見切りクレソンを再び水耕栽培。今回は水切りトレイ+プラグトレイで育てます

f:id:haruirosoleil:20200912155936j:plain
 2年前の秋、見切り品のクレソンを培地に挿して水耕栽培をしました(参考記事:見切り品の「クレソン」を水耕栽培。挿すだけなので手軽に育てられます)。以外にも良く育ち、葉物野菜が少ない冬にサラダとして活躍してくれました。昨年は育てませんでしたが、今年は再び育ててみようと思います。

 前回の栽培と異なる点としては、装置に水切りトレイとプラグトレイを組み合わせたものを使い、ベランダに置いた4段棚で育てることです。もし葉が茂り過ぎたら、挿し木をして随時更新をしながら収穫をする予定です。

 育てるクレソンは種からではなく、スーパーの野菜コーナーで売っている茎を使います。今の時期(9月初旬)はまだ出荷が少ないのか、近くの店では売っていませんでした。そこで駅前のちょっとだけ高級なスーパーに行ったところ、やはり置いてありました。今回はこれを購入して増やしていきます。それでは栽培を始めましょう。

 

 

 

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2020年9月10日 クレソンの購入&回復

f:id:haruirosoleil:20200912155936j:plain
 こちらが今回育てるクレソンです。ラッキーなことに半額で売っていました。食べるわけではないので、少しくらい傷んでいても大丈夫です。

f:id:haruirosoleil:20200912155940j:plain
 ちなみにこのクレソンは植物工場で栽培されたもの、だそうです。

f:id:haruirosoleil:20200912155941j:plain
 早速植付けようと思ったのですが、封を開けると思った以上に状態が悪いです。葉だけではなく、茎もクタクタのシナシナになっています。そこで全体を水に漬けて、2時間ほど放置しました。すると見違えるくらいシャキッとしたので、水を入れた適当なコップに挿し、作業ができる週末になるを待ちます。

 

2020年9月13日 植え付け(植え付けから0日目)

f:id:haruirosoleil:20200913200848j:plain
 週末がやってきました。半額クレソンは傷んでる葉が多かったので、その部分は切り落としています。枝の数は全部で6本となります。

f:id:haruirosoleil:20200913200851j:plain
 節からは白い根が伸び始めています。ここを培地に埋めて育てていきましょう。

f:id:haruirosoleil:20200913200853j:plain
 栽培装置は100円ショップで買ってきた水切りトレイと、4×5となるように切った50セルのプラグトレイを使います。セルの底には不織布を敷いて、後に入れるバーミキュライトが流れ出ないようにします。

f:id:haruirosoleil:20200913200856j:plain
 各セルにバーミキュライトを入れて、液肥で湿潤させます。そしてクレソンの枝を植え付けていきます。長い枝は中心に向かって倒れる形で植えました。
 この栽培装置を明るい日陰に置いて、根がしっかりと張るのを待ちます。

 

2020年9月17日 1株脱落(植え付けから4日目)

f:id:haruirosoleil:20200919172716j:plain
f:id:haruirosoleil:20200919172718j:plain
 植え付けから4日が経過しました。残念なことに、右奥の株が完全に萎れています。復活はできそうもないので、このセルは培地を抜いて空にしておきます。

f:id:haruirosoleil:20200919172722j:plain
 こちらの茎の長いクレソンは少し調子が悪いです。株元の色が緑ではなく白っぽく変化しています。

f:id:haruirosoleil:20200919172726j:plain
 確認のため掘り起こすと、バーミキュライトの中に埋めた茎が朽ち果ててなくなっていました。今は数本の根だけで耐えており、何かあったら枯れる可能性があります。

f:id:haruirosoleil:20200919172728j:plain
 そこで白くなった茎を切り、正常な部分だけを水に挿しました。この状態で様子を見て、良さそうならば再び培地に植えましょう。

 

2020年9月19日  再植え付け(植え付けから6日目)

f:id:haruirosoleil:20200919172740j:plain
 水に挿した株は大丈夫そうです。節からは新しい根が伸びています。

f:id:haruirosoleil:20200919172744j:plain
 セルの培地を新しいものに交換し、根がたくさん出るように深めに植え付けました。上手く根付くことを祈りましょう。

 

2020年9月20日 液肥を入れる(植え付けから7日目)

f:id:haruirosoleil:20200920182909j:plain
 本日プラグトレーの底を見ると、根が不織布を突き抜けていました。このタイミングで栽培装置に液肥を入れて育てていきます。その際、藻の増殖防止のために、水切りトレイの外側を黒い布で覆って光を遮断します。

f:id:haruirosoleil:20200920182911j:plain
 プラグトレイと水切りカゴの隙間や、使っていないセルからも光が入るので、黒いビニール袋を適当に切って詰めました。もし風で飛んでしまうようならば、小石などを重り代わりに入れようと思います。

 

2020年9月27日 成長が始まる(植え付けから14日目)

f:id:haruirosoleil:20200928051031j:plainf:id:haruirosoleil:20200928051034j:plain
 前回と見比べると、かなり成長しています。右手前の刺し直した枝は無事に定着したようです。

f:id:haruirosoleil:20200928051036j:plain
 クレソンは縦には伸びず、倒れながら地面を這うようにして育ちます。すでに1つの株がそうなっているので、他の株も近々倒れていきそうです。

 

2020年10月11日 急成長(植え付けから28日目)

f:id:haruirosoleil:20201013205750j:plainf:id:haruirosoleil:20201013205754j:plain
 今の気候はクレソンにとってちょうど良いらしく、一気に成長しました。もう少しで水切りトレイ全体が覆われてしまいます。このペースならば次の週末には初収穫ができそうですね。

f:id:haruirosoleil:20201013205756j:plain
 最近、雨の日が多いせいか枝の節から大量の根が出てきています。しかし残念ながら、これらの根は晴れたら枯れる運命にあります。