春色ソレイユ

水耕栽培や料理、買って良かったものを公開

「チンゲンサイ」を水耕栽培。培地の量で成長に差が出るのか実験です

f:id:haruirosoleil:20181105205423j:plain
 野菜の種まきは春と秋が一番適しています。暑くもなく寒くもない温度ですので、多くの野菜がすくすくと育ってくれます。
 この記事を書いているのは10月の中旬です。秋も後半になると朝晩が肌寒くなり、薄手のコートが必要になってきます。そのため種蒔きの最盛期から少し外れてしまい、種類によっては蒔けないものも出てきます。
 しかしながら、種まきの時期が遅くてもOKな野菜はいくつかあります。葉物野菜が中心になりますが、その中で今回は「チンゲンサイ」を水耕栽培で育ててみます。チンゲンサイは炒めてもお浸しにしても食感が残る、使い勝手の良い美味しい野菜です。
 もちろん普通に育てるだけでは面白くないので、培地の量によって成長に差があるのか実験してみようと思います。私の水耕栽培装置では、培地としてバーミキュライトを使っています。この量を最小限または最大にして育ててみます。
 予想では、培地の量が少ない方が液肥層に根が届くのが早くなるため、大きく育つ気がします。本当にそうなるのか、早速種を蒔いて確かめてみましょう。

 

 

 

 

チンゲンサイの種

f:id:haruirosoleil:20181105205433j:plain
 チンゲンサイの種は直径1mm程度で球形をしています。そのため種袋から数個だけ取り出そうとすると、一気に何十個も出てくることがあるので注意しましょう。

 

水耕栽培装置&液体肥料

f:id:haruirosoleil:20181105205446j:plain
 水耕栽培装置はこの記事《底面給水式の水耕栽培装置を改良。水面が低下しても液肥が供給されるようにしました》のものを使用しました。
 今回は培地の量によって成長に差が出るのか実験するために、バーミキュライトを多く入れたカップと少なく入れたカップを3個ずつ用意しました。日当たり具合をできるだけ均一にするため、交互になるように装置にセットします。
 液体肥料は微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

  

2018年10月21日 種まき

f:id:haruirosoleil:20181105205442j:plain
 1カップにつきひとつまみ分の種を蒔き、薄く覆土をしました。今までの経験から、3日程度で発芽すると思います。

 

2018年10月24日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20181105205521j:plain
 予想通り3日間で発芽しました。本日を「発芽0日目」として、何日後に収穫できるか確かめましょう。

 

2018年10月28日 双葉が大きくなる(発芽から4日目)

f:id:haruirosoleil:20181105205536j:plainf:id:haruirosoleil:20181105205538j:plain
 爪先ほどの大きさだった双葉はかなり大きくなり、もう少しで本葉が出てきそうな雰囲気です。発芽率が良く、密集して育っているため、1回目の間引きを行います。

f:id:haruirosoleil:20181105205637j:plain
 指でつまんで引っこ抜くと、他の株まで抜けてしまう可能性があります。そこでハサミを使い根本を切って間引きをしました。
 今回の間引きでは成長の遅いものや葉の欠けがあるものを取り除き、元気な3株を残しました。

f:id:haruirosoleil:20181105205635j:plain
 ちなみに培地が少ないカップは株までの距離が遠く、根本を切る作業がやりにくかったです。

 

2018年11月2日 1回目の間引き(発芽から9日目)

f:id:haruirosoleil:20181105205649j:plainf:id:haruirosoleil:20181105205652j:plain
 前回から1週間がたち、双葉の間から本葉が出てきました。株同士の葉が触れ合う程度まで育ってきたので、2回目の間引きを行います。今回は最も成長の良い株を残して、全てを間引きます。

f:id:haruirosoleil:20181108050148j:plain
 方法は前と同じくハサミを使って行いました。1カップにつき1株となったので、栄養を十分に取れるようになったはずです。これからの成長に期待ですね。

 

2018年11月10日 チンゲンサイらしくなる(発芽から17日目)

f:id:haruirosoleil:20181110205859j:plain
 今週は暖かい日が多かったので、一気に大きくなった気がします。小さいながらも葉はチンゲンサイらしいものとなってきてきました。

f:id:haruirosoleil:20181110205902j:plain
 株元の膨らみはまだ見られないです。しかし成長が早いので、きっと来週あたりには今とは違った姿になっていることでしょう。今から楽しみです。

 

2018年11月18日 根本が太い(発芽から25日目)

f:id:haruirosoleil:20181120205638j:plainf:id:haruirosoleil:20181120205640j:plain
 ここ最近朝がとても寒く、コートが必要なくらいとなっています。しかしこの気温のおかげで害虫が出ることもなく、きれいな葉を保っています。培地の量で育ち方が違うのではないか?と思いましたが、現時点では特に差はありません。

f:id:haruirosoleil:20181120205649j:plain
 チンゲンサイの特徴である根本の膨らみが、だんだんと見られるようになってきています。この時点で食べられそうな感じもしますが、もう少し大きくなるまで待ちましょう。

f:id:haruirosoleil:20181120205656j:plain
 現在6株を育てていますが、その中の1つが変になっています。新しく葉が出てくるはずの成長点が、何故かなくなってしまったのです。このままでは大きくならないような気がしますが、果たしてどうなってしまうのでしょうか…