サラダホウレンソウの再生栽培に挑戦します。株元を長めに切って栽培装置に植付けましょう

f:id:haruirosoleil:20210123201858j:plain
 野菜は種や苗から育てるのが一般的ですが、実は調理後の端材を使ってもできるのです。この方法は「再生栽培」と呼ばれており、根が付いたまま売られているミツバやクレソンはもちろん、一見根がなさそうな水菜やチンゲンサイも栽培が可能です。

 先日、仕事から帰宅すると、キッチンに「サラダホウレンソウ」が置かれていました。このホウレンソウは通常の品種よりもアクが少なく、名前の通り生食ができるホウレンソウです。ふとパッケージの底を見たところ、珍しく根が付いているのに気が付きました。茎を長めに切って植えれば、もしかしたら再生栽培ができるかもしれません。

 そこで大きな葉はサラダとして食べて、その残りを水耕栽培装置に植付けることにしました。今までに数回、ホウレンソウを種から育てましたが、どれもイマイチの結果でした。今回は上手く育つことを願いながら、栽培を始めましょう。

 

 

 

 

再生するホウレンソウ

f:id:haruirosoleil:20210123201844j:plain
 こちらが今回使うサラダホウレンソウです高さは30cmほどもあり、意外と大きいです。食べるところは食べ、株元を回収します。

f:id:haruirosoleil:20210123201847j:plain
 こちらが切り落とした株元となります。葉が付くように、少し長めに切りました。

f:id:haruirosoleil:20210123201849j:plain
 根を見ると、米粒サイズの灰色っぽい塊がたくさん付着しています。パッケージの裏面を読むと、「当社のホウレンソウはロックウールを使用して育てています」と書いてあったので、この粒はロックウールなのかもしれません。

f:id:haruirosoleil:20210123201852j:plain
 本日は植付け作業ができませんので、水を張った容器に入れて週末になるのを待ちます。

 

2021年1月23日 植付け(植付けから0日目)

f:id:haruirosoleil:20210123201854j:plain
 週末になりました。心なしか少し大きくなった気がします。それでは栽培装置に植付けましょう。

f:id:haruirosoleil:20210123201425j:plain
 栽培装置はこの記事《「黒色ビニール袋」を使って遮光仕様の水耕栽培装置を作製。液温上昇と藻の増殖を防ぎます 》を参考にして組み立てました。 液体肥料には、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍に希釈したものを使用します。

f:id:haruirosoleil:20210123201858j:plainf:id:haruirosoleil:20210123201902j:plain
 ホウレンソウの株元をプラカップの中央に置き、培地であるバーミキュライトを周りから入れれば植付けの完了です。特に難しいこともなく、数分で作業が終わりました。

f:id:haruirosoleil:20210123201903j:plain
 装置の環境に慣らすために、これからの1週間は明るい窓辺で養生をします。上手く根付いてくれると嬉しいのですが、どうなるでしょうか?

 

2021年1月30日 屋外に出す(植付けから7日目)

f:id:haruirosoleil:20210131211753j:plain
 植付けから1週間が経過したので、本日から屋外で育てます。ホウレンソウに変化はなく、根も伸びている気配はありません。もう少し様子を見ましょう。

 

2021年2月7日 根を確認(植付けから15日目)

f:id:haruirosoleil:20210207165810j:plainf:id:haruirosoleil:20210207165935j:plain
 地上部には大きな変化はありません。

f:id:haruirosoleil:20210207164648j:plain
 しかしプラカップの側面には、新しく伸びた白い根が見えています。来週にはお茶パックを突き抜けて、液肥槽に達しそうです。