水耕栽培で「つるなしインゲン」に挑戦します。枝豆栽培の応用で育てられるでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20210425192808j:plain
 2年前に水耕栽培で枝豆を育てました(参考記事:枝豆の水耕栽培 第4回目。今年最後の栽培で大量収穫を狙います)。試行錯誤の結果、種は順調に育ち、最終的には一人で食べるには多いほどのサヤを収穫できたのです。その時に気になったのは「枝豆以外のマメ科でも同じように育てられるのだろうか?」という事です。ぱっと思い付くマメ科の野菜には、インゲンがあります。なぜならば、旬になると我が家の食卓に高頻度で上がる食材だからです。

 インゲンについて調べると、性質で2種類に分けられるそうです。ネットを張って育てる「ツルあり種」と、直立する「ツルなし種」です。私の使っている水耕栽培装置は、頑丈な支柱を立てることができません。そのため、育てるならばツルなし種の方が適任でしょう。運が良いことに、ツルなしインゲンの種は近所の100円ショップに売っていたので、早速購入してきました。

 今回はツルなしインゲンを種から水耕栽培してみます。同じマメ科ですから、枝豆の栽培技術を応用すれば育てられるはずです。まずは培地の水分量を調整して発芽を成功させ、病気に対しては銅水和剤の散布で対応しようと思います。それでは種蒔きを始めましょう。

 

 

 

 

インゲンの種 

f:id:haruirosoleil:20210425192818j:plain
 種の長さは1cmほどで、薬剤処理がされているためピンク色となっています。品種は「アポロ」です。特徴は以下のようになります。

  • ツルなし、すじなし、丸莢の早生豊産種
  • 莢の長さは15cm程度、鮮緑で曲がりが少なく秀品率が高い
  • 草丈は50cm程度、播種後60日くらいから収穫

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20210123201425j:plain
 栽培装置はこの記事《「黒色ビニール袋」を使って遮光仕様の水耕栽培装置を作製。液温上昇と藻の増殖を防ぎます 》を参考にして組み立てました。

f:id:haruirosoleil:20210403182825j:plain
 追加した機能としては、お茶パックの底に穴を開けて化学繊維でできた布を通したことです。この布を通してカップ内の培地に液肥を供給します。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年4月24日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210425071254j:plainf:id:haruirosoleil:20210425071256j:plain
 種は1カップあたり3つを蒔き、厚さ1cmくらいとなるように覆土を行いました。

f:id:haruirosoleil:20210425071259j:plain
 以前、枝豆を育てた時、過湿により発芽が失敗したことがあります。インゲンも同じマメ科なので、もしかしたら同じことが起きるかもしれません。そこで液肥は給水布が軽く浸る程度までとし、過剰な水分が培地に含まれないようにしました。
 この栽培装置を南向きの2階のベランダに置いて、発芽するのを待ちます。もし夜間の気温が10℃を下回りそうな日があるならば、その時は室内には取り込む予定です。

 

2021年5月2日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210502122752j:plainf:id:haruirosoleil:20210502122755j:plain
 全てのカップで初生葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。蒔いた種の数は9個で、発芽したものは4個。あまり良い結果ではありませんでした。もう少し気温が高い方が発芽率が上がるかもしれません。

f:id:haruirosoleil:20210502122759j:plain
 蓋を開けて栽培装置の中を覗くと、根がお茶パックを突き抜けているのが分かります。このタイミングで液肥を液肥槽に入れます。ただし液面はカップの底に付かない高さとしました。それでは本葉が出るのを待ちましょう。

 

2021年5月4日 多少のトラブル(発芽から2日目)

f:id:haruirosoleil:20210507124950j:plain
 インゲンは多少のトラブルを抱えつつ成長しています。

f:id:haruirosoleil:20210507124952j:plain
 1つ目のトラブルとしては、初生葉が綺麗に展開している株がある一方で、

f:id:haruirosoleil:20210507124955j:plain
切れたり、穴の空いている株があることです。これは虫に食べられたのではなく、発芽当初からこの状態です。どうやら培地の中にいる時に、何かがあったみたいですね。多分、大丈夫だと思うのでこのまま成長するのを待ちます。

f:id:haruirosoleil:20210507124959j:plain
 2つ目のトラブルは、初生葉が縮んたまま開かない株があることです。発芽に失敗しているようなので、ハサミで株元を切って間引きます。

f:id:haruirosoleil:20210507130424j:plain
 間引きの結果、1カップにつき1株となりました。合計3株で栽培を続けていきます。

 

2021年5月7日 本葉が見える(発芽から5日目)

f:id:haruirosoleil:20210507125026j:plainf:id:haruirosoleil:20210507125028j:plain
 この数日間で初生葉が1周りほど大きくなりました。貯めていた栄養を出し切ったのか、子葉は緑→黄色になり今にも取れそうになっています。

f:id:haruirosoleil:20210507131800j:plain
 もう発芽は終わったと思っていたら、ひょっこりと1つ出てきました。この株は特に問題なさそうなので、間引かずに4株目として育てていきます。

f:id:haruirosoleil:20210507131757j:plain
 早い株では、初生葉の間から1セット目の本葉が見えています。明日からは最高気温が25℃を超える日が続くので、一気に成長しそうですね。

f:id:haruirosoleil:20210507125037j:plain
 ちなみに根はお茶パックを抜けた先で分岐を繰り返しています。これから地上部が成長するにつれ、根の量も多くなっていくはずです。成長を見守りましょう。