春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

「ビーツ(ビート)」を水耕栽培で育てています。真紅の野菜は一体どんな味がするのでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20180908062216j:plain
 以前、ロシア料理のレシピを調べている時に「ビーツ(ビート)」という単語が出てきました。初めて見る単語でしたのでどんな材料なのかを調べると、濃い赤色をした野菜であることが分かりました。姿はカブに似ていますが、ビーツはアカザ科の植物であり、アブラナ科のカブとは全く違うものとのことです。どちらかと言うとホウレンソウと同じグループに入ります。

f:id:haruirosoleil:20180908000656j:plain
 ビーツを使った料理で有名なのは、ウクライナの伝統的な煮込み料理である《ボルシチ》です。写真のようにボルシチの色は赤いのですが、これはビーツから出た色なのです。その他の食べ方としてはサラダやサンドイッチの具、火を通してそのまま食べるなどがあります。味は泥臭かったり、甘かったり、ホクホクしていたりと、料理方法によって大分変わるようです。

 今年の夏、何気なくホームセンターの園芸コーナーに行ってみると、なんとそこにビーツの種が売っていたのです。珍しい割には価格が安かったので、つい買ってしまいました。ビーツは根の直径が5cmくらいになったら収穫時期です。この大きさならば、私の使っている水耕栽培装置でも育てられそうです。育てる前の段階では「甘いジャガイモ」をイメージしているのですが、果たしてどうでしょうか?それでは育てていきましょう。

 

 

ビーツの種

f:id:haruirosoleil:20180908062226j:plain
 今回購入したビートの種は農薬処理がされており、鮮やかな青色となっていました。形はゴツゴツとした不定形で、一見小さな岩のように見えます。品種は「デトロイドダークレッド」と言い、いかにも赤そうな名前です。種を蒔いてから60~80日で収穫できるので、11月の後半には食べられるでしょう。

 

水耕栽培装置&液体肥料

f:id:haruirosoleil:20180429182508j:plain
 水耕栽培装置はこの記事《底面給水式の水耕栽培装置を改良。水面が低下しても液肥が供給されるようにしました》のものを使用しました。液体肥料は微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使います。

 

2018年9月7日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20180908062245j:plain
 種袋の説明によると、ビーツの種は好光性とのことです。そのため種がぎりぎり見えるくらいの深さに蒔きました。約10日で発芽しますので、それまでは部屋の中に置いて様子をみます。

 

2018年9月9日 発根

f:id:haruirosoleil:20180909085310j:plain
 種蒔きをしてから2日後に発根しました。この時点ですでに根が赤いです。どうもビーツの種は2~3個が連結しているようで、写真のように1つの種から複数の根が出ています。もうすぐ葉も出てくると思いますので、このタイミングで部屋の中から屋外(ベランダ)に移動させました。

 

2018年9月10日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20180910205242j:plain
 種を蒔いてから3日で双葉が開きました。今日を発芽0日目としましょう。
 種袋の説明では、発芽まで1週間以上かかると書かれていました。しかし実際にはたった数日で発芽です。もしかしたら気温などの条件が良かったのかもしれませんね。
 出てきた芽を見ると緑色なのは葉の表面だけで、裏面や茎は濃い紅色をしています。この感じでは根も赤くなっている気がします。

 

2018年9月13日 間引き(発芽から3日目)

f:id:haruirosoleil:20180914205132j:plain
 発芽から数日たちました。意外と発芽率が良かったので、全体的にもっさりとしています。

f:id:haruirosoleil:20180914205144j:plain
 種は3~4粒くらいしか蒔いていませんが、このカップではかなりの数の芽が出てきています。このままでは密集しすぎですので、1回目の間引きを敢行します。

f:id:haruirosoleil:20180914205147j:plain
  元気そうな株を選んで、1カップあたり約4株となるように間引きを行いました。間引きの際、そのまま抜くと周りの株も一緒に抜ける場合があるので、私は株元をハサミで切る方法を採用しています。次回の間引きは、本葉が数枚になった頃に行う予定です。

 

2018年9月16日 本葉が出る(発芽から6日目)

f:id:haruirosoleil:20180916201332j:plain
 発芽から約1周間で本葉が出てきました。まだ小さくて形ははっきりとは分かりませんが、ギザギザしていそうな葉です。

f:id:haruirosoleil:20180916201336j:plain
 発芽直後の双葉は裏側も赤かったですが、成長すると普通の緑色になりました。ただ茎はまだ赤いままです。

f:id:haruirosoleil:20180916201338j:plain
 種を浅植えにして発芽させたせいか、うまく根が張れずに傾いてしまっている株があります。そこでバーミキュライトを追加して、真っ直ぐになるように調整をしました。これで上手く育ってくれることでしょう。