余った生クリームを使って「パンナコッタ」作りに挑戦。溶かし固めるだけの簡単お菓子です

f:id:haruirosoleil:20190817090107j:plain
 私がお菓子を作る時には、できるだけ材料を使い切れるようなレシピを探しています。例えばクリームチーズ60gを使うお菓子を考えてみましょう。多くの場合クリームチーズは1箱200gで売っていますので、残った140gのクリームチーズをどう使えば良いのか悩んでしまいます。悩んだ結果、忘れて傷んでしまうこともしばしばです。

 同じ様に生クリームも余ることが多い材料です。先日作ったバターチキンカレーには生クリーム100gを使いました。残りの100gをどう使おうかと考えたところ、『パンナコッタ』にすることを思いつきました。

 今回の記事では余った生クリームと家にある材料を使って、できるだけ簡単にパンナコッタを作りたいと思います。 

 

 

 

材料 
  • 生クリーム 100g
  • 牛乳 250g
  • グラニュー糖 35g
  • ゼラチン 5g
  • 水 25g
  • バニラエッセンス 3滴

 

準備
  • 水にゼラチンを入れて、湯煎で溶かす

 

作り方
  1.  生クリーム、牛乳、グラニュー糖、バニラエッセンスを混ぜる
  2. 湯煎で40℃くらいまで温める
  3. 溶かしたゼラチンを混ぜる
  4. 容器に入れる
  5. 一晩冷蔵庫で冷やす
  6. 完成

 

実際の作業とコツ

f:id:haruirosoleil:20190817090117j:plain
 今回使う生クリームは、バターチキンカレーを作る時に使用したものです。約100gが残っている状態です。

f:id:haruirosoleil:20190817090102j:plain
 この生クリームと牛乳、グラニュー糖などを混ぜて、湯煎で40℃くらいに温めます。冷たいままですとグラニュー糖が溶けにくいですし、またゼラチンを入れた時にダマができてしまうからです。
 使う生クリームの量は適当で大丈夫です。牛乳と混ぜた時に350gとなっていればよいでしょう。

f:id:haruirosoleil:20190817090104j:plain
 ゼラチンは水と混ぜ、65℃になるまで湯煎にかけて溶かします。私はデジタル温度計をかき混ぜ棒代わりにして溶かしています。

f:id:haruirosoleil:20190817090056j:plain
 ちなみにおすすめのゼラチンは『クックゼラチン』です(Amazon商品リンク:森永製菓 クックゼラチン 13袋入り (5g×13P)×4箱)。安いゼラチンは水と混ぜた時に溶け残りができてしまいますが、この商品は均一にすぐに溶けてくれるので作業がスムーズに進みます。

f:id:haruirosoleil:20190817090107j:plain
 生クリーム牛乳と溶かしたゼラチンを混ぜて、容器に分けて固めれば完成です。数時間では固まらないので、冷蔵庫に一晩置くとよいでしょう。

 味はコクのある牛乳プリンといった感じです。人によっては少し甘いかもしれませんので、その際には入れるグラニュー糖の量を調整して下さい。

 今回余った生クリームで、簡単にできるパンナコッタを作りました。特に難しい工程はないので、ちゃちゃっと作れるお菓子です。生クリームが余ってしまったら作ってみてはいかがでしょうか?
 


タニタ 温度計 料理 グリーン TT-533 GR スティック温度計
《楽天市場での検索結果はこちら

ゼラチンを溶かす時はにはデジタル温度計を使っています。アルコール温度計と違って先端が金属でできているので、割れる心配をせずにかき混ぜることができます。お菓子を作っていると、意外と出番が多い道具です。

 


iwaki スイーツカップ (ゼリー) 160ml 「6個セット」 KBT942
《楽天市場での検索結果はこちら

容器にはガラス製のカップを使いました。1回に食べる量はこのカップに入れる分でちょうど良いです。実際にこの商品を使っていますが、ゼリーの他にプリンを作ったり、少量のお菓子の材料を入れるのに重宝しています。