春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

「ビーツ(ビート)」を水耕栽培で育てています。真紅の野菜は一体どんな味がするのでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20180908062216j:plain
 以前、ロシア料理のレシピを調べている時に「ビーツ(ビート)」という単語が出てきました。初めて見る単語でしたのでどんな材料なのかを調べると、濃い赤色をした野菜であることが分かりました。姿はカブに似ていますが、ビーツはアカザ科の植物であり、アブラナ科のカブとは全く違うものとのことです。どちらかと言うとホウレンソウと同じグループに入ります。

f:id:haruirosoleil:20180908000656j:plain
 ビーツを使った料理で有名なのは、ウクライナの伝統的な煮込み料理である《ボルシチ》です。写真のようにボルシチの色は赤いのですが、これはビーツから出た色なのです。その他の食べ方としてはサラダやサンドイッチの具、火を通してそのまま食べるなどがあります。味は泥臭かったり、甘かったり、ホクホクしていたりと、料理方法によって大分変わるようです。

 今年の夏、何気なくホームセンターの園芸コーナーに行ってみると、なんとそこにビーツの種が売っていたのです。珍しい割には価格が安かったので、つい買ってしまいました。ビーツは根の直径が5cmくらいになったら収穫時期です。この大きさならば、私の使っている水耕栽培装置でも育てられそうです。育てる前の段階では「甘いジャガイモ」をイメージしているのですが、果たしてどうでしょうか?それでは育てていきましょう。

 

 

ビーツの種

f:id:haruirosoleil:20180908062226j:plain
 今回購入したビートの種は農薬処理がされており、鮮やかな青色となっていました。形はゴツゴツとした不定形で、一見小さな岩のように見えます。品種は「デトロイドダークレッド」と言い、いかにも赤そうな名前です。種を蒔いてから60~80日で収穫できるので、11月の後半には食べられるでしょう。

 

水耕栽培装置&液体肥料

f:id:haruirosoleil:20180429182508j:plain
 水耕栽培装置はこの記事《底面給水式の水耕栽培装置を改良。水面が低下しても液肥が供給されるようにしました》のものを使用しました。液体肥料は微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使います。

 

2018年9月7日 種蒔き

f:id:haruirosoleil:20180908062245j:plain
 種袋の説明によると、ビーツの種は好光性とのことです。そのため種がぎりぎり見えるくらいの深さに蒔きました。約10日で発芽しますので、それまでは部屋の中に置いて様子をみます。

 

2018年9月9日 発根

f:id:haruirosoleil:20180909085310j:plain
 種蒔きをしてから2日後に発根しました。この時点ですでに根が赤いです。どうもビーツの種は2~3個が連結しているようで、写真のように1つの種から複数の根が出ています。もうすぐ葉も出てくると思いますので、このタイミングで部屋の中から屋外(ベランダ)に移動させました。

 

2018年9月10日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20180910205242j:plain
 種を蒔いてから3日で双葉が開きました。今日を発芽0日目としましょう。
 種袋の説明では、発芽まで1週間以上かかると書かれていました。しかし実際にはたった数日で発芽です。もしかしたら気温などの条件が良かったのかもしれませんね。
 出てきた芽を見ると緑色なのは葉の表面だけで、裏面や茎は濃い紅色をしています。この感じでは根も赤くなっている気がします。

 

2018年9月13日 1回目の間引き(発芽から3日目)

f:id:haruirosoleil:20180914205132j:plain
 発芽から数日たちました。意外と発芽率が良かったので、全体的にもっさりとしています。

f:id:haruirosoleil:20180914205144j:plain
 種は3~4粒くらいしか蒔いていませんが、このカップではかなりの数の芽が出てきています。このままでは密集しすぎですので、1回目の間引きを敢行します。

f:id:haruirosoleil:20180914205147j:plain
  元気そうな株を選んで、1カップあたり約4株となるように間引きを行いました。間引きの際、そのまま抜くと周りの株も一緒に抜ける場合があるので、私は株元をハサミで切る方法を採用しています。次回の間引きは、本葉が数枚になった頃に行う予定です。

 

2018年9月16日 本葉が出る(発芽から6日目)

f:id:haruirosoleil:20180916201332j:plain
 発芽から約1周間で本葉が出てきました。まだ小さくて形ははっきりとは分かりませんが、ギザギザしていそうな葉です。

f:id:haruirosoleil:20180916201336j:plain
 発芽直後の双葉は裏側も赤かったですが、成長すると普通の緑色になりました。ただ茎はまだ赤いままです。

f:id:haruirosoleil:20180916201338j:plain
 種を浅植えにして発芽させたせいか、うまく根が張れずに傾いてしまっている株があります。そこでバーミキュライトを追加して、真っ直ぐになるように調整をしました。これで上手く育ってくれることでしょう。

 

2018年9月22日 2回目の間引き(発芽から12日目)

f:id:haruirosoleil:20180922105735j:plain
 ビーツはホウレンソウと同じ仲間なので、何となく葉の形が似ている気がします。そろそろ本葉も大きくなってきたので、このあたりで2回目の間引きを行います。

f:id:haruirosoleil:20180922105739j:plain
 一番大きくなりそうな株を選び、その他のものはハサミを使って根元から切りました。これにて作業は終了です。

f:id:haruirosoleil:20180922105741j:plain
 ビーツの葉を見ると、太い葉脈は赤く、末端になるにしたがって緑色になっていきます。
 ブドウのように赤いのでアントシアニンなのかな?と思い調べてみると、『ベタレイン』と呼ばれる色素であることが分かりました。初めて聞く言葉ですが、何はともあれ鮮やかで丸々と太った姿に育ってほしいものです。

 

2018年9月30日 株元はまだ膨らまず(発芽から20日目)

f:id:haruirosoleil:20180930112841j:plain
 毎日見ているとその成長に気付きませんが、確実に大きくなっています。ビーツは風に弱いのか、割と倒れている姿を見ることが多いです。

f:id:haruirosoleil:20180930112844j:plain
 発芽から20日が経過し、株元が太くなってきました。しかしまだ膨らみはないので、もう少し日数がかかるようです。それにしても茎が真っ赤ですね。

 

2018年10月6日 根元が少し膨らむ(発芽から26日目)

f:id:haruirosoleil:20181006111343j:plainf:id:haruirosoleil:20181006111345j:plain
 今週に入ってからビーツの成長が早くなってきました。葉を触ってみると、意外と肉厚でしっかりとした感じです。

f:id:haruirosoleil:20181006111348j:plain
 先週は特に変化がなかった根元ですが、やっと膨らみ始めてきました。ちょうど双葉が生えている部分が、他のところよりも太くなりつつあります。

f:id:haruirosoleil:20181006111350j:plain
 10月になり、いつの間にか朝晩が涼しくなってきました。この季節は暑くもなく寒くもなく過ごしやすい気候です。もちろん人間だけではなく、虫にとってもそれは同じです。
 ビーツの葉を見ると、ところどころ小さな穴が空いています。先週の時点ではなかったので、誰かに食べられてしまったのでしょう。

f:id:haruirosoleil:20181006111525j:plain
 葉を裏返すと犯人がいました。小さなアオムシです。いつの間にか卵を産み付けられていたようですね。とりあえず4匹を見つけたので、駆除しておきました。ビーツは葉も食べられるので、これ以上穴あきにならないようにしっかりと見回りをしたいと思います。

 

2018年10月14日 アオムシ駆除剤散布(発芽から34日目)

f:id:haruirosoleil:20181014211208j:plain
 今の気温は約20度で、暑いのが苦手なビーツにとって過ごしやすい天気です。先週よりも葉が茂ってきており、意外と面積を取っている状況です。

f:id:haruirosoleil:20181014211211j:plain
 根本の部分は膨らみつつありますが、そのスピードはゆっくりです。株によっては、まだ膨らんでいないものもあります。

f:id:haruirosoleil:20181014211214j:plain
 先週、アオムシに葉を食べられたことを報告しました。しかしビーツの葉はあまり美味しくないのか、写真の様に少しだけかじる程度で大きな被害はありませんでした。おそらくビーツにいたアオムシは、隣で育てているカブの葉に引っ越してしまったのだと思います。

f:id:haruirosoleil:20181014202615j:plain
 アオムシを一通り駆除しましたが、もしかしたら見逃したものもいるかもしれません。そこで「STゼンターリ顆粒水和剤」を1000倍に希釈して散布しておきました。この薬がついた葉をアオムシが食べると、お腹を壊して死んでしまうのです。
 もう少し寒くなればアオムシの被害も収まると思うので、もうしばらく辛抱です。

 

2018年10月21日 食害が止まる(発芽から41日目)

f:id:haruirosoleil:20181021210332j:plain
 ビーツは順調に育っています。遠目から見ると葉の緑と茎の赤が相まって、とても美しく感じますね。

f:id:haruirosoleil:20181021210336j:plain
 先週、アオムシに葉を食べられたので薬を撒きました。そして今週確認してみると…見事に被害が止まりました。新しく出てきた葉は穴もなく、きれいな状態になっています。これほど効くとは思っていなかったので、次に育てる時には早めに撒こうと思います。

f:id:haruirosoleil:20181021210338j:plain
 根本は太くなりつつありますが、やはりその速度は遅いです。収穫まではまだまだ時間がかかりそうです。

 

2018年10月28日 下葉が枯れ出す(発芽から48日目)

f:id:haruirosoleil:20181028204401j:plain
 ビーツが発芽してから約50日がたちました。一番最初に出てきた葉が寿命を迎えているらしく、下の方から枯れ始めています。

f:id:haruirosoleil:20181028204404j:plain
 しかし心配することはありません。株の中心部からは新しい葉が次々に出てきています。新葉を触るとツルツルしていて気持ちが良いです。

f:id:haruirosoleil:20181028204406j:plain
 肝心の根本ですが、やっと膨らんできました。できれば11月中には食べたいと思っているので、もう少しスピードアップしてほしいなと思う今日この頃です。

 

2018年11月10日 ゆっくりと成長中?(発芽から61日目)

f:id:haruirosoleil:20181110184206j:plain
 ビーツの外観は今まで通りで、特に変化は見られません。

f:id:haruirosoleil:20181110184210j:plain
 新しい葉が出てくるのと入れ替わりなのか、古い葉は黄色くしなびてきます。このまま放っておいても枯れるだけなので、見つける度にハサミで切り取っています。

f:id:haruirosoleil:20181110184213j:plain
 実の成長は、実にゆっくりです。ビーツの収穫は種まきから60~80日後とのことです。あと20日間で大きくなるのかだんだん不安になってきていますが、とりあえずこのまま様子を見たいと思います。