春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

間引きに使うハサミとピンセット。小型で使いやすいものを選びましょう

f:id:haruirosoleil:20180917111712j:plain
 水耕栽培をしていてる時に欠かせない作業に「間引き」があります。間引きとは、蒔いた種の中から一番元気の良い株を残すことです。これにより十分な栄養を吸収することができ、大きく育てることができます。

 私が行っている水耕栽培では、1つの栽培装置で3〜6つの野菜を育てます。蒔く種の数は厳密には決めていませんが、多くの場合は軽くひとつまみ分にしています。発芽率が良い野菜ですと10個以上の芽が出てきますので、この中から大きくなりそうな株を残します。

 私が間引きをする時には「精密ハサミ」と「ピンセット」を使っています。工作用のハサミやキッチンバサミでもできるのですが、発芽直後の芽はまだ小さいため細かい作業はやりにくいのです。今回の記事では、間引きに使っている道具について書こうと思います。

 

f:id:haruirosoleil:20180917111719j:plain
 精密ハサミは、工作用のハサミとはサイズが全く違います。写真のように刃渡りが1.5cm程度しかなく、先も尖っています。また持ち手の穴も小さく、指が1本しか入りません。しかしながら間引きの作業では、このサイズ感が重要なのです。

 間引きをする株の茎は直径1mm程度のうえ柔らかいので、この刃でも十分に切ることができます。そして狭い範囲にいくつもの株があり、時には間隔を開けずに2つの株が隣り合っている場合もあります。そんな時でもこの小さいハサミならばスルスルと入って行くことができ、目的の株を切ることができます。

 購入したハサミは切れ味が鋭く、ほとんど力を入れなくても切断することができました。指を入れる穴は小さいですが、力を入れる作業はないので、あまり痛くなることもありません。

f:id:haruirosoleil:20180917111722j:plain
 切った株をカップから出す時、以前は使ったハサミで摘んでいました。しかし切れ味が良すぎて摘もうと思ったら切れてしまったり、摘んだ株を狭い隙間から取り出す作業はあまり上手くできませんでした。そのため今はピンセットを使って取り出すようにしています。

 ピンセットの先は真っ直ぐになっているものよりも、曲がっている方が作業がしやすいと感じました。また小さなものを掴むので、先が細いものをおすすめします。その他にも、ピンセットを閉じる力があまり要らない方が疲れにくかったです。

 それでは実際に間引きをするところを見てみましょう。 

f:id:haruirosoleil:20180917112944j:plain
 カップの中には5つの株があります。しかし発芽のタイミングが遅かったのか、他の株よりも小さい株が1つありました。この株を間引きしようと思います。

 まずはハサミを少し開けて株元まで近づけます。あとはそのまま刃を閉じて切ります。今回は周りにスペースがあったので精密ハサミの恩恵はないですが、もっと込み入っている場合には小回りの良さを感じられるでしょう。

f:id:haruirosoleil:20180917113107j:plain
 株元を切った株はピンセットで持ち上げて回収します。本来であれば、この作業を何回か繰り返して目的の株数にします。

 正直なところ、間引きの道具は一般的な大きさのハサミでも代用が可能です。精密ハサミとピンセットは、持っていると「なお宜し」的な道具です。最初は普通のハサミを使ってみて、もし上手くできないようならば購入すれば良いと思います。

 もし間引きの道具を探している方は、精密ハサミとピンセットを使ってみてはいかがでしょうか?作業が少しスムーズになるかもしれませんよ。

 

太さ1mm程度の柔らかい茎ならば、このサイズのハサミで十分です。この商品を購入しましたが、使い始めたばかりのせいか少し動きが渋く感じます。できるだけスムーズに開閉できるハサミを選びましょう。

 

ピンセットは先が曲がっている方が使いやすいです。あまり高価なものは必要ないので、手頃な価格帯から見つけました。先が細いので、曲げないように注意が必要ですね。