遮光仕様の水耕栽培装置で「大葉(青じそ)」を育てます。取れすぎた分はふりかけに加工しようと思います

f:id:haruirosoleil:20210403175640j:plain
 昨年使っていた水耕栽培装置には、とある欠点がありました。それは液肥槽に「藻」が生えてしまうことです。短期間の栽培ならばあまり気にならないのですが、長期間となると増えた藻が底に堆積するため、定期的に洗い流す必要が出てくるのです。この作業は意外と手間なので、藻が生えにくくなるように栽培装置を改良しました。行ったことを簡単に説明すると、液肥槽の内側を黒色ビニール袋で覆って遮光したのです。これでおそらく数ヶ月間栽培しても藻は発生しないはずです。

 今回、この改良した遮光型装置で育てるのは、大葉(青じそ)です。大葉は1回きりの収穫ではなく、何度も葉を採ることができます。それに伴い栽培期間も長くなるので、藻が生えにくい栽培装置で育てるのにはピッタリな野菜だと思います。もし食べきれないほど採れてしまったら、乾燥させてふりかけにしたいと思います。早速、栽培を始めましょう。

 

 

 

 

大葉の種

f:id:haruirosoleil:20210403175745j:plain
 大葉の種は直径1mmほどの球形をしています。ちなみに「大葉」とは『青じそ』の別名となります。

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20210403175652j:plain
 栽培装置はこの記事《「黒色ビニール袋」を使って遮光仕様の水耕栽培装置を作製。液温上昇と藻の増殖を防ぎます 》を参考にして組み立てました。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年4月3日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210403175655j:plain
 種袋によると大葉の発芽率は60%以上と、他の野菜と比べてあまり高い数値ではありません。そのため種は少し多めの1カップあたり7個ほどを置き、厚さ2mmの覆土を行いました。種蒔きが終わった栽培装置は屋外に置いて、発芽するのを待ちます。

 

2021年4月14日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210425070356j:plain
  種蒔きから11日で芽が出てきました。今まで育てた野菜の中でも長い部類に入ります。本日を「発芽から0日目」として記録をしていきましょう。

 

2021年4月18日 立ち枯れ&蒔き直し

f:id:haruirosoleil:20210425070143j:plain
 今日、悲しいことが起きました。なんと双葉の色が緑→黒になって枯れかけていたのです…このカップだけではなく、他のカップも同様の状態です。数日前までは好調だったのに、何が起こったのしょうか?
 原因として考えられるのは低温障害です。思い起こすと、数日前に最低気温が10℃を下回る日が3日ほど続きました。もしかしたら発芽したての大葉は、この低温に耐えられずに枯れてしまったのかもしれないです。

f:id:haruirosoleil:20210425070146j:plain
 中には枯れていない株もありますが、今回は全て抜いて種を蒔き直します。再び芽が出てくるのを待ちましょう。

 

2021年4月25日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210425192744j:plain
 2回目の種蒔きは7日で発芽しました。今回は低温対策として、最低気温が10℃を下回る時間帯は部屋に取り込むこととします。

《2021年4月28日追記》
 今回も前回同様に、立ち枯れの症状が出たので撤収しました。

 

2021年5月9日 再々度の種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210525210640p:plain
 2回の栽培失敗により、原因が何となく分かりました。それは「多湿」です。培地への水分供給はイラストの様に、プラカップの底に液肥の液面を付けて行っていました。しかしこの方法では大葉の種にとって水分が多すぎて、生育不良になったことが考えられます。

 f:id:haruirosoleil:20210509172759j:plain
 そこで3回目の種蒔きをする前に、栽培装置を改良します。お茶パックの底に小さな切れ込みを入れて、化学繊維でできた布を通しました。液肥はこの布を通して培地に供給されます。

f:id:haruirosoleil:20210525210623p:plain
 イラストにすると上記の様になります。この方法ならば液肥に浸っていないので、多湿にはなりにくいはずです。

f:id:haruirosoleil:20210509172802j:plain
 あとはプラカップに培地を入れて、種を蒔きます。液肥は給水布の半分が浸る程度を入れました。この栽培装置を屋外に出して、発芽するのを待ちます。

 

2021年5月16日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210522180208j:plain
 発芽しました。今回は大丈夫でしょうか?

 

2021年5月22日 1回目の間引き(発芽から6日目)

f:id:haruirosoleil:20210522180034j:plainf:id:haruirosoleil:20210522180039j:plain
 無事に6日間が経過しました。どの株も葉が黒く変色することなく大きくなっています。多湿防止策が功を奏したようです。
 脱落する種があると考えて多めに蒔いたのですが、意外にも発芽率が良くてカップ内が窮屈になっています。それでは1回目の間引きを行いましょう。

f:id:haruirosoleil:20210522180041j:plain
 小さなハサミで成長の遅い株などを切っていきます。

f:id:haruirosoleil:20210522180045j:plain
 これで間引きの完了です。かなりスッキリした見た目となりました。

f:id:haruirosoleil:20210522180049j:plain
 プラカップの底を見ると、根がお茶パックを貫通しています。そこで液肥を追加して、この根が触れる程度まで液面を上げておきました。

 

2021年5月29日 2回目の間引き(発芽から13日目)

f:id:haruirosoleil:20210530084101j:plainf:id:haruirosoleil:20210530084103j:plain
 あの失敗は何だったのか?と思うくらいに、順調に成長をしています。本葉が大きくなって株が同士が触れ合っていますので、2回目の間引きを行います。

f:id:haruirosoleil:20210530084106j:plain
 切り取った株の切り口は、まさしく「大葉」の香りでした。

f:id:haruirosoleil:20210530084108j:plainf:id:haruirosoleil:20210530084110j:plain
 これで間引きは終わりです。あとは成長を見守るだけです。

 

2021年6月5日 脇芽が出てくる(発芽から19日目)

f:id:haruirosoleil:20210611174855j:plainf:id:haruirosoleil:20210611174856j:plain
 現在の大葉は5,6枚目の本葉が出てきています。

f:id:haruirosoleil:20210605162409j:plain
 新しい成長部位として、双葉の付け根から脇芽が伸びてきました。次回の報告時には、もっさりと葉が茂っていそうですね。

 

2021年6月12日 初収穫(発芽から26日目)

f:id:haruirosoleil:20210615212452j:plainf:id:haruirosoleil:20210615212454j:plain
 小さいながらも立派な大葉の姿になっています。

f:id:haruirosoleil:20210615212457j:plain
 葉には若干の虫のかじられ跡がありますが、概ねきれいな状態です。本日、大葉を使いたい料理があるので、それぞれの株から1枚ずつ葉を収穫したいと思います。

f:id:haruirosoleil:20210615212500j:plain
 ハサミを使って、葉の付け根を切っていきます。

f:id:haruirosoleil:20210615212503j:plain
 これが初収穫の6枚です。しなやかで柔らかそうな葉です。

f:id:haruirosoleil:20210615212552j:plain
 採った葉は手作りシュウマイの餡と皮の間に挟んでみました。しかし残念なことに、大葉の香りは肉の味に負けてしまって全くしませんでした…次はもっとシンプルに、素麺などの薬味として使いましょう。