イタリアンパセリのセル苗を水耕栽培装置に定植。土を洗い流して、バーミキュライトと液肥で育てます

f:id:haruirosoleil:20211009072707j:plain
 父親がイタリアンパセリの苗を買ってきました。話を聞くと、ポット苗は売っておらず、10連のセルトレイ、つまり10株セットでしか買えなかったようです。プランターで育てるには数が多く、このままでは使い切れないとのことでした。そこで3株を私が引き取って水耕で育てることにしました。

 野菜を苗から育てるメリットは、収穫までの期間が短くなることです。種から育てた場合、セル苗の大きさになるまでに少なくもと1ヶ月はかかります。この期間をショートカットできますので、初収穫は植え付けから数週間後にできるでしょう。

 今回の栽培では、店舗で購入したイタリアンパセリのセル苗を水耕栽培してみます。順調に育てば、父親のプランターと私の栽培装置で大量のパセリが採れるはずです。使い道は後で考えるとして、早速植え付けの準備をしましょう。

 

 

 

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20210123201425j:plain
 栽培装置はこの記事《「黒色ビニール袋」を使って遮光仕様の水耕栽培装置を作製。液温上昇と藻の増殖を防ぎます 》を参考にして組み立てました。

f:id:haruirosoleil:20210403182825j:plain
 追加した機能としては、お茶パックの底に穴を開けて化学繊維でできた布を通したことです。この布を通してカップ内の培地に液肥を供給します。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2021年10月3日 定植(定植から0日目)

f:id:haruirosoleil:20211009072741j:plain
 こちらが今回使うイタリアンパセリです。10連のセルトレイで育てられています。

f:id:haruirosoleil:20211009072743j:plain
 イタリアンパセリは葉がカールする品種ではなく、平たい葉となります。ミツバのように、1本の茎の先端に3枚の葉が開いています。

f:id:haruirosoleil:20211009072746j:plain
 セルトレイ1区画に対して1株ではなく、2〜3株が育っているようです。

f:id:haruirosoleil:20211009072749j:plain
 根はしっかりと張っています。どの株も葉の枯れや病気はなく、とても元気な状態です。

f:id:haruirosoleil:20211009072751j:plain
 それでは栽培装置に定植をしましょう。セルトレイから抜いた株には、土が付いています。まずはこれを水で洗い流していきます。

f:id:haruirosoleil:20211009072754j:plain
 できるだけ根が切れないように、水中で揺すりながら土を落としました。土を完全に取り除くのはできないので、写真の程度までとします。

f:id:haruirosoleil:20211009072756j:plain
 この株を栽培装置のプラカップに入れて、周りをバーミキュライトで埋めます。そして液肥を注いで湿潤させました。

f:id:haruirosoleil:20211009072759j:plainf:id:haruirosoleil:20211009072802j:plain
 同じ作業をあと2回行い、全部で3株をセットしました。これで定植作業は完了です。
 根を洗った影響により、株は水を吸う能力が低くなっていると思われます。そのため1週間は明るい日陰に置いて養生します。

 

2021年10月9日 定植成功(定植から6日目)

f:id:haruirosoleil:20211011212731j:plain
f:id:haruirosoleil:20211011212734j:plain
 定植した株は枯れることなく1週間が経過しました。定植は成功したようです。心なしか少し大きくなった気がします。

f:id:haruirosoleil:20211011212737j:plain
 お茶パックからはまだ根が出てきていません。しかしカップの側面を見ると、新しく伸びた白い根が見えてます。そのため定植後の養生期間は本日で終わりとし、これからは太陽光が当たる場所で育てていきます。