水道管の継ぎ手でカブの栽培実験。成功すれば好きな大きさで収穫できます

f:id:haruirosoleil:20190929131600j:plain
 昨年の秋、プラスチック製カップの中で赤カブを育てました(参考記事:カブの一種「もののすけ」を水耕栽培。物珍しさに惹かれたので育ててみます)。本当はもっと大きい実にしたかったのですが、カップと言う障壁がある以上、その口径以上に育てることはできませんでした。

 しかし収穫前の株を良く観察すると、実の大半は地上に出ているではありませんか。もしかしたら大根などと違って、カブは地上部分の茎が太くなるのかもしれません。それならば、地上部に障害物がない「水道管の継ぎ手」を利用した栽培装置が使える可能性があります。 

f:id:haruirosoleil:20190303201948j:plain
 これが実際の継ぎ手になります。ここに培地であるバーミキュライトを詰めて、栽培装置にセットします。もし地面よりも上で実が大きくなるのであれば、これを使うことにより自分の好きな大きさで収穫できます。果たして上手くいくかは分かりませんが、とりあえず継ぎ手でカブの栽培実験をしてみましょう。 

 

 

 

 

カブの種

f:id:haruirosoleil:20180909092448j:plain
 実験栽培で使用するカブは「もものすけ」と呼ばれる品種です。この品種を昨年育てましたが非常に美味しかったので、今回使うことに決めました。

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20190824204352j:plain
 使用する栽培装置は、この記事《水道管の継ぎ手を利用した水耕栽培装置。これで培地のコストが少なくなるはずです》を参考にして組み立てました。

 容器の四隅から伸びているのは、防虫ネットを掛けるための支柱です。アオムシなどの害虫から守るために、支柱を超える大きさになるまではネットの中で育てる予定です。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。以前は900円台で買えていたのですが、最近は1000円を少し超える値段となってしまいました。

 

2019年8月24日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20190824204355j:plain
 水道管の継ぎ手にバーミキュライトを入れ、そこにカブの種を4つ蒔きました。栽培装置は明るい日陰に置き、発芽するのを待ちます。

 

2019年8月27日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20190827205613j:plain
 カブの種は無事に芽が出ました。と言いたいところですが、種を少し深く蒔いてしまったせいか発芽が揃っていません。6本の継ぎ手中、2本がまだ変化なしです。ただ、バーミキュライトを軽く掘り返すと双葉が見えましたので、明日あたりには地上に出てくると思います。微妙なタイミングですが、本日を「発芽から0日目」として記録を付けていきます。

 

2019年9月1日 双葉の形が変(発芽から5日目)

f:id:haruirosoleil:20190902051302j:plain
 それぞれの種は発芽したのですが、あまり双葉の形が良くありません。

f:id:haruirosoleil:20190902205450j:plain
 きれいに開かずに波打っているものや、

f:id:haruirosoleil:20190902205501j:plain
 途中で腐ってしまったものもあります。やはり深めに蒔いてしまった影響でしょうか?次回からは覆土を薄くしようと思います。

f:id:haruirosoleil:20190902051313j:plain
 あまりにも形が変なものは間引きをし、1つの継ぎ手あたり1〜2株を残すようにしました。本葉がちゃんと成長してくれれば良いのですが、どうなるでしょうか…

 

2019年9月5日 早めの間引き(発芽から9日目)

f:id:haruirosoleil:20190906052024j:plain
 最近は曇りの日が多く、それに伴ってかカブの成長もゆっくりです。本葉は少し成長して、双葉と同じくらいの大きさになってきました。

f:id:haruirosoleil:20190906052028j:plain
 前回間引きをして、状態の良い株を残しました。それでも中には左側の株のように、成長が芳しくないものがいくつか見られます。そこで少し早いですが2回目の間引きを行い、それぞれの継ぎ手に1株ずつとなるようにしました。

f:id:haruirosoleil:20190906052036j:plain
 しかし1つだけ例外があります。左の継ぎ手では、他の継ぎ手と比べてあまりにも成長が劣っています。葉の形もおかしいので、これからの成長はあまり期待できないでしょう。
 この株は指で引っこ抜き、新たに種を蒔きなおしました。もちろん過去の失敗から学び、今回の覆土は薄くしています。少し収穫時期がずれてしまいますが、まだ栽培は始まったばかり。十分に挽回できる時間はあります。

 

2019年9月14日 順調に成長(発芽から18日目)

f:id:haruirosoleil:20190914151637j:plain
 一週間ほど前に季節外れの真夏のような直射日光を浴びてしまい、葉の一部が焼けてしまいました。幸いなことにその葉は枯れるまでには至らず、ダメージはありますが順調に成長しています。
 前回種を蒔き直した左上の継ぎ手ですが、なぜかどれも発芽しませんでした。そこで再々種蒔きをしたところ発芽しました。何がダメだったのでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20190914151640j:plain
 個別に見ると、本葉も大きくなり、しっかりとした苗となりつつあります。昨年も同じ時期に同じ品種を育てましたが、今年は成長が遅めです。ここからスピードを上げて成長してほしいものです。

 

2019年9月22日 茎が太りだす(発芽から26日目)

f:id:haruirosoleil:20190922190804j:plainf:id:haruirosoleil:20190922190809j:plain
 思っていたよりも成長度合いがバラバラですが、とりあえずは本葉が成長してきました。昨年の同じ時に育てた記録を見ると、今年の方が育ちが遅いようです。違いと言えば継ぎ手を使っているか否かです。もしかして継ぎ手式は成長が遅いのでしょうか?水菜を使った実験では違いはなかったので、再度検討したいですね。

f:id:haruirosoleil:20190922190812j:plain
 株元はようやく太くなってきました。このペースで育つと収穫は11月中旬になりそうです。

 

2019年9月28日 成長速度が早くなる(発芽から32日目)

f:id:haruirosoleil:20190929131549j:plainf:id:haruirosoleil:20190929131554j:plain
 暑すぎる気候が過ぎ去ったためか、株はスピードを上げて成長しています。
 液肥層を見たところ、雨水が入り込み満杯となっていました。そこでこの薄まった液肥は全て捨て、新しい液肥を補充しておきました。

f:id:haruirosoleil:20190929131556j:plain
 最初に出てきた本葉は役目を終え、黄色くなって落ちかけています。5株全てが同じタイミングでこうなるとは不思議なものです。

f:id:haruirosoleil:20190929131600j:plain
 株元の部分は、指先ほどの太さまで成長しました。あとは継ぎ手の『上』で大きくなれば実験は成功です。もしなるのであれば、種袋の写真くらいまで大きくしたいものです。

 

2019年10月5日 ハダニの襲来(発芽から39日目)

f:id:haruirosoleil:20191006081249j:plainf:id:haruirosoleil:20191006081253j:plain
 葉が防虫ネットまで達したので、ネットと支柱を撤去しました。遠くから見ても株元の膨らみが分かるようになりましたね。

f:id:haruirosoleil:20191006081256j:plain
 カブは直径2cmを少し超えてきました。

f:id:haruirosoleil:20191006081259j:plain
 葉の色が黄色っぽくなっていたので葉の裏を確認すると、ハダニがたくさんいました。そこでハダニの防除薬である『アーリーセーフ』を水道水で500倍に希釈し、ハダニに直接たっぷりと散布しておきました。
 この薬は安全性が高い代わりに、何回か撒かないと数を減らせません。手間がかかりますが、大きなカブを採るために頑張りたいと思います。

 

2019年10月13日 良い具合に太る (発芽から47日目)

f:id:haruirosoleil:20191013102716j:plain
 太ってきたカブは、培地であるバーミキュライトを外へ外へと押し出しています。良い具合に継ぎ手の上で育っていますね。

 

2019年10月26日 継ぎ手の太さを超える (発芽から60日目)

f:id:haruirosoleil:20191026201558j:plainf:id:haruirosoleil:20191026201601j:plain
 今日は晴れた暖かい日だったので、葉がしおれ気味です。昼間はこんな感じですが、夕方あたりになると復活してきます。

f:id:haruirosoleil:20191026201604j:plain
 実の部分は更に太り、継ぎ手の直径を超えています。このペースならば、あと2~3週間ほどで収穫できるでしょう。

 

2019年11月2日 実が割れる (発芽から67日目)

f:id:haruirosoleil:20191103064544j:plainf:id:haruirosoleil:20191103064547j:plain
 発芽から約70日となり、ようやくカブらしい姿となってきました。ハダニは一向に減る気配がなく、いつまでたっても葉の裏にいます。幸いにも大きな被害にはなっていないので、このまま様子を見ます。

f:id:haruirosoleil:20191103064553j:plain
 ここ数日、アオムシの食害が目立ってきました。そこで「ゼンターリ顆粒水和剤」を1000倍に希釈して散布しておきました。これで退治できるでしょう。

f:id:haruirosoleil:20191103064557j:plain
 一番大きな株は、直径5cmとなっています。この大きさではまだ小カブですので、もっと大きくなってほしいです。
 写真をよく見ると左側奥のカブに、幅広の白い横線が入っているような気がします。何かあったのでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20191103064603j:plain
 近付いてみると、まさかの実割れを起こしているではありませんか!実はこの株、継ぎ手の中で育っていたものなのです。太った結果、圧力に負けて裂けてしまったようです。
 原因としては、種を深い位置に蒔いてしまったことです。もしこの形で育てるならば、地表に近いところに種を置いた方が良さそうです。

 


住友化学園芸 STゼンターリ顆粒水和剤 20g 天然成分 殺虫剤
《楽天市場での検索結果はこちら

アオムシ対策として、この「ゼンターリ顆粒水和剤」を使いました。この薬は微生物から抽出した成分でできており、化学農薬のように使用回数の制限がないことが特徴です。効き目もバッチリですので、アオムシに困っている方におすすめです。

 


住友化学園芸 アーリーセーフ 100ml 天然成分 殺虫殺菌剤
《楽天市場での検索結果はこちら

ハダニを退治するために、ヤシ油から作られているアーリーセーフを使いました。ハダニの他にもアブラムシ、コナジラミ、うどんこ病にも使える薬です。1回で全滅させるのは難しいので、何回かに分けて散布すると良いでしょう。

 


カブ 種 【 もものすけ 】 種子(約1ml)
《楽天市場での検索結果はこちらこちら