わさび菜をかき取り収穫しながら水耕栽培します。最終的に何gが採れたか集計しましょう

 f:id:haruirosoleil:20210822081446j:plain
 わさび菜の水耕栽培はこれまでに何度も行ってきました。発芽から30〜40日が経過すると程良い大きさなるので、株を引き抜いて収穫し栽培を終えます。最近ふと思ったのが、わさび菜の「かき取り収穫」はしたことがないな…ということです。

 かき取り収穫とは大きくなった葉から順々に採っていく方法です。1回に採れる量は少ないですが、長い間収穫できるのがメリットです。そこで今回の栽培では、わさび菜をかき取り収穫しながら育てることにしました。

 わさび菜の種を今蒔けば、最初の収穫は9月中旬にできるでしょう。それから何日間収穫が続き、そして何gの量が採れたのかを後学のために記録していきたいと思います。それでは栽培を始めましょう。

 

 

 

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20210822081021j:plain
 栽培装置はこの記事《「黒色ビニール袋」を使って遮光仕様の水耕栽培装置を作製。液温上昇と藻の増殖を防ぎます 》を参考にして組み立てました。

f:id:haruirosoleil:20210403182825j:plain
 追加した機能としては、お茶パックの底に穴を開けて化学繊維でできた布を通したことです。この布を通してカップ内の培地に液肥を供給します。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。栽培期間中は1週間に1度、液肥槽に入っている液体肥料の全交換を行います。

 

2021年8月15日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210822081123j:plain
 種は1カップあたり5個くらいを蒔き、厚さ5mmとなるように覆土を行いました。液肥は給水布が触れる程度を入れます。この栽培装置を南向きのベランダに出して、発芽するのを待ちます。

 

2021年8月18日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210822081137j:plain
 双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。おそらく蒔いた種のほぼ全てが発芽しました。わさび菜の発芽率はいつも良いですね。

 

2021年8月21日 1回目の間引き(発芽から3日目)

f:id:haruirosoleil:20210822081430j:plainf:id:haruirosoleil:20210822081446j:plain
 双葉が大きくなってきました。どうやら種を蒔いた時に転がってしまったらしく、カップの端の方で発芽してしまった株がいくつかあります。
 それでは株同士が触れ合っていますので、1回目の間引きを行いましょう。

f:id:haruirosoleil:20210822081438j:plain
 位置の悪い株や成長の良くない株をハサミで切り取っていきます。

f:id:haruirosoleil:20210822081454j:plain
 これで間引きの終了です。1カップにつき3株としました。次の間引きは、本葉が大きくなってきた頃に行う予定です。

 

2021年8月28日 2回目の間引き(発芽から10日目)

f:id:haruirosoleil:20210907210927j:plainf:id:haruirosoleil:20210907210929j:plain
 わさび菜特有のギザギザした本葉が大きくなってきました。このままですとカップの中が狭いので、2回目の間引きをします。

f:id:haruirosoleil:20210907210932j:plain
 最も成長の良い株を残しました。あとは成長を待つだけです。

 

2021年9月5日 ハダニが少量発生(発芽から18日目)

f:id:haruirosoleil:20210907210936j:plainf:id:haruirosoleil:20210907210938j:plain
 1週間が経過すると、見違えるような大きさとなりました。本葉の数は5~6枚となっています。

f:id:haruirosoleil:20210907210946j:plain
 被害は多くないですが、一部の葉でハダニが発生しています。様子を見て、もしこれ以上増えるようならば薬を散布しようと思います。

 

2021年9月19日 1回目の収穫(発芽から32日目)

f:id:haruirosoleil:20210920182810j:plainf:id:haruirosoleil:20210920182814j:plain
 前回から2週間が経過しました。もう立派なわさび菜ですね。

f:id:haruirosoleil:20210920182817j:plain
 茎は細すぎず太すぎす、収穫するには良い頃合いです。

f:id:haruirosoleil:20210920182819j:plain
 今困っているのは、ハモグリバエの被害が出ていることです。大々的ではないのですが、あちらこちらに幼虫が食い進んだ跡があります。

f:id:haruirosoleil:20210920182822j:plain
 それでは当初の予定通り、かきとり収穫をしていきます。外側の大きな葉を採っていきましょう。

f:id:haruirosoleil:20210920182824j:plain
 初収穫はこの量です。葉の数は7枚で、ハモグリバエに食べられた部位を取り除いた重さは57gでした。

f:id:haruirosoleil:20210920182827j:plainf:id:haruirosoleil:20210920182829j:plain
 そして今の株の状態が上の写真です。広がっていた葉がなくなったので、起立をしている様に見えます。葉が大きくなったら再び収穫をしていきます。