「ラブリーパプリカ」の水耕栽培に挑戦します。実の色が緑→オレンジ→赤に変わる面白い品種です

f:id:haruirosoleil:20210605194252j:plain
 100円ショップを歩いていたら、面白い種を見つけました。それは「ラブリーパプリカ」です。この種はプレミアムシリーズとして売られているもので、通常の種袋は2つで100円ですが、このシリーズは1袋で100円なのです。価格が少々高いですが、面白い品種を扱っているため個人的に好きです。

 購入したラブリーパプリカの説明文を読むと、比較的小型の実が成り、そして熟成度によって実が緑からオレンジ、そして赤色に変わるとのことです。様々な色の実が採れるならば、1株あるだけで彩り豊かなサラダができる気がします。これは育てるしかないでしょう。

 雰囲気的にパプリカの株は大きくなりそうなので、バケツと水切りざるを使った頑丈な栽培装置で育てようと思います。簡単な栽培の流れを書くと、ポリポットで育苗→栽培装置に定植→収穫 です。はたしてカラフルでラブリーなパプリカがたくさん採れるでしょうか?それでは栽培を始めましょう。

 

 

 

 

パプリカの種

f:id:haruirosoleil:20210605194304j:plain
 種は直径2〜3mmの扁平型をしています。1つの種袋に入っていた種の数は7個でした。かなり少ないように思いますが、よく考えればベランダで育てるのは1株だけなので、この量でも十分です。

f:id:haruirosoleil:20210605194307j:plain
 品種は「セニョリータ・オレンジ/セニョリータ・ゴールド」です。2つの名前が付いているのですが、種によって違うのでしょうか?
 ちなみに、こちらの品種は海外への持出が禁止されています。しっかりと品種改良されたパプリカの種が100円で手に入るとは、とても良い世の中になったものです。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年5月16日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210605194316j:plain
 まずはポリポットにバーミキュライトを入れて、液肥で十分に湿潤させました。ここにパプリカの種を3つ置いて、厚さ5mmとなるように覆土を行いました。このポリポットを南向きのベランダに出して発芽するのを待ちます。

 

2021年5月26日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210605194443j:plain
 種蒔きから10日で双葉が開きました。思っていたよりも日数がかかった様に感じます。何はともあれ発芽をしたので、本日を「発芽から0日目」として栽培日記を付けていきましょう。

 

2021年5月29日 本葉が見える(発芽から3日目)

f:id:haruirosoleil:20210530084832j:plainf:id:haruirosoleil:20210530084835j:plain
 発芽から3日目で、本葉の先端3mmほどが見えてきました。大きくなるにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

2021年6月6日 間引き(発芽から10日目)

f:id:haruirosoleil:20210608205008j:plain
 本葉が成長して、株同士の葉が触れ合いそうになってきました。それでは間引きをしましょう。

f:id:haruirosoleil:20210608205015j:plain
 3株の中から1番育っているものを選び、残りは切り取ります。

f:id:haruirosoleil:20210608205022j:plainf:id:haruirosoleil:20210608205025j:plain
 これで作業は終わりです。定植はもう少し大きくなってからしようと思います。

 

2021年6月20日 定植(発芽から24日目)

f:id:haruirosoleil:20210620200531j:plainf:id:haruirosoleil:20210620200533j:plain
 しばらく見ないうちに、パプリカはだいぶ大きくなりました。葉は青々としており、健康状態が良さそうです。

f:id:haruirosoleil:20210620200538j:plain
 培地をポットから外しました。根は底で巻いている感じもなく、張り具合も良好です。このタイミングで栽培装置に定植をしましょう。

f:id:haruirosoleil:20210620200705j:plain
 栽培装置はこの記事《「バケツ&収穫コンテナ」を使った大型野菜用の水耕栽培装置の作り方。本体と支柱を分けることで強度を確保しています》を参考にして組み立てます。使うバケツの容量は8Lとし、水切りザルの底部には根が出やすいように5つの大きめな穴を開けました。

f:id:haruirosoleil:20210620200541j:plainf:id:haruirosoleil:20210620200544j:plain
 サクッと作業をして、定植の完了です。ポリポットとは異なり根を自由に伸ばすことができるので、これから一気に大きくなってくれるでしょう。