芽が出たニンニクを春に植え付けて育てます。収穫できる大きさに成長するでしょうか?

f:id:haruirosoleil:20200223144838j:plain
 一昨年の秋~昨年の春にかけて、プランターでニンニクを育てました(参考記事:ニンニクを半水耕栽培で育ててみます。土耕栽培よりも大きいものを収穫したいです)。収穫したニンニクは車庫の梁に吊るして保存し、料理の香り付けなどに使っていました。しかし我が家ではニンニクを使う料理があまり出てきません。そのため小さいサイズは使われずに、9ヶ月ほど吊るしっぱなしとなっていました。

 時はたち本日。餃子を作ろうと思いニンニクを取りに行ったところ、緑色の芽が出てしまっていたのです。ニンニクは夏や冬のような気候が厳しい時には休眠していて、春や秋になると活動を再開します。最近は暖かい日が続いたので、冬の眠りから覚めて成長を始めたのでしょう。もちろん芽が出た状態でも使うことはできますが、餃子に入れるには多すぎる量です。かと言って捨てるにももったいないです。そこで思いついたのが「庭に植えて育てる」です。

 本来ニンニクは秋に植え付けて、翌年の梅雨前の収穫となります。それを今(春)から育てるとどうなるのでしょうか?収穫が梅雨明けにずれるのか、はたまた球根が大きくならないのか…興味は尽きません。ただ今回使う鱗片は小さなものが多いので、もし上手く収穫できたとしても小型のニンニクとなるでしょう。それでは芽が出てしまったニンニクを庭に植えていきます。 

 

 

 

 

芽が出たニンニク 

f:id:haruirosoleil:20200223144838j:plain
 これが芽が出たニンニクの一部です。多くの鱗片が発芽しており、長いものでは4cmくらいにまで成長しています。1個くらいだったら食べ切れるのですが、この量では無理そうです。今回はこれを種球として今から育ててみます。

 

2020年2月23日 植え付け(植え付けから0日目)

f:id:haruirosoleil:20200223144841j:plain
 ひと塊のままでは扱いにくいので、鱗片をバラバラにしました。こうしてみると結構な数がありますね。

f:id:haruirosoleil:20200223144845j:plain
 庭の隅にはたまたま50cm四方のスペースが空いていたので、ここに植え付けます。

f:id:haruirosoleil:20200223144853j:plain
 全ての鱗片がこの面積に入るような間隔で置いていきます。

f:id:haruirosoleil:20200223145136j:plain
 あとは芽が少し出るように土を掛けて、ジョウロで散水をしました。どう育つのか予想ができませんが、まずは根付くのを待ちます。

 

2020年3月7日 葉が地上に出る(植え付けから13日目)

f:id:haruirosoleil:20200307191744j:plain
 植え付けから1週間後の時点では「ちょっと葉の頭が出てるかな?」くらいだったのが、2週間目になると一気に伸びてきました。ほぼ全てのニンニクが発芽したように感じます。
 天気予報によるとこれから暖かくなるらしいので、どのくらいまで成長するのか楽しみです。

 

2020年3月15日 4枚目の葉(植え付けから21日目)

f:id:haruirosoleil:20200315183042j:plain
 春植えのニンニクは順調に成長中です。

f:id:haruirosoleil:20200315183046j:plain
 今は4枚目の葉が出てきている途中です。実はこの区画の隣には、昨年の秋から育てているニンニクがいます。まだまだその大きさには届きませんね。来週は最高気温が20℃になる日が多いので、一気に成長するかもしれません。

 

2020年3月28日 順調に成長中(植え付けから34日目)

f:id:haruirosoleil:20200328200215j:plain
 2週間前と比べると、大きさが倍になりました。

f:id:haruirosoleil:20200328200224j:plain
 葉の幅は太めのニラほどです。

f:id:haruirosoleil:20200328200226j:plain
 また株元は鉛筆くらいの太さとなっています。
 ニンニクの収穫時期は5月下旬~6月上旬です。あと2ヶ月ほどしかないですが、この成長ペースで間に合うでしょうか?