半水耕栽培で「ソラマメ」を栽培中。収穫は来年の春ですので気長に待ちます

f:id:haruirosoleil:20191019202055j:plain
 今年の9月、赤タマネギの半水耕栽培を始めました。種を蒔いて発芽するまでは順調でした。しかし関東を直撃した台風19号のせいで多くの株が倒れてしまい、栽培を断念せざるを得ませんでした。

参考記事:
【栽培断念】「赤タマネギ」を半水耕で栽培中。収穫は半年後の来春を予定しています 

 倒れた苗を処分すると、残ったのはバーミキュライトだけです。ほぼ新品状態なので、捨てるには少々もったいない気がします。そこで保管している種袋を確認すると、封を開けていない「ソラマメ」がありました。これは昨年、庭で育てようと思って買ったものの使わなかった種です。調べると種の寿命は2~3年らしいので、まだ大丈夫そうです。

 今回の栽培では赤タマネギの跡地を利用して、半水耕でソラマメを育ててみます。この豆は苗の状態で冬を越し、春になったら開花、そして梅雨前に収穫となります。実は以前にソラマメを育てたことがあります。その時にはとてつもない量のアブラムシが付き、かなり驚きました。おそらくこの栽培でもアブラムシの戦いがあるので、負けないように頑張りたいと思います。それでは栽培スタートです。

 

 

 

 

ソラマメの種

f:id:haruirosoleil:20191019202114j:plain
 種は2~3cmもある巨大なものです。つまり上手く育てれば、この大きさのソラマメを収穫できると言うことですね。本来の種の色は緑なのですが、農薬のコーティングがされているため青色となっています。
 品種は『陵西一寸(りょうさいいっすん)』になります。この品種の特徴は、

  • 大莢で3粒莢が多く、収量の6割を占める豊産種。粒は揃いよく上物率が高い。
  • 粉質で甘味があり風味たっぷり、食味すこぶる良い。 

出典:みかど協和株式会社 陵西一寸
http://www.mikadokyowa.com/product/ryosai_issun/

とのことです。 説明文を読んでいるだけでも美味しそうです。

 

栽培容器

f:id:haruirosoleil:20190908162455j:plain
 栽培容器は、以下のようにして作りました。まず、5Lの容器の底に直径8mmほどの穴を8個開け、網を敷きました。ここにバーミキュライトを入れて栽培容器とします。 

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。半年くらい育てるので、1Lあたり2円という安価なこの液肥の素がおすすめです。 

 

2019年10月19日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20191019202139j:plain
 ソラマメの種蒔きには、ちょっとしたテクニックがあります。それは「お歯黒」と言われる部分を下にし、さらに地面から少し出るように埋めることです。これによりスムーズな発根や発芽ができるようになります。今回の種はコーティングがされているので見えませんが、お尻のように割れている所がお歯黒です。

f:id:haruirosoleil:20191019202142j:plain
 袋には種が4つ入っていたので、2つの容器に2個ずつ蒔きました。そして日当たりの良い場所に置き、発芽するのを待ちます。

 

2019年10月26日 種が割れる

f:id:haruirosoleil:20191026121026j:plain
 種蒔きから1週間が経過しました。1つの種が縦に半分に割れて、内部が見えるようになっています。もう少しで芽が出てくるでしょう。

 

2019年10月29日 芽が見える

f:id:haruirosoleil:20191031051705j:plain
 芽が地上に出てきました。ごちゃっとしていて密度が高いです。

 

2019年11月2日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20191102193258j:plain
 本日、葉が開きましたので「発芽0日目」として記録していきます。
 芽は種の大きさに比例して巨大です。もしかしたら、今までに育てた中で一番大きいかもしれません。ちなみに蒔いた種4つが全てが発芽したので、発芽率は100%です。1年くらいの保存では種の劣化しないようですね。

 

2019年11月9日 間引き(発芽から7日目)

f:id:haruirosoleil:20191110150931j:plain
f:id:haruirosoleil:20191110150935j:plain
 太陽の光を求めて、片側に曲がりながら成長中です。これからはたまに逆向きに置き変えて、まっすぐに伸びるように調整しようと思います。

f:id:haruirosoleil:20191110150943j:plain
 防虫ネットを掛けていませんが、特に何事も起きていません。葉は緑一色ではなく、所々に白いサシが入っています。

f:id:haruirosoleil:20191110150947j:plain
 株元からは2つの新芽が伸びてきました。

f:id:haruirosoleil:20191110150950j:plain
 育てている容器の容量は5Lです。この中で2株を育てるのは無理なので、片方を間引きします。成長が良くない方の株元を軽く掘り、根をハサミで切ります。

f:id:haruirosoleil:20191110150954j:plain
 これで間引きの完了です。
 11月とは言え日中は暖かいので、まだ成長するはずです。本葉が5枚以上になると耐寒性が弱くなりますので、ちょうど良い具合で冬に入ってほしいです。

 


陵西一寸  みかど協和の一寸そら豆種
《楽天市場での検索結果はこちら