わさび菜をかき取り収穫しながら水耕栽培します。最終的に何gが採れたか集計しましょう

f:id:haruirosoleil:20210822081446j:plain
 わさび菜の水耕栽培はこれまでに何度も行ってきました。発芽から30〜40日が経過すると程良い大きさなるので、株を引き抜いて収穫し栽培を終えます。最近ふと思ったのが、わさび菜の「かき取り収穫」はしたことがないな…ということです。

 かき取り収穫とは大きくなった葉から順々に採っていく方法です。1回に採れる量は少ないですが、長い間収穫できるのがメリットです。そこで今回の栽培では、わさび菜をかき取り収穫しながら育てることにしました。

 わさび菜の種を今蒔けば、最初の収穫は9月中旬にできるでしょう。それから何日間収穫が続き、そして何gの量が採れたのかを後学のために記録していきたいと思います。それでは栽培を始めましょう。

 

 

 

 

栽培装置

f:id:haruirosoleil:20210822081021j:plain
 栽培装置はこの記事《「黒色ビニール袋」を使って遮光仕様の水耕栽培装置を作製。液温上昇と藻の増殖を防ぎます 》を参考にして組み立てました。

f:id:haruirosoleil:20210403182825j:plain
 追加した機能としては、お茶パックの底に穴を開けて化学繊維でできた布を通したことです。この布を通してカップ内の培地に液肥を供給します。

 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。栽培期間中は1週間に1度、液肥槽に入っている液体肥料の全交換を行います。

 

2021年8月15日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20210822081123j:plain
 種は1カップあたり5個くらいを蒔き、厚さ5mmとなるように覆土を行いました。液肥は給水布が触れる程度を入れます。この栽培装置を南向きのベランダに出して、発芽するのを待ちます。

 

2021年8月18日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20210822081137j:plain
 双葉が開きましたので、本日を「発芽から0日目」として記録をしていきます。おそらく蒔いた種のほぼ全てが発芽しました。わさび菜の発芽率はいつも良いですね。

 

2021年8月21日 1回目の間引き(発芽から3日目)

f:id:haruirosoleil:20210822081430j:plainf:id:haruirosoleil:20210822081446j:plain
 双葉が大きくなってきました。どうやら種を蒔いた時に転がってしまったらしく、カップの端の方で発芽してしまった株がいくつかあります。
 それでは株同士が触れ合っていますので、1回目の間引きを行いましょう。

f:id:haruirosoleil:20210822081438j:plain
 位置の悪い株や成長の良くない株をハサミで切り取っていきます。

f:id:haruirosoleil:20210822081454j:plain
 これで間引きの終了です。1カップにつき3株としました。次の間引きは、本葉が大きくなってきた頃に行う予定です。

 

2021年8月28日 2回目の間引き(発芽から10日目)

f:id:haruirosoleil:20210907210927j:plainf:id:haruirosoleil:20210907210929j:plain
 わさび菜特有のギザギザした本葉が大きくなってきました。このままですとカップの中が狭いので、2回目の間引きをします。

f:id:haruirosoleil:20210907210932j:plain
 最も成長の良い株を残しました。あとは成長を待つだけです。

 

2021年9月5日 ハダニが少量発生(発芽から18日目)

f:id:haruirosoleil:20210907210936j:plainf:id:haruirosoleil:20210907210938j:plain
 1週間が経過すると、見違えるような大きさとなりました。本葉の数は5~6枚となっています。

f:id:haruirosoleil:20210907210946j:plain
 被害は多くないですが、一部の葉でハダニが発生しています。様子を見て、もしこれ以上増えるようならば薬を散布しようと思います。

 

2021年9月19日 1回目の収穫(発芽から32日目)

f:id:haruirosoleil:20210920182810j:plainf:id:haruirosoleil:20210920182814j:plain
 前回から2週間が経過しました。もう立派なわさび菜ですね。

f:id:haruirosoleil:20210920182817j:plain
 茎は細すぎず太すぎす、収穫するには良い頃合いです。

f:id:haruirosoleil:20210920182819j:plain
 今困っているのは、ハモグリバエの被害が出ていることです。大々的ではないのですが、あちらこちらに幼虫が食い進んだ跡があります。

f:id:haruirosoleil:20210920182822j:plain
 それでは当初の予定通り、かきとり収穫をしていきます。外側の大きな葉を採っていきましょう。

f:id:haruirosoleil:20210920182824j:plain
 初収穫はこの量です。葉の数は7枚で、ハモグリバエに食べられた部位を取り除いた重さは57gでした。

f:id:haruirosoleil:20210920182827j:plainf:id:haruirosoleil:20210920182829j:plain
 そして今の株の状態が上の写真です。広がっていた葉がなくなったので、起立をしている様に見えます。葉が大きくなったら再び収穫をしていきます。

 

2021年9月26日 2回目の収穫(発芽から39日目)

f:id:haruirosoleil:20210926150928j:plainf:id:haruirosoleil:20210926150930j:plain
 1回目の収穫から7日間で写真のように回復しました。中心部から新しい葉が出てきて、それに伴い外葉が横に広がってきています。

f:id:haruirosoleil:20210926150932j:plain
 アオムシやハモグリバエの被害はありますが、今の時点ならば食べるには問題ないです。それでは2回目の収穫を行いましょう。

f:id:haruirosoleil:20210926150935j:plain
 今回も茎がしっかりと太い葉を採ります。収穫量は6枚で95gでした。以降は成長と収穫を繰り返していきます。

f:id:haruirosoleil:20210926150939j:plain
 これからの季節で一番気になるのはアブラムシです。小松菜などの葉が平面のものは、アブラムシがいても比較的見つけやすいでしょう。しかしわさび菜ではフリルの間に身を隠されると、気付いた時には大量発生後…となりそうです。そこで予防として、殺虫剤である「ベニカベジフルスプレー」を散布しておきます。この薬は持続性があるため、しばらくの間はアブラムシが発生することはないと思います。

 

2021年10月8日 3回目の収穫(発芽から51日目)

f:id:haruirosoleil:20211010204455j:plain
 本日3回目の収穫を行い、102gが採れました。これからも大きくなった葉から順次収穫をしていきます。

 

2021年10月19日 根腐れ発生(発芽から62日目)

f:id:haruirosoleil:20211023194403j:plain
 「近頃、わさび菜が成長していないな…」と感じていました。そして本日、液肥を補充しようと蓋を開けたら、液肥槽から強い腐敗臭がしたのです。この臭いは何度も嗅いでいます。どうやら根腐れが発生してしまったようです。
 根腐れが起きた野菜は水を吸う力がなくなって、徐々に葉が萎れていきます。そのため栽培を止めて撤収することが多いです。しかし今回は根腐れからの復活を試みたいと思います。
 夜だったので写真は撮っていないですが、まずカップの外に出ている腐った根を全て切り落とします。そして液肥を捨て、水道水で液肥槽や蓋を洗浄します。さらにカップの中の培地にも大量の水を通して、腐敗成分を洗い流します。とりあえずは液肥槽に液肥は入れずに、水道水を満たしておきます。この洗浄作業を毎日行って様子を伺います。

 

2021年10月23日 現状維持(発芽から66日目)

f:id:haruirosoleil:20211023194436j:plainf:id:haruirosoleil:20211023194439j:plain
 毎日の洗浄したのが効いたのか、見た目上は元気なわさび菜です。本日から液肥を入れての通常栽培に戻します。

f:id:haruirosoleil:20211023194441j:plain
 腐っていた根は、このように綺麗サッパリなくしました。今のところ、葉が萎れたり枯れたりする症状は出ていません。カップの中にある根は腐らずに生きているのだと思います。

f:id:haruirosoleil:20211023194443j:plain
 新たに行った施策としては、地上に出ている茎の部分をバーミキュライトで埋めました。上手くいけば茎から新しい根が生えてくるはずです。

 

2021年10月30日 回復中&収穫(発芽から73日目)

f:id:haruirosoleil:20211031182158j:plainf:id:haruirosoleil:20211031182201j:plain
 今のところ、順調に回復中です。液肥槽の臭いを嗅いでも、あの独特な腐敗臭はしなくなりました。

f:id:haruirosoleil:20211031182203j:plainf:id:haruirosoleil:20211031182205j:plain
 喜ばしいことに、根の再生が始まりました。先週はほとんど根が出ていませんでしたが、今では盛んに伸びてきています。これならば今後の再成長に期待ができそうです。

f:id:haruirosoleil:20211031182232j:plain
 葉が密になっていたので収穫を行いました。重さは123gと、意外にもたくさんの量が採れました。

f:id:haruirosoleil:20211031182212j:plainf:id:haruirosoleil:20211031182215j:plain
 外葉がなくなったため、中心部の日当たりが良くなりました。また葉の数が減ったことで、株への負担も少なくなるはずです。これからの成長を見守っていきましょう。

 

2021年11月20日 根の回復(発芽から94日目)

f:id:haruirosoleil:20211225212216j:plainf:id:haruirosoleil:20211225212219j:plain
 気温がちょうど良いのか、わさび菜の成長が早いです。体調は完全に戻ったようですね。

f:id:haruirosoleil:20211225212221j:plain
 収穫を繰り返しているので、茎の跡が株元に刻まれています。

f:id:haruirosoleil:20211225212224j:plain
 肝心の根ですが、まるで根腐れがなかったかのような成長を見せています。すごい回復力です。あの時に栽培を終了しなくて良かったです。

f:id:haruirosoleil:20211225212245j:plain
 葉が茂っているので収穫を行いました。今回は141gの収穫です。今のところ、合計500gが採れています。目標は1000g超えです。

f:id:haruirosoleil:20211225212247j:plainf:id:haruirosoleil:20211225212249j:plain
 収穫後の姿を見ても、まだまだ伸び代がありそうです。これからも成長を続けてほしいです。

 

2021年12月19日 横に広がる(発芽から123日目)

f:id:haruirosoleil:20211225211153j:plainf:id:haruirosoleil:20211225211155j:plain
 最近、非常に寒い日が多くなっています。最低気温は0℃近く、最高気温も10℃ほどです。この低温から体を守るためか、背丈が低く変化してきました。横から見ると、ほぼ真横に葉が伸びているのが分かります。

f:id:haruirosoleil:20211225211158j:plain
 また、葉の縁のギザギザが非常に細かくなってきています。成長もかなり遅くなっているので、次の収穫はかなり先となりそうです。

 

収穫記録

9月19日 57g
9月26日 95g
10月8日 102g
10月31日 123g
11月6日 60g
11月20日 141g

12月19日 111g

1月8日 41g
------------------
合計 730g