ミツバを大きめのザル+バケツで水耕栽培しています。これならば大きく育っても収穫作業がしやすいはずです


 2021年3月〜2022年4月にかけてミツバの水耕栽培を行いました(参考記事:ミツバの水耕栽培に挑戦しています。今回は再生栽培ではなく、種から育ててみましょう)。この時は5L容器とプラスチック製カップ6個を組み合わせた栽培装置を使いました。ミツバの成長自体は悪くなかったのですが、問題点としてプラカップが狭いために収穫や剪定などがやりにくかったです。そこで今回は口径24cmのザルとバケツを利用した大型の栽培装置でミツバを育てることにしました。これだけの面積があれば、根本の茎にハサミを入れやすそうです。

 前回と同様に今回のミツバも種から育てます。ただ、この種は昨年に買ったものです。ミツバの種は短命と聞いていたため冷蔵庫で保管していましたが、発芽率が悪くなっている可能性があります。そのため種は少し多めに蒔いて、芽の出る確率を上げたいと思います。それではミツバの栽培を始めましょう。

 

 

 

 

栽培装置


 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てました。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2022年8月25日 種蒔き


 直径9cmのポリポットを2個用意し、それぞれに培地であるバーミキュライトを入れ、液肥で十分に湿潤させました。発芽率が低い可能性を考慮し、種は15個ほどを各ポリポットに蒔き、覆土は3mm程とします。このポリポットは半日陰の屋外に置いて、発芽するのを待ちます。

 

2022年9月3日 発芽(発芽から0日目)


 双葉が開きました。そのため本日を「発芽から0日目」として記録を付けていきます。今のところ、発芽した種は1個のみです。ミツバの発芽は揃いにくいので、もう少し待ってみましょう。

 

2022年9月11日 1回目の間引き(発芽から8日目)


 発芽率を心配していましたが、その必要は全くなかったようです。8割ほどの種から芽が出てきました。さすがに窮屈そうなので、間引きをして空間を開けてあげましょう。


 混み合っている部分を中心に、ハサミで茎を切っていきます。


 これで本日の作業は終わりです。数日をかけて徐々に間引きをしていき、1ポットに3株となるようにする予定です。

 

2022年9月21日 本葉が出てくる(発芽から18日目)


 だんだんと株の数を減らして、予定通りの1ポットあたり3株としました。ミツバらしい本葉も出てきており、順調に成長中です。


 今後、これらの6株は間引きをせずに育てます。そして栽培装置に植え付ける時に1株ずつに分ける予定です。



サカタのタネ 実咲野菜3082 白茎みつば 00923082

《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら