんので、拡大してみます。

f:id:haruirosoleil:20190904052026j:plain
 1つの種から細い茎が出てきました。まだ双葉は種の殻の中に入っており、姿を見ることはできません。このままクーラーボックスの中に置いておくと、光がないので徒長してしまうでしょう。そのため栽培装置を取り出し、比較的涼しい明るい日陰に移動させました。
 現在、9月と言うのに暑いです。今週は最高気温が35℃に達する日もありそうなので、アイスプラントの発芽に影響がありそうです。やはりもう少し涼しくなってから蒔くべきだったでしょうか… 

 

2019年9月6日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20190907061713j:plain
 今のところ、全ての継ぎ手で1個ずつの芽が出ました。本日を「発芽0日目」として記録をしていきたいと思います。

f:id:haruirosoleil:20190907061758j:plain
 前回報告した一番最初に出た芽は、少し徒長気味です。クーラーボックスで発芽させた場合、タイミングが悪いと24時間暗闇の中で成長することになります。もしかしたら光に当たる時間が短くて徒長したのかもしれません。

 f:id:haruirosoleil:20190907061740j:plain
 一方で、こちらは2つ目以降の芽になります。日陰とは言え光がある環境で発芽したので、茎は間延びしていません。やはり次からは無茶をせず、発芽適温になったら種蒔きたいと思います。

 

2019年9月14日 全く成長せず(発芽から8日目)

f:id:haruirosoleil:20190914201017j:plain
 発芽してから約1週間。双葉が開いた株は本葉が出ると思いきや、全く変化がありません。アイスプラントの成長は遅いと聞いていましたが、これほどとは…

f:id:haruirosoleil:20190914201020j:plain
 現在、各継ぎ手に1株ずつ生えていますが、その1つが急に倒れてしまいました。やはり気候的に種蒔きはまだ早かったのでしょうか?この継ぎ手は一旦このままにしておいて、もう少し涼しくなったら追加で種蒔きをしたいと思います。

 

2019年9月15日 本葉?(発芽から9日目)

f:id:haruirosoleil:20190922100916j:plain
 昨日、 アイスプラントが全く成長していないと書きました。しかしよく目を凝らして見たところ、双葉の間に何かがあるのを発見しました。この写真では見えないので拡大します。

f:id:haruirosoleil:20190922100919j:plain
 双葉の付け根に本葉っぽい?ものがあります。あまりにも小さいので確証はありませんが、数日待てば答えが分かるでしょう。

 

2019年9月22日 本葉が出る(発芽から16日目)

f:id:haruirosoleil:20190922101523j:plain
 前回より1週間が経過しました。やはり双葉の間にあったものは本葉でした。

f:id:haruirosoleil:20190922101534j:plain
 ゴマ粒よりも小さかった本葉は成長し、今では双葉と同じ大きさとなっています。

f:id:haruirosoleil:20190922101538j:plain
 本葉を超拡大した結果、葉の表面に水滴のようなものが付いているのが分かりました。この大きさでもアイスプラント特有の塩を溜め込む袋ができているようです。正直な話をすると、この粒々よりも、この粒々を撮れるカメラに驚きました。

f:id:haruirosoleil:20190922101528j:plainf:id:haruirosoleil:20190922101532j:plain
 最近は気温が下がってきたので、ダメだった継ぎ手に種を蒔き直しました。3個を追加して蒔いて全部発芽したので、発芽率は100%です。やはり気温が大切ですね。
 下の写真になりますが、最初に発芽した株は、葉の重さに耐えられず倒れてしまいました。もし調子が悪いようならば、奥にいる発芽した方の株を育てたいと思います。 

 

2019年9月28日 株が倒れる(発芽から22日目)

f:id:haruirosoleil:20190928144527j:plain
 この位置から見ると代わり映えしないですが、それぞれの株はちゃんと成長しています。

f:id:haruirosoleil:20190928144529j:plain
 新しく蒔いた種は本葉が出てきました。こちらも目では見えないくらいの粒々がたくさんあります。

f:id:haruirosoleil:20190928144532j:plain
 最初に芽が出た株に引き続き、2番目の株も倒れてしまいました。しかし不調で倒れたわけではなさそうです。もしかしたらこの状態で育つのかもしれないので、とりあえず様子見です。
 発芽してから現在まで、日の光が数時間しか当たらない日陰で育てているのですが、いつ日なたに出そうか悩んでいます。直射日光に当たると溶けてしまいそうで怖いです。今の段階では、最高気温が25℃を下回った頃に移動しようかなと考えています。

 

2019年10月13日 日なたに移動(発芽から37日目)

f:id:haruirosoleil:20191013103310j:plain
 やっと暑さも収まってきましたので、先週あたりから日なたに出して育てています。適温になったおかげか、いくらか成長スピードが上がった気がします。

f:id:haruirosoleil:20191013103316j:plainf:id:haruirosoleil:20191013103318j:plain
 以前、株が倒れてしまうと報告しましたが、どうもこれで正常みたいです。今は全ての株が写真のように倒れながら成長しています。もう少し大きくなったら間引きをして、1つの継ぎ手に対して1株にしようと思っています。 

 

2019年10月27日 急に成長(発芽から51日目)

f:id:haruirosoleil:20191027090940j:plain
 朝晩が寒くなってきた今日この頃、アイスプラントの適温になったのか急に成長してきました。

f:id:haruirosoleil:20191027091027j:plain
 指先と比べると、このくらいの大きさになっています。前回の写真とは姿が全く違いますね。やはり種蒔きは適切な時期に行うべきなのを再確認しました。 

f:id:haruirosoleil:20191027091208j:plain
 3株のうち、この株はまだ小さいです。きっとこれも来週には大きくなっていることでしょう。

 

2019年11月9日 縮れ根(発芽から66日目)

f:id:haruirosoleil:20191111045911j:plainf:id:haruirosoleil:20191111045920j:plain
 前回より2週間が過ぎ、栽培装置の外に出るくらいまで成長しました。今のところ縦方向よりも、横に広がっています。

f:id:haruirosoleil:20191111045924j:plain
 大きくなりそうもなかった中央の株も、やっとエンジンが掛かってきました。

f:id:haruirosoleil:20191111045928j:plain
 アイスプラントの手触りは非常に気持ち良く、しっとりとした感じが赤ちゃんのほっぺのようです。いつまでも撫でていたくなります。

f:id:haruirosoleil:20191111045932j:plain
 根の量はだんだんと増えてきています。他には見られない特徴として、縮れ麺ならぬ「縮れ根」なことが挙げられます。
 今まで育てた野菜の根は、真っ直ぐに伸びていました。しかしアイスプラントは小さくカールしながら伸びています。土で育てると根の状態が全く見えないので、観察という点では水耕栽培の方が分かりやすいですね。

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載
《楽天市場での検索結果はこちら

記事中の写真は、全てこのデジカメを使って撮影しています。シリーズの中では一番廉価なカメラですが、私にはもったいないくらいの性能です。大きさ数mmの本葉にある0.1mmほどの塩を溜め込む袋を撮影できていたのには驚きました。

 


武蔵野採種場 アイスプラント プチサラ
《楽天市場での検索結果はこちら