個性的な野菜「コールラビ」の水耕栽培に挑戦。どんな味なのかワクワクしながら育てています

f:id:haruirosoleil:20200315182323j:plain
 「コールラビ」と呼ばれる野菜をご存知でしょうか?私は昨年の暮れに初めて知りました。この野菜は病気になったカブっぽい雰囲気をしており、一度見たら忘れられないくらい変な形をしています。調べるとキャベツやブロッコリー、ケールと同じ仲間で、奇形などではなく『茎』が太くなるように改良された品種です。

 私が行っている水耕栽培では、野菜をプラスチック製カップの中で育てます。そのため、このカップよりも太くなる野菜は育てるのが難しいです。コールラビも茎が太くなる野菜ですが、直径5cmくらいの比較的小さい時に収穫するそうです。この大きさならば私の栽培装置でも十分に栽培できるでしょう。

 そしてやってきた2020年の春。コールラビの栽培シーズンです。ホームセンターで種を見つけ、手に取ろうとした瞬間固まりました。なんと1袋450円もするではありませんか!種が100個くらい入っていることを考えても、かなり高価な部類です。買うかどうか10分ほど悩み、清水寺の舞台から飛び降りる…ほどではないですが、それに近い気持ちでレジに持っていきました。

  今回の記事では、栽培歴の中で一番高価な種であろうコールラビの水耕栽培にチャレンジします。近くのスーパーでは見たこともないし、ましてや食べたこともない野菜です。果たしてどんな味・食感なのか非常に楽しみです。それでは栽培装置を準備して、種を蒔きましょう。 

 

 

 

 

コールラビの種

f:id:haruirosoleil:20200315173531j:plain
 種は直径2mmの球形をしています。コールラビはアブラナ科なので、種の見た目はカブやキャベツと全く同じです。種袋には『セーヌ』という言葉が書いてありますので、もしかしたらこれが品種名なのかもしれません。

 

水耕栽培装置

f:id:haruirosoleil:20200320210122j:plain
 栽培装置はこの記事《底面給水式の水耕栽培装置を改良。水面が低下しても液肥が供給されるようにしました》を参考にして組み立てました。また装置には曲げたステンレス製の針金を、✕字となるように取り付けています。これは防虫ネットを掛けるための支柱となります。
 

液体肥料

f:id:haruirosoleil:20190316165941j:plain
 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

 

2020年3月15日 種蒔き 

f:id:haruirosoleil:20200315182528j:plain
 種を1カップあたり5~6個置き、数mmの覆土を行いました。

f:id:haruirosoleil:20200315182539j:plain
 コールラビの発芽適温は20~25℃になります。今の時期、昼はその温度近くまで上がりますが、夜は10℃を下回るほど寒いです。そこで夜間は室内に取り込んで、発芽適温から外れ過ぎないないように努めます。

 

2020年3月18日 発根

 f:id:haruirosoleil:20200320124418j:plain
 気温が少し低かったですが、何とか発根してくれました。種の皮が破けてクレーム色の双葉が見えてきています。

 

2020年3月20日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20200320182129j:plain
 無事に発芽しましたので、本日を「発芽0日目」として記録をしていきます。
 こちらのカップは一番早く双葉が開いたものです。葉が緑色なのが分かるかと思います。

f:id:haruirosoleil:20200320124505j:plain
 一方でこちらは発芽して間もないカップです。葉の緑色は薄く、全体的に紫色をしています。これから日光が当たるに従って緑色となるでしょう。もしかしたらコールラビは紫がベースカラーで、そこに葉緑素が増えた結果、緑色に見えるのかもしれませんね。

f:id:haruirosoleil:20200315202552j:plain
出典:wikipedia

 実はここで非常に困ったことが判明しました。コールラビを収穫する時のサイズに誤りがあったのです。
 事前に調べた情報では『茎の直径が5cmほどになったら収穫』なっていました。しかし改めて種袋の育て方を読むと、品種の違いなのか『7~10cmで収穫』と書いてあったのです。使っているプラカップの口径は6.5cmなので、この大きさだと確実に破壊されてしまうでしょう。
 念の為、畑で育っているコールラビの写真を検索して見てみました。そこで分かったのは、茎の肥大化は地面スレスレではなく、ある程度上の部分で起きるようなのです。もしかしたらプラカップの上で大きくなる可能性もありますので、とりあえずはこのまま育ててみようと思います。

 

2020年3月22日 1回目の間引き(発芽から2日目)

f:id:haruirosoleil:20200322103823j:plain
 発芽から2日が経過し、双葉が完全に開きました。発芽率は8~9割と良好です。このタイミングで最初の間引きを行います。

f:id:haruirosoleil:20200322103826j:plain
 発芽に失敗しているものや、他よりも成長が遅い株を選んで切り取っていきます。

f:id:haruirosoleil:20200322103830j:plain
 1カップあたり3株を残して間引きの完了です。これからどのような本葉が出てくるのか楽しみですね。

 

2020年3月28日 双葉の成長(発芽から8日目)

f:id:haruirosoleil:20200328201325j:plain
 かなり双葉が大きくなりました。十分な太陽光を浴びたせいか、株の色が紫っぽい緑→完全な緑に変化しています。

f:id:haruirosoleil:20200328201328j:plain
 葉の裏面に名残りの色がありますが、これも時間がたつと消えると思います。またよく見ると、双葉の間からは本葉が出てきていますね。来週には2回目の間引きができるでしょう。
 


グリーンフィールド 野菜有機種子 コールラビ <ノリコ/薄緑> [小袋] A031
《Amazonでの検索結果はこちら
《楽天市場での検索結果はこちら