ヨーグルトポムポムのレシピを紹介。しっとりとした生地と歯ざわりの良いリンゴがとても美味しいです


 ウェブでニュースの記事を流し読みをしていたところ、たまたま美味しそうなお菓子のレシピが流れてきました。その名前は「ヨーグルトポムポム」です。ポムポムとはフランス語で『リンゴ』という意味となります。とても可愛らしい響きのお菓子です。

 材料を確認すると油脂にはバターを使っておらず、その代わりにサラダ油となっていました。昨今、バターが値上がりしていますので、低コストで作れるお菓子は非常に助かります。また他の材料も我が家にあるものでしたので、早速作ってみることにしました。

 オリジナルのレシピでは、リンゴを薄く切ってきれいに並べて焼いています。しかし今回は見た目よりも、作りやすさを重視したアレンジを行いました。焼き上がったヨーグルトポムポムは、しっとりとした生地と歯ざわりの良いリンゴが相まって、とても美味しいです。それではヨーグルトポムポムのレシピの紹介をします。

 

 

 

材料(容量1.1Lの焼き型1個分)
  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 小さじ1(4g)
  • 全卵 2個
  • サラダ油 110g
  • プレーンヨーグルト 200g
  • 皮を剥き3cm角程度に切ったリンゴ 1個分(約200g)
  • グラニュー糖 100g

 

準備
  • 材料は常温にしておく

 

作り方
  1. 全卵・サラダ油・グラニュー糖を混ぜる
  2. プレーンヨーグルトを入れて混ぜる
  3. 薄力粉・ベーキングパウダーを入れて混ぜる
  4. リンゴを入れて混ぜる
  5. 焼き型に生地を入れる
  6. 180℃で焼き色が付くまで焼く(30分程度)
  7. 完成

 

作り方のコツ


 全卵・サラダ油・グラニュー糖をボウルに入れて混ぜます。最初は油と卵が別れていますが、撹拌しているうちに乳化してきます。この際、電動ハンドミキサーを使うと作業がとても楽になります。


 次にプレーンヨーグルトを入れて再び混ぜます。


 この中に薄力粉とベーキングパウダーを入れます。薄力粉は振るう必要はないです。粉を入れたら一旦ゴムベラでかき混ぜた後に、電動ハンドミキサーで混ぜます。最初から電動ハンドミキサーを使うと、粉が舞うことがあるので注意しましょう。


 リンゴは皮を剥いて3cm角に切ります。放置していると茶色に変色しますが、生で食べる訳ではないため私は気にしていません。


 このリンゴを生地に入れ、ゴムベラで軽く混ぜます。


 焼き型には容量1.1Lのものを使います(幅×奥行×深さ:18cm×18cm×4cm)。生地を流し込んだ時にリンゴが偏ってしまったら、位置を上手く調整しましょう。


 そして180度のオーブンで焼き色が付くまで焼きます。参考としまして、我が家のオーブンでは30分で焼き上がりました。


 粗熱が取れたら切り分けます。生地はプリンのような食感であり、リンゴは水分が抜けてシャキッとしています。私は焼き立てが1番美味しいと思いましたが、冷めた方が良いと言う感想もありました。双方を試食して、どちらが好みか確かめるのも楽しいですね。

 このヨーグルトポムポムはリンゴさえあれば手軽に作れ、その割に美味しい出来となります。冬になるとリンゴの旬となりますので、ぜひとも作って頂きたいお菓子です。

 

参考サイト

伝説のデザート「ヨーグルトポムポム」超簡単なのに美味しい「秘密」 レシピ(風間 詩織) | FRaU